<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< トヨタにあった安全技術思想の独善に驚く | main | 若年ホームレス急増:単身者向け政策転換を >>

マスメディアによる「私刑」の様相すら

 民主党の小沢幹事長をめぐる政治資金疑惑は小沢氏本人には嫌疑不十分による不起訴、秘書3人は政治資金規正法違反(虚偽記載)での起訴で決着しました。検察側が想定していた裏献金のような「実質犯罪」は摘発できず、虚偽記載も「億円単位の巨額だから悪質」との但し書き付き形式犯です。ところが、検察の尻馬に乗って突っ走っていたマスメディアは、振り上げた拳の下ろし方が分からなくなっています。刑事罰に問えなくとも「政治責任がある」と論じていて、「私刑」の様相すら呈し始めています。朝日新聞と読売新聞の世論調査で、鳩山内閣の支持率が下がって初めて不支持が上回る結果になりました。

 ジャーナリズムの仕事には見えていないことを明かす重要な要素があります。しかし、その結果が刑事事件に発展するのか、国会などの場で論戦の対象になるのか、そこまで仕切る必要もなければ権限もありません。東京地検特捜部が処分決定にあたって行った異例の記者会見について、メディアは「はぐらかすばかり」と斜に構えた伝え方をしました。しかし、記者会見を敢えてした特捜部に対して文句を付けるのなら、疑惑報道と称して自社で取材した疑惑ネタを検察からリークされたがごとく流したメディアも説明責任を果たす記者会見をするべきなのです。もちろんそんなことは出来ません。だからこそ、公的な捜査に区切りがついた今、追及が仕事である野党に任せて、メディアは距離を置くべきです。国会で論議すべき中心項目は危機的な経済運営や医療・年金制度、農業と貿易などで盛りだくさんです。

 秘書3人の逮捕、起訴は重大だと野党は主張していますが、政治資金の記載漏れや間違いが無い政治家を捜す方が難しいと言われるのが現状です。この程度の案件で現職の国会議員まで逮捕できるようになり、議員辞職が要求されるようになると、メディアの役目は検察の横暴をチェックすることでなければならないと思います。「摘発基準を下げた検察に追従はメディアの自殺行為」で危惧していたことが現実になりそうな予感がします。


コメント
こんにちは。BLOGOSから来ました。Blog vs. Media 時評さん(すみませんお名前が見つからなかったので)に文句を言っても仕方がないのですが…

政治資金の記載漏れや間違いが無い政治家を捜す方が難しいと言われるのが現状です。

は気になる表現でした。別にどこかよその国が押し付けていった法律ではないわけで、システムに不備があるか、ITシステムを使いこなせていないか、心根に問題がある(キレイゴトではすまないと思っているのかもしれませんね)というように具体的に対処可能なことですよね。

論旨に従うと、こうしたことを放置しておくと「悪の検察当局」や「心根の悪いマスコミ」につけ込まれるということになります。また、自分の事務所の経費すらまともに管理できない人がどうして官僚を使いこなせるだろうか(いやできない)的なギモンも湧きます。

ジャーナリズムの人たちも「どうして政治家は自分たちで作った法律に則って適切に経費処理ができないのか」を研究するべきなんじゃないでしょうかね。
そもそもこの件については、「虚偽記載が本当にあったのかどうか」すら怪しい状態です。
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/440.html
こちらをご参照ください。
  • DM
  • 2010/02/08 10:08 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
小沢氏不起訴で決着
小沢氏秘書と石川議員逮捕のときに、それが国会開会直前だったので、どうもこのへんで幕が引かれるのではないか、という予感があった。 小沢氏へは2回の聴取が行われたが、不自然ではあるものの、決定的な証拠がなく、起訴を断念したということであろう。 この間、
  • 虎哲徒然日記
  • 2010/02/09 8:02 PM
  •