<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 信頼性無し、もんじゅ運転再開は愚の骨頂 | main | 高速増殖炉もんじゅの危うさ、早速また誤警報 >>

ウィニー開発者逆転無罪、児童ポルノとも関係

 ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」開発が著作権法違反ほう助になるとされた事件で、大阪高裁は一審の有罪判決を破棄、元東京大大学院助手の金子勇被告に無罪を言い渡しました。京都地裁判決は不当との批判が多かったネット上では、歓迎するブログ記事が圧倒的です。しかし、運営している「Japan Blogs Net」でウオッチしているブログから拾うと、なかなか厄介な問題をはらんでいます。

 ソフトの使い手ではなく、ソフト開発者を罰する捜査や判決は、国内のソフトウエア技術開発を阻むものでした。「『有罪なら萎縮』訴え実る…ウィニー開発逆転無罪」(読売新聞)に「金子被告は1審公判中の2004年12月、東京大を退職。ウィニーの技術を応用したコンテンツ配信事業を行うIT会社で技術顧問を務める。今ではウィニーを開発したときのように趣味で無料ソフトを作ることもないといい、判決前には『面白い発想が浮かぶこともあるが、捜査で萎縮し、動けない』と話していた」とあるように、天才的と言われた金子氏に空白の期間を強いる結果になっています。

 「Winny事件第2審判決について」(benli)は「ベータマックス事件米連邦最高裁判決以来の『実質的な非侵害用途があるか否か』という基準に、『違法な利用を誘引していたか否か』という基準を加えて判断しています」と見立てています。ソニー・ベータマックス事件とはビデオテープレコーダーの販売がテレビ録画を促し、映画の複製権を侵害すると訴えられたのに対して、技術は中立で侵害の可能性を認識しただけでは問題にならないとの判例です。今回の判決が、こうした筋を通しているのなら妥当でしょう。

 ところで実態として、ファイル交換ソフトでの違法なやり取りは収まっていません。特に日本で盛んな理由について、「Winny事件を振り返る」(高木浩光@自宅の日記)に興味深い指摘があります。「もうひとつの理由があると気づいた。それは、欧米諸国では、P2Pファイル共有が登場するより早い段階で、児童ポルノが強く規制されていたこと、その結果ではないかという点である」「欧米諸国では、児童ポルノの単純所持が重罪化されているので、無差別にファイルのダウンロードをして、不用意に児童ポルノを入手してしまったら、児童ポルノ罪で摘発されかねない」という事情です。

 児童ポルノの単純所持禁止は今、議論の真っ最中です。確かに禁止となればウィニーや他の交換ソフトも怖くて使えないものになります。日本の特殊性がこういうところにも影響しているとは思いませんでした。

 【参照記事】「警察・司法の功利主義が歪ませる社会(Winny判決考) [ブログ時評71]」


コメント
違法ファイル共有自体は欧米の方が日本よりよっぽど盛んですよ。
引用されている高木さんの文は、「地曳き」と呼ばれる自動ダウンロード機能の有無についての考察であって、違法ファイル共有全体について述べたわけではないでしょう。
  • bakabon
  • 2009/10/09 4:03 PM
  •  
無理やり児童ポルノに結び付けているように見えます。
その根拠となる資料はどこから出てきたんでしょうか?
  • tmp
  • 2009/10/11 9:03 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ウィニー無罪判決 罪刑法定主義の勝利だ
大阪高裁は犯罪成立要件が不明確だった1審判決の基準を批判し、ソフトを違法行為のみに使用させなければ幇助は成立しないとしました。違法な利用が「多い」と幇助罪が成立するという拡大解釈は、もう通用しません。
  • 匿名希望の時事ブログ
  • 2009/10/12 3:56 AM
  •