<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 金融危機がもたらす中東産油国の不安定要因 | main | 柴田倫世さん「おっぱいマッサージ」の話 >>

五輪野球メダル逃す、星野報告書に批判続出

 北京五輪で4位に終わった野球についてのJOC報告書が26日に公表されました。47Newsの「星野監督『気持ちで弱い面が』 北京五輪報告書を公表」などの報道にブログから一斉に批判の声が巻き起こっています。

 「日本代表監督を務めた星野仙一氏は、敗因として選手の精神面の弱さと国際試合の経験の少なさを挙げた」「金メダルを獲得した韓国と比較し『気持ちの面で、弱い面が出た。選手たちは気を抜いて戦ったわけではもちろんないが、気持ちの部分で差があったかもしれないとも思う』と指摘」――これは何の分析にもなっていませんよ。単なる感想です。国際経験を積ませたいと言うのも意味があるようでいて、野球の国際大会が少ない現状では無意味です。

 「星野氏それはないでしょ」(元日本代表の新聞・テレビに出ない野球理論)は「すべて監督の采配ミスで負けたはずです。気持ちの面で弱気が出て、投手交代もできず、敗戦に導いたのは監督でした。また国際大会の経験がなく動揺したのはご本人のはず」と切り捨てます。

 【星野】敗軍の将、兵を語る【北京五輪選手団報告書公表】(再チャレンジ日記〜道一筋)は「短期戦なのに不調の選手を使い続けてかえって結果を悪くした采配」「エースはダルビッシュと言いながらほとんど敗戦処理で全くエースとして扱わないなど言動不一致による選手の士気低下」などの敗因を具体的に挙げます。その上で「そしてこの星野の話で不思議に思うのは、『選手の国際試合の経験の少なさ』の個所です」とし、実は選手側は国際経験が結構豊富だと国際戦歴を一覧にしています。

 「とても残念なオリンピック・野球の敗因分析」(トラのホシ)は「一番は監督・コーチ陣の国際経験と国際感覚のなさ、もちろん日本オリンピック委員会の野球担当の方たちも含めてですが、足りなかったからと言えるのではないでしょうか」「星野さん一人がどうこうということではなく、野球とベースボールは違うなんて言っていないで、本当に国際化しないといけないのは、野球をやっている人と見ている人の意識の問題でしょうか」と総括しています。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
勝手に オリンピック 面白い!
2008年11月30日 16時です。おかだだれだです。今年はオリンピックあったねー。オンリーピックってのもあったねー。どちらもいまいち。おかだは ↓ の方が面白いとおもいます。===================デジタルライフ・エブリディShopはこちら!===
  • Digital Life Everyday :デジタルライフ・エブリデイ
  • 2008/12/01 1:40 AM
  •