<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< GMの命運はクリスマスまでに尽きる | main | NYタイムズが外部リンク活用を本格化 >>

お騒がせ橋下知事、ブログでは賞味期限切れ

 この春、大阪府知事に就任して以来、物議を醸す発言をし続けている橋下徹知事が、府内の小中学校への児童生徒による携帯電話の持ち込みを原則禁止する方針を打ち出しました。府立高校では、校内では使用禁止にするものです。ネット規制にもかかわる話なので、ブログでも関心が高かろうと思ったのですが、「常識派」の規制賛成論が多く並ぶ不思議な光景です。気になってテクノラティのブログ記事数グラフで調べて判りました。ブログ大衆には「お騒がせ橋下知事」の賞味期限は切れたのでした。


 10月半ばごろに記事数が大きなピークを作ったのが最後で、11月になってからは、「お騒がせ」にほとんど反応が無くなっていました。10月のピークとは何かさかのぼると、朝日新聞社説とのバトルとか、高校生と意見交換をして私学助成削減をめぐり泣かせてしまった件でしょう。「もう飽きた」という気分、よく分かります。誰が論評したって、この人が聞く耳を持っているとは到底、思えないからです。

 さて携帯電話禁止問題ですが、「比べてわかる橋下提言」は「ある程度信用のおけるデータに基づいた上で『賢くなりたいならケータイを使うのをちょっと控えてみないか』と提案するこの方針は、再生会議や懇親会の雰囲気語りとはワケが違う」と福田内閣のレベルとは違うと認定し、とても高い評価をしています。

 「携帯電話 持ち込み禁止令」は「子供に有害と思えるものは全て排除する。学校側としたらこれが一番簡単な方法です」「しかし、それでは今までと何も変わらない。また同じような現象に陥るのは明白だと思います」「あれもダメこれもダメでは生徒が理解できないし、生徒が先生を信用できなくなるのは当然です。納得できない親もいるはずです」と考えを進めています。

 マスコミは論争が起きている風に伝えていますが、ブログは白けきっている様子。普通ならば「反文明主義かよ@携帯禁止令」のようなタッチの発言があちこちに現れそうなものですが……。


コメント
テレビで見た限りでは、「携帯電話依存症」のような状態の子供は、授業中にもケータイをいじくって、授業に集中していないような様子がみられるようです。

実際のところはそういう状態を排除するために、「持ち込み禁止」という手法を取ろうとしているのではないでしょうか?(通学途中ならまだしも、学校内で携帯電話が必要な理由って、ありますか?)

携帯電話持ち込み禁止令を、ゲーム持ち込み禁止令と置き換えてみてはどうでしょうか?

携帯電話の所持を否定している訳ではないことからも、結構まともな提案だと思うのですが・・。
  • とおりすがり
  • 2008/12/08 2:29 AM
  •  
橋下クン。
やしき>島田>橋下。
こんな黒い噂の絶えない人が、、、、。
  • 2011/09/19 4:59 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック