<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 米軍アフガン増派へ違和感と目を引いた草の根 | main | 注目したい「アップルの30年ロードマップ」 >>

恐るべし、Google日本語入力。席巻の予感も…

 グーグルがまたまた新サービスを出しました。パソコンでの日本語入力です。それも本業の検索での研究開発を加味、入力途中の文字列から類推する、ひと味違う能力を持っています。まだベータ版ですが、「MS-IMEより良い」との声が出ていて国内を席巻するかも知れません。《グーグル、日本語入力ソフト「Google日本語入力」を公開》(INTERNET WATCH)は「Google日本語入力は、グーグルのソフトウェアエンジニアである工藤拓氏と小松弘幸氏の『20%プロジェクト』により開発を開始。工藤氏はGoogleの『もしかして』機能を担当しており、誤変換に起因するスペルミスを『もしかして』のシステムが高い精度で修正していくことから、『Google日本語入力』の可能性を確信したという」と伝えています。

 GIGAZINEの《「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた》は「実際に使ってみた印象としては、MS-IMEよりは割と上な感じ、辞書を鍛えまくったATOKよりは少し下、という感じです」と報告しています。早速《郵便番号辞書(for Google 日本語入力) 2009.11.30更新版 登録方法 with 根性》のように便利アイテムを提供する人が現れています。

 《Google IMEの先にあるもの》(GoTheDistance)は非常に興味深い考察をしています。「このGoogle IMEの先にあるものは、『翻訳』と『同時通訳』にあるんじゃないかと思います。今僕はMSのIMEでこのエントリを書いていますが、Google IMEは1文字ずつこの言葉をUPしているわけで、それを応用すると『。』と打った段階でズバっと英語に変換するとか、そんなことができるようになる可能性があります」「言語学は言語を記号体系として捉えることで文化的なアプローチも数学的なアプローチでも研究できる奥の広い学問です。言語⇒記号⇒記号体系⇒処理ルーチン⇒マッピング⇒うへぇという流れもありうると思います。超すげぇ」

 しかし、「Google日本語入力」をインストールすれば大きなプログラムが常時、パソコンの中で動き回る状態になります。本当に善意のプログラム部分だけなのか、心配になるのも当然です。《■「Google 日本語入力」を利用した雑感 》(適宜覚書はてな異本)がこう危惧を表しています。「裏を返せば、既定ではのべつまくなしに動作しているということです。これをわざわざオプションとして表示していること自体相当行儀が良い作りではありますし、既定で動作可能なのも実用上の判断だと思います。ただ、なんかキナ臭い感じはしますよね、こういうの。先程のシークレットモードもそうです。言葉遣いとして不安を煽り立てるようなもので、機能に即した命名が他にあったのではと思います。そういったところから、Googleは本当にEvilじゃないのかという不安が心底からは解消はされません」


コメント
■グーグル、日本語入力ソフトを無償提供MS、ジャストシステムに脅威−ユーザーや消費者は物語を求めている(2)?!

こんにちは。EUで独占禁止法の対象となっている、MSのほうが、Evilな気がしますが・・・・・。最近ずっと前から使われてきている既存のもので、まさか、もう新しいものなど出てこないだろうという分野にイノベーションが目立つようになってきました。このグーグル日本語入力ソフトもその一つの例だと思います。私も、早速使ってみました。今のところ、かなりスムーズに使えています。今から、10年くらい前までは、こうした日本語変換システムも、いくつかあって、互いに張り合っていました。しかし、最近は、ジャストシステムと、MSの独壇場になっていて、MSが独占しそうな勢いでした。しかし、ここで、googleの参入です。Googleの参入は、実は必然だったのかもしれません。私は、こうした既存の枠を破ること、そうして、それを物語にまで高めていくこと、さらには伝説にまで昇華していくことが、現代日本の営利企業に与えられた使命であり、デフレ傾向を打破する糸口になると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
風水 色
風水とは、目に見えない「気の流れ」を活用して、運勢をよくすることです。風水では運気を揚げるためにに色に注目します。運をよくするための色の使い方など、風水と色について調べたことなどを紹介しています。
  • 風水 色
  • 2009/12/12 9:37 AM
  •