<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
  • 脱未婚=結婚へ動き、30代から中高年まで活発に
    大山弘一 (11/28)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< NYタイムズが外部リンク活用を本格化 | main | ビッグ3救済:混乱、混迷まだまだ続く?! >>

ソニー首切り、不調ニッポン企業にも落差

 ソニーが世界で16000人規模の人員整理をするとのニュースが経済の危機感をいっそう強くしています。2005年の危機当時に書いた「輝きが無いソニー改革人事の違和感 [ブログ時評14] 」と、その英訳版「Misgivings about the dull personnel revolution at Sony 」がにわかに読まれ始めて、改めて内外の世間が現在の経営陣には失望している感じが伝わってきました。

 「ソニー大量リストラ・技術軽視、ソフト重視のツケ」は「今ソニーにどんな新技術があるのか?」「又ヒット商品も何であるのか、さっぱり聞こえてこない。最近読んだ週刊誌には、そのソニーの技術軽視体質による基礎研究の廃止が取りざたされていた。その研究の担当者は、スタッフも何も取り上げられて単なる窓際に置かれたというのであった」「こういう、本来の最新技術のソニーからの営業重視の体質になってしまったソニーには、生き残る道は少ないのではないか」と疑問視しています。

 日経BPに「2008年米国自動車ブランド回帰率でホンダがトップ」が掲載されていて、「米国で新車購入時に従来と同じブランドを選んだ割合(ブランド回帰率)」2008ランキングでホンダが64.7%のトップになりました。トヨタは2006〜2007のトップから2位に転落です。次いでレクサス、メルセデスベンツ、BMW、意外なことにフォードが6位52.5%なんですね。ビッグ3の中でまだましな訳です。日本勢で最悪は28.1%の三菱自動車です。トヨタを含めて傾きかけつつある日本企業の間で相当な落差があります。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
三菱の次世代型電気自動車
三菱自動車の目指す技術を紹介しています。
  • 三菱自動車が目指すもの
  • 2008/12/16 10:02 AM
  •  
いつかはメルセデス・ベンツ!!
好きな車は人それぞれ・・・でもいつかはベンツ!! ベンツの歴史やベンツのポリシー、バリエーション、 購入術やメンテナンスを調べようと思います。
  • いつかはメルセデス・ベンツ!!
  • 2008/12/27 7:16 PM
  •