<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< うどんのコシは素人でも自由自在 | main | 福島判決:医療界の安堵と患者側の不信 >>

オーマイニュース終幕:市民メディアは無用か

 2年前に「新しい市民参加型メディア」を掲げて出発したオーマイニュースが7月末で20人の社員全員を解雇、9月から企業タイアップ型『Oh! MyLife』として再出発するようです。MyNewsJapanの「オーマイニュース、全社員に解雇通告『ニュース』の看板降ろす」が15日に詳しく伝え、ネット上ひと騒ぎになりました。やはり市民記者系のパブリックジャーナリストを掲げたライブドアPJも、2ちゃんねるウオッチャーが中身に呆れ見捨てる中、細々と続いている状況です。オーマイについてなら本家韓国でも以下のアクセス量グラフのように衰退しているので、あの韓国モデルも狂い咲きに近かったのです。


 前後して「ネット報道の質向上へ、『インターネット報道協会』設立」も報じられて、ジェイ・キャスト、オーマイニュース、市民記者系のJANJAN(日本インターネット新聞)など5社が横の連携を強化する方向に動き出します。「ネットを使った記者会見の開催」あたりが目を引きます。既成メディアの枠組に食い込めないミディメディアが、経営の論理で連合する様相でしょうか。

 オーマイニュースの理念を一度は信じたという「●オーマイニュースはなるようになったのか」は17日に新たにアナウンスされた原稿料「・スーパー市民記者:一律300円 ・市民記者:一律100円」設定に怒りの気持ちを隠していません。「はっきり言って、これでもなおガイドラインに沿った商品宣伝記事をわざわざ投稿する人は、俗に言う『アフィリエイト乞食』『ポイント乞食』どころではない」「『お人よし』を超えた『スーパーお人よし』としてウェブ上で『認定』され、末永く語り継がれてしまうことになりかねないのではないか」

 私は2年前にオーマイニュース開設早々でその限界を見極めました。しばらくして「大型市民記者メディアは無理と決した [ブログ時評65]」を書きました。ところが、末尾部分で「メディア各社は最近、ブログなどで読者、視聴者の声を聞く態勢を整えつつある。現状は読者サービス的な色彩が強いが、メディア水準を超えた市民の『知のピーク』を取り入れるべく、市民社会と対話する方向に自覚して進む時が来たと感じる。マスメディアが自分でしなければならないと、オーマイニュースの挫折は教えている」と論じたのに、予期したように進んでいません。マスメディアは相変わらず企業防衛に傾き、市民の声を取り入れて余計な火の粉はごめんだ、という姿勢です。毎日新聞のようにネット市民と激突する事態すら起きています。

 市民側の声はメディアとしてまとめて発信しなくとも、これだけ多数のブログやウェブがあるのですから日々に流れています。ところが、国内のブログには米国にある「保守」「リベラル」のような「ハブ」が出来ないのです。郵政解散総選挙の時には出来かけたのですが、争点だった郵政民営化のお粗末な実態が明らかになり、左右とも一気に白けてしまいました。だから、個人ごとに好きな場所をいくつか見つけて、そこを足がかりに有用な情報を探すことになります。勢い、盛り上がっているようでいて、散発的に騒ぎが起きているだけという様相になります。

 本当にこれで良いのかが問題です。私は、ブログ「ハブ」機能も持ちつつ、何のために書くのか、ジャーナリズムの意味を勉強し直して、取材や情報収集の訓練も積んだ次世代・市民メディアが生まれても良いと思い始めています。何も企業体である必要もなく、初めは小さなブログ連合体でも良いでしょう。かなり本格的なサーバーをポケットマネーで維持できる時代なのですから。


コメント
MNJの投稿記事への謝礼金は、逆に以前よりも上がって現在は4万円以上だと書かれていますね。
もしよろしければ、MNJに参加して記者や読者になられては如何ですか?
  • MNJ読者
  • 2008/08/19 7:57 PM
  •  
謝礼金に関しては、記事数が増えれば逆に下がるでしょうので、今はかなり高水準にあることは間違いないと思います。
  • 補足
  • 2008/08/19 7:58 PM
  •  
プロフィールをご覧になりましたか。現役の新聞記者には不可能なことですが。
  • dando
  • 2008/08/20 2:22 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
読売側vs押し紙問題追求ジャーナリストの裁判、9/1傍聴
(画像は新聞販売弁護団作成の押し紙問題を告知するパンフレット) 読売新聞西部本社の江崎撤志氏が、新聞業界の押し紙問題を報道しているジャーナリスト・黒薮哲哉氏を権利侵害の差止めを理由に訴えている裁判(読売「催告書」裁判)の第3回口頭弁論が、9月1日
  • SLAPP WATCH
  • 2008/09/04 5:32 PM
  •