<< July 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< ローマ高級店ぼったくり、観光相が再訪の呼びかけ | main | NHKスペシャルがバラエティ番組になっていいのか >>

新型インフル5千人。お寒い都の監視体制

 新型インフルエンザ感染者数が7月24日、5千人を突破して午後6時現在で5023人になりました。19日午前6時の集計で4千人を超えたばかりですから急速な感染の拡大が進んでいます。再流行がはっきりしてきた大阪府では1023人を数えるありさまです。ところが、この節目の発表を契機に大阪府は「24日以降は、国の新たな方針に沿って全数把握を行わなくなりました。大阪府内の新型インフルエンザの新規感染確定者数の公表は本日で終了します」と告知しました。今後に向けて、これでいいのか、後述する東京都など、かなりお寒い監視体制です。感染症情報センターにある「日本の流行地図(7月24日午前6時現在)」を掲示しておきます。5千人直前、4986人段階です。


 「WHO発表の確定例(累計) (日本時間 2009年7月6日 午後6時現在)」は94512例に達していますが、数千人規模になって相当の死者まで出ているイギリス、オーストラリア、アルゼンチンなどは少し前から患者数の把握を取りやめています。蔓延期に入ったので対処方法を変えるとの判断なら理解できます。ところが、国内は蔓延期突入とのアナウンスもなく、格段の感染注意を呼びかけるでもなく「集団発生を監視する体制に移行します」とだけ説明されています。

 今後は全国にあるインフルエンザ定点医療機関を中心に、集団発生が疑われるときに遺伝子検査をして新型か確定することになりますが、都道府県ごとの「やる気の違い」あるいは「及び腰度」で、適切な流行把握が出来るかどうか、疑わしいのです。例えば東京の「ウイルスサーベイランス(更新日 2009年7月22日)」を見ると、新型インフルエンザ感染者を5、6月は発見できず、7月に入って、やっと1人見つけただけです。それどころか、6月以降は新型以外もほとんど出ていない状況です。


 全国の有志医師が自主的に診断データを集積している「MLインフルエンザ流行前線情報DB」から、東京でのインフルエンザ発生グラフを引用します。東京の有志医師は53人で人口を考えると決して多くはありません。それでも7月に入って都議選前後に、全国動向と違う発生ピークが出来ています。遺伝子検査まではしていませんが、いずれもA型ですから新型の可能性は高いと思います。はるかに数が多い「定点」は何をしていたのでしょうか。


 大阪府で感染者千人を突破したのも、保健所や医療機関に調べる意欲があればこそだと思います。都が把握した感染者は200人余りで、しかも4割は渡航歴がある国外感染です。学校などの集団発生も、神奈川や千葉などから通学する生徒が自宅のある自治体で感染が確定、都内にある学校を調べて集団発生が分かった例がほとんどなのです。東京都の役人は有能なのか無能なのか、平時なら色々な見方が出来ますが、本当に恐ろしい感染爆発、パンデミックへの予行演習と言われた今回の新型騒ぎについては、落第点は間違いなしでしょう。

 【参照】第179回「新型インフル、国内の持続的感染が確定」
     第181回「都議選が新型インフル爆発の引き金に?!」


コメント
東京は、そうはいっても、やはり少ないです。
私もMLインフルエンザ流行前線情報に参加させていただいてますが、A陽性のインフルエンザは2月から絶えて検出しません。検査キットの陽性率の疑義があっても、2月とコンディションは一緒です。近隣3校や学童保育で数人規模の発生があっても、そのようなものです。
一方で、6月7月の2ヶ月で、結核なんて3名も見つけていますし、カンピロバクター腸炎など、10名超えます。38度の流感症状の半分はカンピロバクターな位です。
日本全体の感染規模ということでは、流感による休校や学級閉鎖の措置の数が、夏休みが始まる35週に全国で90施設になりました。同じ尺度で観ていますからこれが31週で全国で14施設でした
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/infreport/report.html
やはり大阪は検査するから見つかる以上に、実際に多いのだと思われます。
http://210.233.67.206/view/daily_pref.php?pref_no=27&st_date=2009-07-20&end_date=2009-07-26
MLインフルエンザ流行前線情報の大阪版ですが、これと上記の休校数を横にらみすれば、大阪の報告数はMLでは過小評価気味であります。
もう夏休みになってしまい、大手予備校に上京して夏期講習に参加したり合宿があったり、休校数の指標が使えなくなりましたが、それでも実態実感に即した報告が東京都から発表されていると思っています。
東京が6月末から集団感染疑いの1〜4例しかPCRせず確定感染者として報告していることに言及すべきだ。
集団感染疑い例だけでも40例近くある。
http://www.metro.tokyo.jp/SUB/infuruenza2009.htm
集団感染の全数検査を原則としていた大阪と比べれば確定感染者が少ないのは当然である。
もし東京で集団感染の全数検査をしていたなら今の数より相当数多くなっていたのは明らかである。
  • 通りすがり
  • 2009/07/27 3:26 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
医師の求人募集転職情報ネットナビ
とっても高待遇な医師の求人募集転職の情報です。
  • 医師の求人募集転職情報ネットナビ
  • 2009/07/29 2:03 PM
  •  
大腸がん 遺伝
"例えば、健康な人であっても大腸の内視鏡検査を行ってみると、60歳代ではおよそ60パーセントの人にポリープが見つかります。動物性脂肪、また糖分の取り過ぎ、更に食物繊維の摂取が足りない状態になり、知らず知らずのうちに大腸へ負担をかけています。このポリープの
  • 大腸がん 遺伝
  • 2009/08/02 10:33 AM
  •  
■■■現役医師全面協力!!新型インフルエンザ対策の『D-セレクト』■■■
ついに本格的流行! 新型インフルエンザ対策アイテム緊急通販 現役医師が本物のみをおすすめします! いまこそしっかりした対策を!
  • 現役医師監修 D-セレクト
  • 2009/08/21 12:07 PM
  •  
新型インフルエンザ 感染者数
厚生労働省が発表した世界と日本の新型インフルエンザ感染者数の推移など。
  • 新型インフルエンザ 感染者数
  • 2009/08/25 7:47 PM
  •