<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 仕分けで科学技術ばっさりなら本格政策を | main | 官房機密費の持ち逃げにメディアは甘過ぎる >>

仕分け騒ぎは混迷。文科省がネットで反論募集

 新年度予算の事業仕分けでばっさり斬られる事業が続出した文部科学省が16日「文科省、仕分けの“反論”募集 政務三役が指示、HPで」(47NEWS)と、ネットの知恵を借りて逆襲を試みるようです。共同通信が午後10時過ぎにリリースしているので、他のメディアも17日の朝刊などに出すのかも知れません。それにしても「川端達夫文科相ら政務三役が指示。ネットで“反論”を集め、年末の来年度予算の編成で巻き返しを図りたいとの思惑があるようだ」とは、仕分け騒ぎの混迷ぶりは失笑を買います。

 意見募集の文科省ウェブは「行政刷新会議事業仕分け対象事業についてご意見をお寄せください」です。「事業仕分けを契機として、多くの国民の皆様の声を予算編成に生かしていく観点から、今回行政刷新会議の事業仕分けの対象となった事業について、広く国民の皆様からご意見を募集いたします」とあります。その下に「廃止」「縮減」だらけの仕分け結果を一覧にしている点で意図は透けて見えます。意見提出先メールアドレスは担当の副大臣と政務官になっていて、スパム対策を考えずに実物のメアドを出しているところが急ごしらえぶりをうかがわせます。

 ネット上では「はてなブックマーク」が百数十も付いて大きな話題です。真剣に応じようとする人もいれば、当然ながら斜に構える人、「文科省には仕分け人が突っ込んだ以外に突っ込みたいことがあるぞ」と言う人と大騒ぎです。私も「仕分けで科学技術ばっさりなら本格政策を」を書いた以上、こんな予算擁護より「言わせていただきたいことが多い派」です。

 文科相ら政務三役は自分の役所が過去にどれだけ聞く耳を持っていなかったか、ご存じないのでしょう。政務三役がこんなデータ集めに一生懸命では、科学技術政策を本質的に立て直す立案など期待出来ないと申し上げておきます。


コメント
いままでの科学技術政策には疑問が一杯です.特に,競争的資金の数が減り,一件あたりの金額が減ることで,装置産業的研究や人海戦術的研究に予算が集中.堅実に基礎研究をやっている研究者の予算や大学の一般予算は,毎年確実に削られています.すでに日本の大学に留学した中国人が,「日本の大学は,中国の(一流)大学と比べると,建物も汚いし,図書館も充実してないですね」という状況.

スクラップ・ビルトして,科学技術政策を見直してくれるならいいですが,「予算削っても,頭脳流出するようなことは,海外で通用するレベルの研究者はいないのだから」と言い放つ大臣もいるのでどうも信用できない.こういう人には,国際会議に行って受賞者や役員にしめる日本の研究者の多さを見てきてほしいものです.

某旧帝大では,経常研究費(自由な研究に使える費用.削減が続いた結果,実際には電気代等で消える)が10%,その他の公的研究費も30〜50%程度減る可能性があるので,研究員雇用を控え研究計画も縮小するようにというお達しがあったようです.どうも政府は信用されていない.

奨学金(借金)もらってまで高校・大学行くより中卒・高卒で就職するという道を,国が選択したようにみえます.つまり国債を出してまで研究費を確保するより,他国に研究開発は頼るということ.

幸い,アジアの他国(特に中国とかシンガポールとか)が,研究開発にしっかりお金をかけているので,日本がこけてもアジアは安泰.なので心配することはない.日本人が良く働くことは有名.きっと中国人が,自分たちで研究開発したものの生産工場では日本人をやとってくれるはず.

学費を削って,バイクのガソリン代に回すほど馬鹿では無いと思いたい.
  • 貧乏教員:海外逃亡中
  • 2009/12/03 1:23 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
事業仕分け
事業の査定を公開の場でやる。 見せ物として、これはなかなか面白い。 省庁の担当者が説明する。財務省サイドから論点が整理されて、国会議員と民間の仕分人が突っ込んでいく。最後に採決。 おそらくこれまでなら、国民の目に見えないところで、官僚と族議員が
  • 虎哲徒然日記
  • 2009/11/18 9:50 PM
  •