<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< オーマイニュース終幕:市民メディアは無用か | main | 民間健保への国財政の寄生、限界を超す >>

福島判決:医療界の安堵と患者側の不信

 福島県立大野病院・帝王切開死での20日福島地裁判決を巡って、ブログに様々な声が飛び交っています。産科医無罪の判決そのものは論理的に妥当なものでしょう。「ある産婦人科医のひとりごと」の「大野病院事件 産婦人科医 加藤克彦被告に無罪判決 (詳細)」が「もしも、今回の裁判で有罪の判決だった場合は、『癒着胎盤を少しでも疑ったら、何でもかんでも、直ちに子宮摘出を行わねばならない!』という判例となってしまうところで、産科臨床の実際とはとんでもなくかけ離れた判決になるところでした」と指摘している通りです。非常に稀な症例を心配して、数多く子宮摘出してしまう恐ろしいことになる恐れ大でした。もちろん、摘出してしまえば、もう子どもは産めません。

 今回のメディア報道で気になったのは、亡くなった妊婦の父親の不信感の強さです。当初はメディアが強調しすぎかとも思ったのですが、どうも本気のようです。「大野病院でなければ、亡くさずにすんだ命」という言葉が読売にも産経にも出ています。父親は大病院に移されていたならば助かったと信じ、移すよう助言する助産師らがいたのに産科医が耳を貸さなかった点に不審を感じ、裁判にその解明を求めていたようです。

 例によって1面から社会面まで展開されている新聞記事のほんの一部しか、ネットに提供されていません。ネットに出ない中で朝日の朝刊2面「時時刻刻」にある症例記事は注目ものでした。2006年11月、都内の大学病院で癒着胎盤と診断された20代の女性が、大量出血を避けるために帝王切開から、直ちに子宮摘出手術に移ったのに出血死してしまいました。今回の裁判で検察側が求めた通りに処置した例です。この病院は最もレベルが高い総合周産期母子医療センターだったのですから、福島のケースも大学病院に移っていても必ずしも助かっていなかったことを暗示します。それにしても何年も経つのに、病院側が遺族を納得させる説明が出来ていないことが残念でなりません。

 このあたりの問題と背景について「法医学者の悩み事」の「大野病院事件無罪判決」はこう分析しています。「遺族は、かなり辛いだろう。しかし、遺族の心のケアが、刑事裁判でされるものではないというのは、この事件でよくわかる。背景には、刑事手続で得られた情報が、全く非開示となり、裁判でしか出てこないという日本独特のあしき風潮がある」「情報開示がないので、示談もとまってしまう。問題の本質は、そうした日本の刑事手続き上の秘密主義を改善しない限り、改善しないだろう。事故調を作るとしても、それと並行してそうした部分の改革は必要なはずだ」

 今回の判決は検察側完敗の形ではありますが、論理構成まで否定はしていません。むしろ、大枠では検察の考え方を認めています。足りなかったのは、この産科医が取った行動を否定するだけの学問的な裏付け、あるいは専門家による証言です。産婦人科の学会をあげて被告の産科医に肩入れする中で、検察側は適切な証人を見つけるのに苦労する有り様でした。こうなるとは予想外だったと漏らす検察幹部もいるようですが、潰されたメンツにかけて控訴して戦う可能性もかなりあると思えます。

 いずれにせよ、ひとつの判決が大きな解決策になるはずもなく、影響は限定的でしょう。関係者の合意形成で制度を急いで直さなければならないのに、あっちの分野もこっちの分野も進まないのが日本の現状です。


コメント
この小論は感情論に終始しているように思えます。
何が問題なのか、もう少し整理すべきではないでしょうか。
たとえば、遺族への説明が十分になされたとしても本当に遺族が納得するのか疑問です。思いつきだけではなく、さらに考察を行うべきではないでしょうか。
  • 花のヤン
  • 2008/08/22 3:25 AM
  •  
たとえるなら、濁流が来ると予想されていた中、川の中州でキャンプして
結果帰れなくなったのを救助隊が助けられなかった。
コレを救助隊が過失致死で逮捕されたのにかなり近い。

