<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 混沌の現状と将来像を占う中国異聞3件 | main | 中国異聞補遺:5〜10年で高度成長の頭打ち? >>

日経電子版の客寄せ特ダネ、いただけない素人騙し

 国内の有力紙として本格的な電子版を23日スタートさせた日経新聞さん、朝刊トップの”特ダネ”「ゲイツ氏、東芝と次世代原発 私財数千億円投入も」を電子版に誘導する客寄せに使ったのは感心しませんでした。「ゲイツ、原発挑戦の真相」へと読み進ませて、原子力分野の素人さんには大変な原発が出来ると大いなる幻想を持たせたと思います。しかし、これが簡単に出来るくらいなら核融合実用化の大きな障害がひとつ取り除けるのだと申し上げたら、いかに困難な話なのか理解していただけるでしょう。

 いつもはもう少し醒めている「木走日記」あたりが「ビルゲイツを有料電子版販促に使う日経の姑息」と題名では皮肉りながら、「『核燃料を交換せずに最長100年間の連続運転を実現』とはすごい技術です、これが実現できれば新興国などこれから原発需要が見込まれる中でゲイツ氏の新たなビジネスチャレンジが世界規模で展開されるかも知れませんね。すばらしい」「お陰で不肖・木走も電子版購読者登録(最初の一ヶ月は無料ですが)してしまいました」と釣られてしまっているのが可笑しくて、笑いました。

 協力を求められた東芝の「小型高速炉(4S)」はナトリウム冷却高速炉ながら、出力1万キロワット級とコンパクトさが売り物です。小さいが故に中性子の発生も少なくて、核燃料体交換無しに30年運転をうたいます。ところが、今回取り上げられた米テラパワー社の「TWR」は10万〜100万キロワット級といいます。これで100年間連続運転すると原子炉は膨大な中性子線を浴びます。

 TWRと非常に似た発想の炉を国内で関本博・東工大教授が研究されていて「CANDLE」と名付けています。その「革新的原子炉CANDLEの研究」はウランを「いっきに40%燃焼した場合、一般に使用されている材料では持たない。材料を変更し、温度を下げることによりこの燃焼度を達成することも可能であるが、温度を下げることは原子炉の性能を落とすことに繋がることから、ここでは、被覆材への高速中性子の照射量が限界になる前に被覆材を交換する方法を採用する。この作業は高い放射線レベルで行なうことになる」と記述しています。炉の材料がもたないから途中で交換する訳です。

 言われるように100年間も連続運転して中性子線に耐える材料は、核融合炉開発で求められているものに近いのです。そうそう出来ると楽観的には考えられていませんし、もし耐えたとしても高度に放射化して非常に厄介な存在に化します。これくらいは少し原子力を取材していれば見えてきます。素人を騙すような「客寄せ」は、国内新聞メディアの将来にかかわる電子版スタートにふさわしくなかったと考えます。


コメント
極めてご無沙汰しております。
(もう忘れられているかもしれませんが)

仕事柄、日経は購読していますが、本日のトップ記事には驚きましたが、その後、東芝の株価をチェックしましたが、あまり、変化無く。

木走日記様の記事を見て、何となく納得しました。原発の件は、門外漢ですが、日経新聞の現在の苦悩は、何となく原発の問題点以上のモノがあるようですね。
問題の性質上、内容が高度に専門的であるため、容易にコメントすることができません。しかし、団藤さんの記事を読むかぎりでは、日本経済新聞のやり方はあまり感心しないものですね。原子力という高度に専門的な分野ならば、少々の誇張は問題にもならないだろうとでも考えたのでしょうか?
「言われるように100年間も連続運転して中性子線に耐える材料は、核融合炉開発で求められているものに近いのです。」
「これくらいは少し原子力を取材していれば見えてきます。」

とありますが、これで原子力を分かったとお考えであれば、残念としか言いようがありません。
 最低限、燃料被覆管の問題と原子炉材料の問題が常にイコールであるのか。何故東芝との提携話なのか、東芝の4Sなどと比較してどうなのか、よく調べてみることをお勧めします。

 少なくとも上記のご指摘は、失当以外の何物でもなく、正しい指摘を探す方が難しい、と愚考します。
  • 担当
  • 2010/03/25 12:22 AM
  •  
馬鹿のJFSの所で晒されて、馬鹿にされてたので来ました。馬鹿に馬鹿にされるなんて、可哀想…
>ゆうた

一体「何が馬鹿なのか」を具体的に説明できていない時点で君は問題外だな。

■団藤保晴氏 「日経電子版の客寄せ特ダネ、いただけない素人騙し」の言説を検証する
http://obiekt.seesaa.net/article/144665337.html

内容に言及して見せたまえ。
開発者が「材料が持たないから交換する」と書いているのを、いや「材料を使い回す」と言い張る方がわかりにくいと思うよ
言い忘れ。馬鹿なJSF
「材料が持たない(持たなくなるまで使った)から交換する」のは当然で「材料(が持つ間はそれ)を使い回す」って言ってるだけなのではないですか?

JSF氏や引用元の原子力技術者「へぼ担当」氏が指摘しているのは、どの「材料」について語っているのか明言しなかったり、新技術への十分な理解が無いまま記事を書く事は、技術や真実を理解するのに害しかないのでやめてください、ということだと思います。

この記事のほうがよっぽど素人騙しに読めますね。
「ゆうた」
「ゆうたさんではないけど」

素人が一面だけを捉えて反論するのは傍から見てどう見えるのか理解してから書いたほうがよいと思うな。

団藤さんの理解しているレベルと、本職のへぼ担当さんではそもそもの理解のバックグラウンドが天と地ほど違うのです。団藤さんは結局一般向け情報の聞きかじりで記事を書いているに過ぎない。

  • れいん
  • 2010/03/27 11:56 AM
  •  
 ところで団藤氏はこれだけのコメントが付いている状態でも、何のフォローもしないつもりなのでしょうか。
 批判を受けたからと言って、ML配信の過去記事のリストから削除するだけで、それ以上の言及はないと言うのでしたら、それはそれで一つの考え方です。
 しかし、最低限今後に活かす考え方が明示的に示されていなければ、コメントを寄せる方々への軽視以外の何物でもありません。
 そして、団藤氏が日頃執筆している記事も同様に作られているのではないか、との疑念を呼ぶばかりであり、せっかくの本blogの存在意義もなくなるのではないでしょうか。
 是非ご意見をお伺いしたいところです。
  • 担当
  • 2010/05/16 8:00 AM
  •  
 また、本記事に対してトップからのリンクが意図的に(?)張られていないなど、団藤氏の本blogに対する運営方針には大いに疑問があります。
 出来れば本記事はなかったことにしたい、と言う意図があるのであれば、訂正なり考え方を示すべきで、こっそり存在を隠蔽するやり方は、旧動燃が指摘され、団藤氏自らも弾劾した隠蔽体質そのものでしょう。
 このように問題の多い対応を行っていることについて、団藤氏自らの見解を是非お聞きしたいところです。
  • 担当
  • 2010/05/16 4:31 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
NaviCreator.com 設置サイトランキング
このサイトに投稿登録すればサイトのアクセスアップは間違いなし!でも、意外と知らない人も多い。SEO対策にもってこいのサイトでもあります。
  • 無料アクセスアップNaviCreator.com
  • 2010/04/07 9:47 PM
  •  
団藤保晴氏の相変わらず酷い論説について(2題)
団藤保晴氏の相変わらず酷い論説について
  • 担当出張所
  • 2010/05/16 5:27 PM
  •