<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 新聞有料電子版、日経とデイスポの落差鮮烈 | main | デジタル放送録画規制は最悪、呪縛脱し思う >>

アップルのタブレットPC、やはりエポックメーキング

 年明けからいよいよ出ると騒がれたアップルのタブレット型PC「iPad」が発表されました。やはりエポックメーキングな製品と思われます。今日のところは実物に触れるわけにも、知りたい詳細な動作・仕様が手に入るわけでもないので、ウェブから手に入る製品情報、動画などを集めて見ましょう。本家アップルの紹介ビデオは是非とも見たいところですし、米国の発表会で触っているビデオもなかなか興味深いと思います。

 INTERNET Watchの《Appleがタブレット型端末「iPad」発表、電子書籍市場にも参入 》が基本情報としてはよいでしょう。「9.7インチLEDバックライト付きIPS液晶を使用。解像度は1024×768ドットで、iPhoneに似たマルチタッチディスプレイを採用している。本体サイズは242.8×189.7×13.4mm(高さ×幅×厚さ)、重量はWi-Fiモデルが680グラム」で最安モデルが499ドルという安さがショックでした。言われていたのと比べ半分です。流行のネットブック・パソコンの多くはこれより高いので、市場から追い出されかねないと思います。

 ご本家サイト「iPad」にある「Watch the video」は見るべきです。しかし、混み合っているので時間が掛かるかも知れません。GIGAZINEが《脅威の薄さと低価格、アップル社の新タブレットPC「iPad」の高解像度写真と仕様のまとめ》で手際よく仕様をまとめてくれています。iPhoneのように下部のドック接続でパソコンとつないだり、音声信号を取り出したり、外付けキーボードと結べます。

 気になるのは日本語の扱いです。「日本語入力してみました Japanese input #iPad」で早くも日本語入力の様子が撮されていました。

 《Apple iPad速攻ハンズオン! 超サクサクで日本語もOK(動画・写真ギャラリー)》(GIZMODO Japan)に、電子書籍端末Kindleとの比較写真や、発表会で実物に触っているビデオがあります。タッチパネルだけで軽く動く感じが分かります。マウスやキーボードの操作無しに、これだけ自由にパソコンが扱えるのなら、いわゆるデジタルデバイド層にも使える可能性を感じます。新しい時代が開けた印象です。


コメント
数日前に数人で飲んだ際,ipadのニュースが話題になりました。そこで、ある友人が言うには「持ち歩くには大きすぎるのでは?日本で受け入れられるのはスカートフォンのように手のひらやポケットに収まるのでないと・・・。でも持ち歩いても負担を感じない重さは700g以下なのでそれをクリアしたのはさすがアップルだ」。なるほどを思いました
  • T. Yamazaki
  • 2010/02/01 9:01 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
看護師 復帰
看護師の再就職と看護師の復帰
  • 看護師 復帰
  • 2010/02/02 11:40 AM
  •