医療不信だのと絡み総じて論ずるのは、良くマスゴミがやる論点ずらしの常套手段なので
まねしない方がいいよ。それが格好いいと思ってたら、それBlog主だけだから。
  • 読解力国語力のない人間は文章を書いてはいけない。
  • 2008/08/22 7:15 AM
  •  
>足りなかったのは、この産科医が取った行動を否定するだけの学問的な裏付け、あるいは専門家による証言です。

学問的にこの産科医の行動を否定できる可能性が乏しいために、そのような証人が見つからないだけなのではないでしょうか。今回の判決が学問的に誤っているとお考えなのですか。
  • afcp
  • 2008/08/22 7:43 AM
  •  
>適切な証人を見つけるのに苦労

苦労というか、誰もいなかったんですよ。協力したのは専門外の先生。
それだけ検察の立てた筋書きに無理があったということです。

>潰されたメンツにかけて控訴して戦う可能性もかなりあると思えます。
メンツに拘りすぎると腐るということは、そろそろ自覚すべきですよね、警察は。
  • pope
  • 2008/08/22 8:32 AM
  •  
<いずれにせよ、ひとつの判決が大きな解決策になるはずもなく、影響は限定的でしょう。>

自分の意のままにならない判決が出たら、影響は限定的なんですね。
  • 開業やぶ医
  • 2008/08/22 11:33 AM
  •  
>大枠では検察の考え方を認めて
当然です。
過失で人を死なせれば罪になることは法律上動かしようがありません。
(本件では「業務上」も付いているでしょうが争いになっていなさそうですので割愛します。)
そして過失とは,結果を回避するための措置をとる義務(注意義務)があるのにその義務を果たさなかったこと(注意義務違反)で認められるというのも法解釈学上動かしがたい考えです。(大雑把なまとめですが)
また,医療行為における注意義務の判断基準についても数多くの判例,裁判例があります。
こんな大枠を否定しようがありません。

検察と弁護側の争点は,胎盤癒着があったときにまずは剥離を試みることが医師としての注意義務に反したといえるか。
そしてその主戦場で検察は負けました。

検察の主張のうち,論理構成を否定されていないのは,上記のような当然で荒そう価値すらないような部分ではないですか?
それでは「大枠を認めた」という評価にはつながらないと思います。

なお,引用ですが文脈上あなたも見解を同じくするようですので述べますが,
>遺族の心のケアが、刑事裁判でされるものではない
というのも当然です。本来刑事裁判というのはそういう目的を持たないものです。最近は少しずつ被害者に配慮しようという動きがありますが,あくまでも副次的目的にとどまるでしょう。
  • 2008/08/22 2:04 PM
  •  
>移すよう助言する助産師
これは、他院の前置胎盤症例で出血量が多いcaseを聞いたので助産師が不安になって提言しただけで、この病院で技術的にできないという医学的な面からの助言ではなかったことが公判で明らかになっています。
  • hama
  • 2008/08/23 10:23 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
福島 大野病院 判決のネタ
福島県立大野病院事件J-CASTニュース「メディアが『医療崩壊』を招いた」との指...
  • ネタさがそ
  • 2008/08/22 2:36 PM
  •  
大野病院 wikiのウラのウラ
大野病院 医療事件 判決に被告は安堵全国の医療関係者が注目した「大野病院事件」で...
  • 芸能界のウラ
  • 2008/08/22 3:27 PM
  •  
専門家の責任と期待のインフレーションについて
2008年8月20日に福島地裁が言い渡した、いわゆる大野病院事件の判決に関連し...
  • 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】
  • 2008/08/27 10:38 AM
  •  
医者=犯罪者予備軍
■「医療の限界」による落命が「殺人」と呼ばれるのなら 被告人【殺人医師】 - この事件をあなたはどう裁く? http://blog.goo.ne.jp/freecomment/e/02265662a9086b7b6edb58b27cf9e055 【事件概要】 福島県大熊町の県立大野病院で 平成16年、帝王切開で出産
  • ぷにっと囲碁!なブログ
  • 2008/09/19 2:56 PM
  •  
交通事故示談書注意点
示談書の作り方を知りたい! [ 交通事故 ]
  • 交通事故示談書注意点
  • 2008/09/26 9:47 PM
  •