<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 失われた20年を経て日米の仕事観も大逆転 | main | 自民総裁が素人に一喝され。やはり負の遺産大 >>

7年ぶりの地球帰還「はやぶさ」に熱い視線

 50億キロの長い旅の苦難を乗り越えて、小惑星探査機「はやぶさ」が今夜遅く地球に帰ってきます。再突入で本体は燃え尽きるのですが、小惑星で採取したはずの試料カプセルはオーストラリアの砂漠に投下します。自前のエンジンを動かして惑星間を航行し、地球からの遠隔操作もままならない場所で採取作業をこなして帰ってくる点だけでも世界初の快挙です。相次いだトラブルにあの手この手を工夫して対処した宇宙航空研究開発機構(JAXA)技術陣も凄いと思いますが、それに奇跡的に応え続けた「はやぶさ」のストーリーは既に伝説化しつつあります。

 「はやぶさ帰還ブログon Twitter」は約4万人がフォローする状態で再投入を待ちます。午後12時45分からは《「はやぶさ」帰還日のイベント情報》にあるようにライブ中継などが準備されています。「はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン」公式サイトのほかに、読み物として《祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説【その1】》などもあります。

 【追補】「松浦晋也のL/D」が2カ月ぶり更新でした。オーストラリアで現地取材中だそうです。「オカエリナサイ――南オーストラリア・ク−バーペディにて」。「はやぶさは世界初の壮挙を成し遂げつつある。それは終わりではなく始まりだ。より深く太陽系を理解するためにより様々な場所へ、より遠くへ」「後継機『はやぶさ2 』は、開発が開始できるかぎりぎりのところにある。当初2010年を予定していた打ち上げは、奇妙なことに引き延ばされるだけ引き延ばされ、現状では2014年である」

 【大気圏再突入する「はやぶさ」=午後11時ごろ和歌山大チームの中継から】
 解説を聞いていると画面下中央をよぎる光は試料カプセルのよう。  

 ※録画はこちらに(6/13)
 ※NASAの撮影動画から見てやはり本体の燃焼のようです。(6/14)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
フリ〜ダ〜ムv( ̄∇ ̄)v
梅雨入り宣言早々に晴れてますがwww気象庁は相変わらずですな。まぁ今夜からまた雨らしいけど。どもQ太郎です!いやぁ勝ちましたな、ニッポン!10 - 0で負けると踏んでいただけに驚きです。アッハッハそんなW杯に相応しいフリーダムな画像を発見!画像が小さいですが
  • 奥さんGOGO!!のブログ
  • 2010/06/15 11:41 AM
  •