<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 秋葉原事件の衝撃度を測るブログ記事グラフ | main | 厚労相の率直、医師ブログの可笑しさ >>

急浮上!たばこ1箱1000円を実現させよ

 与野党にまたがって、たばこ税の大幅引き上げを求める動きが急浮上しています。6月6日の日経朝刊で最初に「1箱1000円」を見た後、各メディアを打ち上げ花火のように賑わせています。有力銘柄が1箱千円を超えている英国、500円は超えて800円前後にあるフランス、ドイツの現状に照らして、300円程度の日本は見直すべきとの主張です。仮に1000円になっても禁煙する人がいなければ、現在、2兆2000億円程度のたばこ税が8兆円も上積みされる、深刻な財政難時代に美味しい話です。

 当然ながら、そこまで値上がりすれば禁煙する人が増えます。1年前に「ニコチン依存度別に見た喫煙・禁煙の行動経済学的研究」で1000円になれば9割が禁煙するだろうと発表している京大の依田高典教授が16日、メディアの求めに応じた新しい推計を発表しています。「たばこ1000円の経済学−税収の大幅な増加には疑問−」がそれです。

 とってもホットな文書から紹介すると、禁煙しようと思う人の割合は500円なら40%、1000円なら97%。個人がどのような行動をするか判然としないものの、結論から言うと、500円なら禁煙率は余り増えず、税収は単純計算した1.5兆円増加の方向に寄っていく。しかし、1000円ならほとんどの人が禁煙してしまい、税収は最大1.9兆円減になるのではあるまいか、という見立てです。

 しかし、たばこ価格と禁煙率の関係を推定している研究者はほかにもいます。「タバコ価格550円への値上げで,現在喫煙者の約50%が禁煙する可能性が高い」をネット検索で見つけました。星城大学リハビリテーション学部・長崎大学医学部保健学科などの研究です。こちらの推定禁煙率は価格が1000円以上に上がっても80%程度で頭打ちになってしまいます。これなら1000円でも税収は増えます。

 朝日新聞に少し前に「40歳時点で喫煙・余命は4年短く 30万人調査で判明」との記事が出ています。これを紹介するブログ「タバコ吸い 余命縮めて 税払い」は前々回のたばこ税値上げの際に禁煙した経緯を書いています。「禁煙を決意したきっかけは タバコの増税です。国鉄の債務はまだ○○兆円くらい残っていて、予定より債務の返済が進まないということでタバコを25円値上げして、それを債務の返済原資にすることが決定されました。”何で喫煙者だけが国鉄の債務を負担しなくてはいけないのだ!!!”という怒りが禁煙を決意したきっかけです」

 第71回「新・たばこをめぐる日米の落差」で「『我が国たばこ産業の健全な発展を図り、もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とするとを目的とする』と謳う『たばこ事業法』の国では、手も足もでないのだろうか」と書いた通り、税収減、つまりたばこ産業の壊滅を伴う政策変更は許されない日本国なのですが、もういい加減にしましょう。先日の第159回「メタボリックS健診は男性短命化政策」でも、はっきり書いています。全死亡に対する各リスク因子の寄与率で、男性では喫煙が24%を占めるのです。多少の税収減に見合う以上に病気は減り、税金が投入されている国民医療費は大きく減るはずです。

6/23追補=コメント欄に加えた医療費問題について手近なデータをこちらにも。
「医療費分析による保健医療の効率評価に関する実証研究」は「国民健康保険加入者約5万人を9年間追跡した結果、その集団の総医療費の13.4%が喫煙・肥満・運動不足という3つの基本的なリスクによることが示唆された。これを平成15年度の国民医療費は31兆5,375億円に当てはめると、これら健康リスクにより4兆2,260億円の過剰医療費が生じていることになる」と示しています。
 喫煙だけに限ると、「喫煙による過剰医療費割合(表1)は、男性で大きく、医療費の7.4%が喫煙によるものであった。女性の喫煙による過剰医療費割合は1.2%と、小さかった」と分析しています。

9/17続編「たばこ1箱1000円でも税収大幅増の結論」


コメント
今日の朝の情報番組で言ってました。タバコを1000円にして仮に禁煙者がいない場合に増税となる金額は、消費税4%増税分にあたるそうです。
私が禁煙したのは5年前ですが、増税ではなく、好きな鉄道の旅がしづらくなったことですが・・
消費税の代わりになるというのは全くの妄想ですから、気になさらないように。
確かに喫煙派の居場所はなくなっていますね。でも、副流煙の方がフィルターを付けて吸う主流煙よりも危険で迷惑なのですから仕方がないですよ。
  • dando
  • 2008/06/18 11:37 PM
  •  
実際には それ程は減らないと思う。タバコ依存はかなりのものらしいから…
  • 西村友佑
  • 2008/06/19 5:24 PM
  •  
マスコミこそがニコチン依存(記者個人としても、会社法人としてもJTからの広告依存)で、たばこの害についてきちんと報道していないくせに、何を言っているのですか。
医療問題と同じく裸の王様は誰ですか。
値上げをすることで喫煙者は減り、差し引きで税収は変わらなくても、受動喫煙被害による損害、喫煙者本人の損害、主に医療費が減ることについてきちんと報道をしないのはなぜですか。
 本当に、悪いと思うなら、マスコミお得意のネガティブキャンペーンをすればいいのに、広告費もらっているから、タバコは悪いと少し言って終り、ダブルスタンダード極まりと思います。
私は禁煙賛成派なのですが、「国民医療費が減る」というのはおそらく期待はずれに終わる可能性があります。
喫煙者の減少は、長生き効果から、長期的には医療費を上げるという実証研究が数編でているそうです。

