<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 第182回「日本抜く中国GDP、矛盾する数字と未来」 | main | アポロ11号の月着陸40年、月面の足跡など撮影 >>

解散へのブログ発言、Japan Blogs Netでご覧を

 異例の1週間以上前からの予告解散が宣言されました。来週までに何かが起きる可能性は捨てられませんが、宣言した以上は麻生首相は踏み切るのでしょう。昨年秋から運営している「Japan Blogs Net」ではレギュラーの分類は「政治・経済」ですが、衆院解散・総選挙のためにブログ界から「リベラル・左」「保守・右」の分野で拡張選抜して並べています。ブログでこれから総選挙に向けて、どのように書かれていくのか、ご利用下さい。今週末にかけてさらに増強します。

 このまま解散なら「自暴自棄」「やけくそ」などの形容がつく、首相の自己満足型解散になります。ふだんは元気な意見が多い「保守・右」でも威勢のいい意見はあまり見られません。「特攻隊長に続く覚悟なき自民党議員たち」(遠藤健太郎ブログ『KNN TODAY』)が「誰もが覚悟している通り、自民党が下野していく可能性の高い選挙だといえます。引きずられて創価学会=公明党も下野し、たとえ民主党が単独で過半数を制せずとも創価=公明との連立はなく、民主は社民党か国民新党、または両党と組むでしょうから、与党敗北のメリットはそこにあるのかもしれません」と指摘しているように、選挙の結果、公明党が政権を離れるのをよしとする、少し斜に構えた見方がいくつか目に付きました。どうせ勝たせるなら、衆院の3分の2を渡して民主単独政権にした方が後々よいとも……。

 勝つはずの民主党の先行きにも、早くも厳しい見方があります。「『負けっぷりのよい』負け」(雪斎の随想録)がそれです。「民主党は、多分、250議席近くになったところで、実際に『政治』の仕事ができるのは、四、五十人だろう。その四、五十人で『政権運営』をすることになる。自民党のように、『政権運営』のノウハウが蓄積されているわけではなさそうだから、これは大変な仕事になる」「民主党の『わが世の春』は、長くても二ヶ月であろう。秋以降には、鳩山由紀夫『総理』の政治資金に絡む話が、本格的に追及されることになる。これだけでも、支持率は20パーセントは下落する要因である」「来年には、早くも参議院選挙である。これを乗り切れなければ、『ねじれ』国会状況に苦慮するのは、民主党政権になる」


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
出揃ったカード〜都議会議員選挙に思う〜
写真:新しい都政はこのシャッター通りをどうかえるのか?  本題に行く前にお知らせです。  私の運営するもう1つのblog前橋弱小ポータルサイトでイベントに協賛します。お暇のある方は是非ともご来場ください。 太田市ジャパンスネークセンター投げ銭ライブイ
  • ぶらざーてぃのblog
  • 2009/07/17 11:26 PM
  •