<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 北京五輪と暑い夏、冷ややかに過ごせ | main | オーマイニュース終幕:市民メディアは無用か >>

うどんのコシは素人でも自由自在

 エキサイトのニュースをたまたま見て「うどんはなぜ『冷凍』が美味いのか」が目に付きました。自分で茹でるうどんは乾麺でも生麺でもやわらかくなってしまうが、冷凍うどんはコシがあって良いとの疑問から出発しています。トラックバックもたくさん来ていますが、元記事筆者を含めどれも、うどん、麺類の科学がお判りでない方ばかりです。

 遠い昔に科学面記事にしたので、現在では記事データベースにも収録されていませんが、うどんのコシは顕微鏡で観察可能です。茹で上がったうどんを素早く切断して瞬間冷凍します。手打ちうどんの店で、うどん生地を何度も伸ばしては畳み、あるいは足で踏んでいるのをご覧になっているでしょう。小麦粉にはグルテンというタンパク質がたくさん含まれており、デンプンの部分と折り重なって複雑な組織を形成します。

 デンプンは茹でる前は全て硬いベータの状態ですが、茹でることで消化がよいアルファ状態に変わります。断面の観察でデンプン粒の何割がアルファ化していれば、どれくらいのコシがあるか判断できるのです。グルテンとデンプンによる組織をどれくらい複雑に造るかで、味わいは変わります。極端なケースとして、全く組織を造らず、ところてんのようにお湯の中に1本で押し出してしまえば全部アルファ化した、ぼわっとした麺になります。手延べ素麺の場合は、時間を掛けて伸ばしていくことでグルテン組織が縦に通っていくそうです。

 食す上で大事なことは、良い組織が出来上がっている麺は一度、アルファ化した部分でも氷水で必要なだけ締めてベータに戻せるのです。茹ですぎたと慌てて食べることなく、ボールに氷水を入れて麺を締め直しましょう。どれだけ締めるかは、つまみ食いしながら判断してください。もし氷水に入れっぱなしにすれば、食べられないくらい硬く出来ます。そうです。素人でも自由自在なのです。

 冒頭の記事は「残念ながら、『冷凍うどん』が乾麺よりも生麺よりも美味しいのは、製法も茹で方も研究されたうえで、『すでに完成された状態』をつくってくれているから」「乾麺や生麺は、美味しさを『茹で方』に委ねられる部分が多く、自分で台無しにしちゃってるようです」とギブアップしていますが、とんでもないことです。冷凍うどんより遙かに美味い麺を我が家は何十年も食べています。大量の氷が使えなかった昔は、経験から得た予定調和で早めに火を止め、水にさらすのが腕でしたが、氷が豊富な今では何の心配もありません。

 この暑さです。冷えて、きりきりした素麺、冷や麦、冷やしうどんは素敵ですよ。


コメント
糊化と老化は水と氷のような状態変化ではないので
元に戻すことは不可能だと思うのですが…
なので冷やすことで"いくらでも"戻すことが出来るというのは考えにくい話です
こういうことを書くとそれは"良い組織"の麺ではないからだと反論されそうですが
  • 2008/08/14 4:43 PM
  •  
ご自分で試されたら、直ぐに納得されますよ。「●蓮根餅のこと、もしくは脳細胞の求めるものについて」
http://www.kitcho.com/syokucom/column/column_009.htm
では「アルファ化されたデンプンは温度が下がり時間が経過するにしたがって徐々に元のベータ型に戻っていってしまう。だから、デンプンをどの程度、どういうタイミングでアルファ化して、サーブするか、というところこそが、料理の本当の腕の見せ所になる」とされていらっしゃいます。

  • dando
  • 2008/08/14 5:34 PM
  •  
干しそうめんを茹で過ぎて腰がなくなることが多いのですが、なるほどそういう方法があったかと早速試してみましたが、残念ながらいくら氷水につけておいても締めなおしできませんでした。うどんはまだ試していません。
冷凍うどんのコシが強いのは、タピオカが入っているためで、それ以外の理由は製造者の宣伝だという説もあるようです。
  • gon
  • 2008/08/21 9:43 AM
  •  
その素麺は手延べではないのでは。安い機械めんは組織が出来ておらず、どう茹でても駄目ですよ。以下も参照。
http://www.alpha-f.com/s/koutei/difference.htm
  • dando
  • 2008/08/21 12:40 PM
  •  
ご指摘の通り、機械めんでした。やっぱり、安いものは駄目なんですねえ。
  • gon
  • 2008/08/21 1:34 PM
  •  
干し素麺は、以下の方法で強いコシが蘇ります。
(1)たっぷりの熱湯に素麺を入れる。湯温が少し下がる。
(2)再び湯が沸き立ってきたら、適量の水を差して、湯温をまた下げる。
   これを「鉄砲水」という。
(3)(2)の水が適量ならば、素麺を入れてから2分30秒ほどで
   三たび湯が沸騰するはず。
   このタイミングで氷で急冷すると、絶妙の強いコシに。


  • Jo
  • 2012/04/30 5:14 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック