<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 新型インフル、WHO初動遅れと国内の前のめり | main | 第177回「インターネット世界に地殻変動を感じる」 >>

新型インフルエンザ対策は非常な的外れ


 大型連休での海外への旅行者の帰国ラッシュが始まっています。厚生労働省は水際での阻止、検疫一本にかける構えです。そしてA型が疑われれば診断がつく前に公表するのですが、これが非現実的であることをJMMメールマガジン「絶望の中の希望〜現場からの医療改革レポート」第30回「新型インフルエンザ対策を考える 〜検疫よりも国内体制の整備を!」で、東大医科学研准教授の上昌広さんが書いていらっしゃいます。今日配信のメルマガで、ウェブに反映されるには数日掛かるでしょうから、いくつか論点を引用しておきます。

 「新型インフルエンザの潜伏期間は長く見積もって約10日間ですが、空港利用者の大部分が短期間の旅行や出張から帰ってくる人でしょうから、ほとんどがこの期間中にあると予想できます。空港に着いた時に症状がなければ、どんなに検疫を強化しても発見できませんから、すり抜けて国内に入っていることになります」

 「厚労省は乗客の体温を検知するサーモグラフィーを大量に整備しました。しかしながら、サーモグラフィーでの有症者発見率は0.02%すなわち1000人に2人で、99.8%はすり抜けます」

 これが現実なのですね。世界の多くの国が検疫を重視していない理由が分かると思います。そして、上さんは「常識的に考えれば、日本にも新型インフルエンザは入ってくるでしょう。わが国の緊急の課題は、医療現場に新型インフルエンザの可能性がある人が大量に押し寄せても対応できる体制を整えることです。その場合、問題は病院の体制整備です」と、本来するべきは医療体制の整備だと指摘しています。

 読売新聞が「発熱患者の診察拒否続出…過剰反応?都に苦情92件」と伝える状況が既に起きています。自治体が設けた発熱相談センターから新型の疑いなしとされたケースですら診察拒否が発生しています。このまま体制整備に力を入れることなく本当に新型患者があちこちで現れたら、もっと酷い混乱が起きるでしょう。未確認例の公表で患者のプライバシーが無用に暴かれる恐れも強まっています。

 産経新聞が《【新型インフル】都の独自検査「疑い例」9件、「国への届け出基準に該当せず」》と報じているように、東京都は「混乱を招きかねない」などの理由で未確認段階での公表をしない方針であることが分かりました。

 ブログの声、例えば「新型インフルエンザが日本中に広がったら!」などは「東京が1番海外帰国者が日本で多いんじゃないですか!」「もし、新型インフルエンザが広まったら、それは東京都のせいですね!」と怒っています。

 しかし、実際には実効性があるとは思えない検疫に血道をあげて、末端の医療体制整備に目が向いていない厚労省にこそ問題があると思えます。

 再び、上さんの指摘です。「感染を広げないための基本は『隔離』です。感染したら死ぬ確率の高い他の患者を守るために、他の患者と接しないように、個室に入ってもらわなければなりません。ところが、外来に、他の患者と接しない個室や陰圧室を持っている病院は日本では非常に少ないのです」「発熱外来を設置するために、入口の外にテントを張った病院もありますが、2人目の患者が来たら、どこで待っていてもらえばいいのでしょうか。同じ部屋の中で、検査結果を待つ6〜8時間の間に、可能性のある人同士でうつしあってもよいというものではありません。今のままでは、病院に押し寄せた患者さんが待っていてもらう部屋はない病院が多く、外で待っていてもらうことになります」

 各地の病院で起きそうな、こうした事態を想定して手を打つべき時が来ています。マスメディアも検疫騒ぎを追うよりも、新型侵入必至と覚悟したうえで現場の体制が出来ているのかに目を向けるべきでしょう。

 5/16=遂に二次感染患者確認です。「新型インフル感染確認は氷山の一角の一角」をご覧下さい。


コメント
何を言っているのやら。
検疫をするかしないか、っていったらしたほうがいいだけの話。
全部食い止めるなんて最初から誰も言ってない。
数を減らすのが目的。

拡散させない対策もちゃんと打っている。

批判が先の無駄な指摘だね。
  • a
  • 2009/05/06 6:23 PM
  •  
 きちんと読めない、こういう人が最近増えていますね。お上のする事に間違いはないと信じているのでしょう。上准教授はこうも指摘していますよ。

「テレビでは、検疫官たちがものものしい防護服でチェックに向かう姿が報道されています。あの防護服は、医療関係者が未知の病原体と対峙するとき、空気感染、飛沫感染、接触感染によって自らが感染しないこと、および医療関係者を介して患者間の感染を防ぐことが目的です。しかし、それなら、違う患者・乗客に接するたびに防護服を使い捨てにして着替えなければ意味がありません。着替えないまま走り回ってい
るということは、もし、本当に新型インフルエンザ感染の患者がいたら、乗客にもふりまいてしまうことになります」

 本物の事態に対処できる検疫態勢なのでしょうか?
  • dando
  • 2009/05/07 12:26 AM
  •  
ある飛行機で1人の感染者がみつかったら、その飛行機にいる全員が一時的に隔離されます。
乗客単位で防護服をいちいち着替える必要はないってわかりませんか?
  • 頭の悪い人のいってることを鵜呑みにするのも相当頭悪い
  • 2009/05/07 1:50 AM
  •  
「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思います。

