<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 専横のJASRACに落日?公取委、排除命令へ | main | 映像生活、私的にもある最近の変転事 >>

『中国新車販売、初の世界一』ニュースの怪

 マスコミ各社が一斉に『1月は中国、新車販売世界一』と流しています。これを受けたブログを眺めると、中国だけ景気が良いような誤解が多いと感じます。米国を抜いて初の月間トップ、73万台を売る――に間違いはありませんが、前年同月比で米国が37%も落ち込む異常事態下の出来事です。中国の落ち込みは数字がばらばらで困るのですが、14あるいは16%のようです。

 「サーチナ」の「1月の新車販売、中国が米国抜きトップ 春節効果か」も「1月の好調は長くは続かない。政策と春節(旧正月)の長期休暇の相乗効果で消費が伸びただけ」との、辛口の専門家コメントを載せています。

 最近、単発の何%減少との数字ばかり見せられて、大きな動きが見えにくくなっています。気になってきたので、昨年から今年にかけて日米欧中の新車販売台数減少の様子をまとめてみました。「厳しさ増す!自動車セクター銘柄を徹底検証」や朝日新聞などから数字を拾いました。欧州は主要18カ国のもので1月分はまだありません。

 《新車販売台数前年同月比》
 日本11月 -27%
    12月 -22%
    1月 -28%
 米国11月 -37%
    12月 -36%
    1月 -37%
 欧州11月 -26%
    12月 -19%
    1月
 中国11月 -15%
    12月 -12%
    1月 -16%


 やはり凄まじいですね。以下、見やすいグラフにしておきます。


 中国だけ落ち込みが少ないとしても、昨年までは10%を超える伸びを示していたのですから、グラフの上に「10%のゲタ」があると思ってください。そう見れば日欧と同じではありませんか。損益分岐点を遙かに下回る販売台数しか出ない現状では、世界的に自動車メーカーのビジネスモデルが崩壊しかけています。国内メーカーからも工場ラインの追加停止が相次いで発表され、1月は4割の減産と言われました。2月以降も改善の兆しは見えていません。中国の販売2桁減少が続けば、競争力の弱い下位メーカーが多数あることを考えると多くの倒産を引き起こすのではないかと考えています。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
派遣切られたorz
昨年末で派遣契約切れて、本気でヤバかったけど、 リアル友達に教えてもらったコレでなんとかホームレスにならずにすんだ(笑)  
  • ジャマランディ
  • 2009/02/11 5:55 PM
  •