<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< ホームレス・ブロガーからの休筆通知 | main | ベルリン・フィル定期演奏会がネット中継に >>

医師不足問題での麻生首相発言は致命的

 麻生首相が19日の全国知事会議で、医師には「はっきり言って社会的常識がかなり欠落している人が多い」「(医師不足が)これだけ激しくなってくれば、責任はお宅らの話ではないですかと、お医者さんの。しかも『医者の数を減らせ減らせ、多すぎる』と言ったのはどなたでした、という話を党としても激しく申しあげた記憶がある」と述べた「事件」を、各メディアが一斉に流しています。こういう認識だったのかと、まず唖然です。もしこういう認識を持っていたにせよ、社会問題化して、こじれている重要問題で、全く無意味に医師側を刺激するとは、首相として資格無しと断罪されるでしょう。医師の政治団体がそう言ったこともあるでしょうが、医師数抑制を計画し、主導してきたのは政府・厚生労働省である点は誰の目にも明らかです。

 会議後に「まともなお医者さんが不快な思いしたっていうんであれば、申し訳ありません」と謝罪したそうですが、これも見当違いの謝り方です。国民が安心できる医療体制を整備し、提供する責任が自分にあることをまず明らかにして、それが出来ていないことを謝罪すべきなのです。

 これでは医師ブログの多くで「もう話にならない。逃散だ」との声が上がるのではないかと予想できます。いち早く取り上げている《「やぶ医師のつぶやき」〜健康、病気なし、医者いらずを目指して》の「社会的常識欠けた医者多い?」は「多分、『社会的常識欠けた医者多い』なんて事を言っている病院のトップがいれば、そんな病院には医者はいきません。そっちの方が、はるかに問題がありますからね」とジャブを返し「自民党の政策のせいで医療崩壊が進んだにも関わらず、自分たちの事は棚に上げて、人のせいにするだけ。という態度には、かなり問題があると思います」と、まだ穏当な表現に止まっていますが……。明日からの「Japan Blogs Net 社会・医療」を注目しましょう。

【追補】この舌禍事件で内田樹さんが「いいまつがい」で卓見を提示されています。麻生首相の舌禍・行動パターンを分析すると未知の「危機的状況」は乗り越えることが出来ず、政治家に求められる「荒海を進む船の船長のような資質」は持たないのだと。


コメント
麻生首相は反感を買う発言をよくする。これは、性格からくるものだから、反省しても変わらない。
麻生太郎首相は致命的に医師不足の問題はとても参考になる興味深い情報だという。いつか、医師や政治指導者はとてもインナーです。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
社会的常識欠けた医者多い?
二階産経大臣の「医者のモラル」発言に続いて。今度は麻生太郎首相が「社会的常識欠けた医者多い」という暴言を吐かれたようですね。yahooのトップニュースにも早速出ていましたよ。」応援もよろしくね!&ra...
  • 「やぶ医師のつぶやき」〜健康、病気なし、医者いらずを目指して
  • 2008/11/22 11:11 PM
  •  
麻生首相問題発言続出:医師の社会常識欠落、特定財源の交付税化 もう尊敬しちゃう
うーん、これは「ゲーム脳」というか 「マンガ脳」というべきですね。  頭の中には文字が入って いないんだと思います。  麻生首相は若者と同じ レベルといいたいのか? それは若者をバカにしていますよ。 自民:首相批判が噴出
  • 自分なりの判断のご紹介
  • 2008/11/23 2:19 PM
  •