今の一般病院での状況はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

厚労省は、受診制限をした病院を非難する前に、タミフルやリレンザなどの薬、検査キット、そして、院内感染を防ぐための設備を整えられる環境を国が提供するべきだと思います。
 現役の検疫官がこう言っていますよ。
「厚生労働省が言っているのは、検疫による水際での封じ込め、ワクチン、タミフルの3点セットですよね。でも、こんなの新型インフルエンザに対してはナンセンスです」「特に問題が大きいのは検疫です。症状だけでは、普通の風邪や既存のインフルエンザと見分けがつきませんし、10日間の潜伏期間もあります。それから、簡易キットによるスクリーニングが100%の精度であるはずありません。過去のインフルエンザの例を見ても、学校の閉鎖や空港の閉鎖なども成功した試しがないんです。日本に入っちゃうと思った方がいいし、入っちゃったら間違いなく広がります」

「新型インフルエンザ、水際封じ込めはナンセンス」
http://lohasmedical.jp/news/2009/05/01183722.php
が原文です。
  • dando
  • 2009/05/07 4:49 PM
  •  
>有症者発見率は0.02%すなわち1000人に2人で、99.8%はすり抜けます」

この箇所いずれかが間違いでしょう。0.02%なら1万人に2人です。すり抜けるのは99.98%になるはずです。
どちらが正しいのですか?
それに、今回の件は過去に前例がなく、いかなる根拠でこんな数字が出せるのかもよく分かりません。
空港の検疫は、どうも「気休め」的印象が強く、科学的な根拠に基づいた効率的かつ効果的な対策に結びついていない気がします。空港検疫に時間と経費をとられて、検疫を抜けて入ってきた感染者達の治療が全くおろそかになったら、正にブログ主さんの行っている通りの事態になるような気がします。
ブログで「新型インフルエンザの症状を少しでも感じたら、すぐに専門の医療機関で検査を受けましょう。」みたいな記事を書かれてる人がいますが、その検査を必ず受けられるという保証は、本当にあるのでしょうかね。
  • やまだ
  • 2009/05/10 7:34 AM
  •  
もちろん水際検疫がすべてではありませんが、時間を稼ぐということが目的と考えれば一定の評価はできます。
日本はこれから夏に向かいインフルエンザ非流行期に入りますので、
1日でも患者の急増を遅らせれば全体的に(今期の)流行を押さえ込む効果があります。
もちろん病院などの体制が不十分なのは心配ですが、今を乗り切れば、秋までに考える時間ができます。
  • 十里
  • 2009/05/11 4:10 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
[時事]豚(新型)インフルエンザ報道の狙い
豚インフルエンザの報道ですが、10日あまり続いております。ちょっと白熱しすぎだと思います。裏で何かやっているのかと思うほどです。そういう視点で考えてみましたが、今回に限っ...
  • kojitan’s note[日本人として]
  • 2009/05/06 6:41 PM
  •  
豚インフルエンザ
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ/鳥インフルエンザ)対策の備蓄にポカリスエット 粉末 74g*5包【パンデミック,豚インフルエンザ対策,非常食】商品価格:448円レビュー平均:4.64 インフルエンザA大特集新型のインフルンエザ・2009年4月に米国でで報告・メキシ
  • youtube最新動画ニュース
  • 2009/05/06 9:44 PM
  •  
子供用のN95マスク情報
今、人気のものは新型インフルエンザ予防のN95マスクですね。子供用が特に人気があります。やはり子供は感染しやすいので、対策をとったほうがいいですね。 同じマスクでも、正規の規格のものは安心です。ですから、Amazonや楽天通販でよく売れていて、トップランキン
  • メディコム N95マスク 通販情報
  • 2009/05/06 10:48 PM
  •  
新型インフルエンザ 症状
新型インフルエンザの症状とはどのようなものなのでしょうか?新型インフルエンザの症状を少しでも感じたら、すぐに専門の医療機関で検査を受けましょう。
  • 新型インフルエンザ 症状
  • 2009/05/09 1:28 AM
  •  
人と接する事が苦痛でなくなる方法
14.対人恐怖症を克服された兵庫県の男性より 「今でも信じられない気持ちです。 おかげで人生が救われました!」
  • あがり症を治す/トラウマ治療/緊張しない方法/不安解消[恐怖症克服マニュアル]新田義治
  • 2009/05/13 5:52 PM
  •  
biocasterによる新型インフルエンザ等に関する感染情報
2,3年前から廊下にこの研究紹介パネルが架かっているので NIIにいる人は大体知っていますが、 「ネットで新型インフル対策 キーワード集め「兆し」報告」 5月13日の朝日新聞夕刊1面に掲載されたみたいです。 Biocaster なのですが..... 注釈 BioCasterの
  • 研究開発
  • 2009/05/15 2:16 PM
  •  
豚インフルは自作自爆?説――先進国への拡がりは誤算?
あくまでも人から聞いた話、推論としてお読みください。 今回の世界的な新型インフルエンザ騒動ですが、 実は美国の自作自演&自爆ではな...
  • スローライフアフィリエイトに学ぶ、心とお金の余裕を生むコンテンツ活用法
  • 2009/05/19 12:47 AM
  •  
注文取り消しても代金は払って・新型インフル・ワクチンの製造元
   スイスの製薬大手ノバルティスは、世界的大流行によって大量の注文があったものの沈静化に伴い注文が多数取り消された新型インフルエンザ(H1N1)ワクチンについて、15カ国の政府と支払いに関する協議を続けている、とメディアは報道している。 ウォールス
  • Tomi Craft Blog
  • 2010/05/16 5:29 AM
  •