<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< Big3救済:ついに自主判断を投げ出したブッシュさん | main | 第170回「世界消費総崩れに中国だけ軽傷説は疑問」 >>

日台ラブストーリー異色映画「海角七號」、中国公開は

 メールをチェックしていると、JMMからメルマガ《『大陸の風−現地メディアに見る中国社会』「海角七號」》が届き、異色の日台ラブストーリー映画が中国大陸で公開される可能性について書いていました。詳しくは12月22日(月)に原文が「大陸の風−現地メディアに見る中国社会 / ふるまいよしこ」にアップされるので読んでください。

 台湾での興行記録を塗り替える異例の大ヒット、9月の日本の「アジア海洋映画祭イン幕張」でグランプリ、11月末の香港での公開でも成功が伝えられ、気になっていた映画です。「60年前、日本人男性教師が台湾から日本へ向かう引揚船の上で、残してきた台湾人の恋人に宛てて書いた手紙」の日本語ナレーションから始まり、現代の日台カップルの物語と交錯して展開します。政治的な映画ではないのですが、日本と絡む台湾内部を映し出し、日本語、中国語、台湾語が入り交じるといいます。このメルマガほど詳しい紹介と解説は初めてでした。

 内容から中国本土での公開が危ぶまれるとも聞いていたのですが、可能性が高まっているようです。どうなるのか、年末の注目ものです。主演女優、田中千絵さんのインタビュー記事《「台湾ってかわいい!」―『海角七号』主演女優・田中千絵》や2ちゃんねるの【大ヒット】海角七號【ブロガー】もご参考に。ただ、日本国内公開がまだ決まっていないのですね。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック