<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 2008年10月のエントリー一覧 | main | ブログ記事数グラフで見る米大統領選 >>

効かない利下げ、やむなし利下げ

 米FRBが政策金利を0.5%下げて1%にしたのに続いて、日銀も0.2%下げて0.3%までの利下げに踏み切りました。このところの猛然たる円高の要因は、世界各国の協調利下げに日本だけが乗らないためとも言われていました。そして、利下げしても米国の市場も、日本の市場も「もう盛り込み済み」と反応しません。むしろ株価は悪く振れかけました。ともあれ、米国が1%まで下げて、日本が依然として0.5%のままでは円高傾向にドライブがかかるのは明らかでした。「やむなし利下げ」です。

 ブログの声も評価するところは少ないと思えます。ここでは、麻生首相の景気対策発表と「消費税増税」発言とにからめた主張をふたつ紹介します。

 「日銀の利下げと麻生首相の態度」は日銀と政府の考えていることが解らないと指摘します。「『経済政策に力を入れる、解散はその後』そう一貫してきた麻生氏ですが、今のところ目ぼしい実績は皆無です」「今は金融危機。即効性と機動性のある政策を打ち出せなければ、これは誤魔化されているようにしか見えないのです。いっそ、解散しても良いのではないでしょうか」「例え条件付の未来の話だとしても、『増税』というフレーズ自体がタブーである事が解らないのでしょうか。決まり文句のように経済政策優先を主張していた麻生氏なのに、これにはあまりにもガッカリです」

 「日銀、7年ぶりの利下げも株価下落〜麻生首相の『消費税アップ』発言も悪影響?」はこうです。「この利下げ、早速株価に好影響を与えるか、と思いきや、株価はまたもや9000円を割り込みました」「先日の麻生太郎首相が発表した経済政策。確かに、いろいろアメを用意しましたが、どう考えても、ムチが効き過ぎました」。消費税アップというムチに「投資家はもちろん、メディア、国民もアメよりムチに大きく反応しました」と観測しています。

カスタム検索・・・dandoweb.com内の検索を


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
医療経済
医療経済
  • 医療経済
  • 2009/07/19 9:12 AM
  •