<< August 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 石破茂農相のブログ釈明はある意味で画期的 | main | 2700億円の最先端研究費は国費乱用の典型 >>

医師の61%が民主へ投票、日医の正統性なくなる

 日経メディカルオンラインが「医師の61%が小選挙区で民主党候補者に投票」で医師6543人から得たアンケート結果を伝えています。ネット上に会員登録している医師からの結果であるため、国内の医師全体をそのまま代表するとは言えませんが、自民党支持を変えようとしない日本医師会の業界代表としての正統性は大きく損なわれたと思います。政権交代に伴う医療制度改革の論議をする際に、医師の代表が誰なのか、誰の声を聞くのか、重大な問題が生まれました。

 「小選挙区では61.1%が、比例区では50.6%が民主党候補に投票していたことが分かった。一方、自民党へは小選挙区27.1%、比例区21.8%だった」「小選挙区・比例とも民主党に投票した医師は43.8%で、2005年の衆議院選挙から9.1ポイント上昇した。逆に自民党は18.4%にとどまり、前回選挙から21ポイント低下した」

 これから計算すると前回総選挙で「小選挙区=民主・比例区=民主」だった割合は34.7%なのに、「自民・自民」の割合は39.4%だったことになります。やや民主が強めの集団であるかも知れません。

 「民主・民主」とした医師が多かったのは新潟61.8%、岐阜60.3%、青森56.5%と続きます。県医師連盟が公然と民主党支持を打ち出した茨城は55.6%だったそうですから、見えないところで大きな投票シフトがあったようです。勤務形態別でみて、「民主・民主」は病院勤務医で45.2%、診療所経営の開業医でも43.4%を占め、勤務医と開業医で投票行動に差はありません。

 ただし、こうした民主シフトの理由は政策を評価したからではないようです。「投票の決め手のなった理由としては、『現在の政治に不満があったから』が58.0%と最も多く、『マニフェストを評価した』の24.7%を大きく引き離した。『現在の政治に不満があった』とした医師の6割は小選挙区、比例区ともに民主党に投票しており、医師においても『反自民票』が民主党に流れている」と、国民全体の指向と重なります。


コメント
与党だったから支援していたというような団体は今後どうするんでしょうね。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
インターネットで独立開業
インターネットで独立開業についての情報サイトです。 よろしければご覧ください。
  • インターネットで独立開業
  • 2009/09/28 11:50 AM
  •