私自身は、医療費の削減を期待して禁煙をすすめるのではなく、たとえ医療費がふえたとしても禁煙はすすめるべきだと考えます。
  • レオン
  • 2008/06/22 9:25 PM
  •  
医療費問題について手近なデータを書いておきます。「医療費分析による保健医療の効率評価に関する実証研究」
http://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/report_sub/h18s_tsuji.pdf
は「国民健康保険加入者約5万人を9年間追跡した結果、その集団の総医療費の13.4%が喫煙・肥満・運動不足という3つの基本的なリスクによることが示唆された。これを平成15年度の国民医療費は31兆5,375億円に当てはめると、これら健康リスクにより4兆2,260億円の過剰医療費が生じていることになる」と示しています。喫煙だけに限ると、「喫煙による過剰医療費割合(表1)は、男性で大きく、医療費の7.4%が喫煙によるものであった。女性の喫煙による過剰医療費割合は1.2%と、小さかった」と分析しています。


  • dando
  • 2008/06/23 10:27 PM
  •  
現状の医療費分析と、それを改善することによる削減効果と思います。
短期にはその通りになるかもしれませんが、長期には逆になるかもというのは下記を参照してみてください。

二木立先生のニューズレター(2005年9号)内で以下のようにコメントされています。
http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20050501-niki-no009.html
「厚生労働省の対案は机上の空論

厚生労働省提出資料は、医療費の伸び率管理制度への対案として、「生活習慣病対策の推進」と「平均在院日数の短縮」をあげ、それにより、2025年度には合計7.7兆円(医療費ベースで11%)の医療費抑制効果が期待できるとの「粗い試算」も示しています。しかし、これは典型的な机上の空論です。
  まず、生活習慣病対策によるマクロかつ持続的な医療費抑制効果はまだ証明されていません。しかも、仮に生活習慣病対策に持続的余命延長効果がある場合には、やや逆説的ですが、長期的には累積医療費は逆に増加する可能性が高いのです。

この点については、禁煙と医療費との関係をシミュレートしたアメリカの研究が参考になります。それによると、禁煙プログラムの実施により、喫煙を止めた人々の疾病が減少するため、医療費は短期的には減少しますが、長期的には彼らの余命の延長(加齢)に伴う疾病の増加により医療費も増加するために、禁煙プログラム開始15年後以降は、累積医療費は増加に転じるという結果が得られています(Barendregt JJ, et al:The health care costs of smoking. NEJM 337:1052-1057,1997)。」
  • レオン
  • 2008/06/24 10:47 AM
  •  
はじめまして。
ロス在住の日本人です。
ロスに限らずですがアメリカでは公共の場所はモチロン、どこへいっても禁煙が当たり前で、カリフォルニアは、ほぼ全域で禁煙です。
仕事の都合で、たまに日本に帰ってきますが、どこへ行ってもタバコで悩まされ、とても不快な思いをします。
特に歩きタバコ・・・実に危険極まりない。
どうして政府や多くの自治体は規制しないのか?
自分の子供が失明しないとわからないのか?
または耳の鼓膜が焦げないとわからないのか?
私は日本に帰ってくるたび、喉、鼻、眼に多大な影響を受けます。
悲しいことですが、生まれ育った日本に来るたび、不調になります。
ロスに帰れば治りますから一刻でも早く日本から出たい・・・そんな気持ちになるのが悲しいです。
しかも、タバコが安い。
安すぎます。
  • ヒロ
  • 2008/07/08 8:16 PM
  •  
日本たばこ産業社長の木村宏は、次のように述べている。
「千円なんてとんでもない。消費者は価格に非常に敏感になっている。増税で税収を増やすというもくろみだろうが、たばこ離れが進み、逆に税収減になる可能性もある。」
吸殻のポイ捨てを毎日清掃し、喫煙者に嫌悪感を抱いている者には、たばこ離れは有難い。
  • 東西南北
  • 2008/09/08 9:34 AM
  •  
たばこの増税は認めてはいけない
8/17に厚生労働省研究班が発表した推計によると、1箱千円にすると喫煙率は44%に減るが、それでも年間1.3兆円の税収増になるという。
  • 喫煙は迷惑行為
  • 2008/09/18 5:43 PM
  •  
たばこは大嫌いだ。迷惑至極だ。しかし、喫煙者はなかなか遠慮してくれない。喫煙率を減らすには値上げが一番効果がある。税収が減ってもいい。そのために消費税率を上げることになってもいい。
  • ken
  • 2008/10/14 7:34 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
FXをはじめる前に
FXをはじめる前に知っておいたほうがいい知識を紹介します。
  • FXをはじめる前に
  • 2008/06/19 11:19 AM
  •  
たばこ千円で自殺者数更に激増か
自殺者10年連続で3万人超…昨年は過去2番目(産経) 昨年1年間の全国の自殺者数は前年比2.9%増の3万3093人で、10年連続で3万人を超えたことが19日、警察庁のまとめで分かった。過去最悪だった平成15年に次いで2番目の多さだった。総数の約18%に当たる6060人は「鬱病」が原
  • 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
  • 2008/06/19 4:09 PM
  •  
色んな意見や感想など
賛否両論!あなたは賛成?それとも反対?
  • たばこ税1000円!?あなたはどう思いますか?
  • 2008/07/10 3:43 PM
  •  
たばこ税について
国の税収増や健康被害防止を理由に、たばこ税の値上げがささやかれています。実現すれば...
  • 日本のたばこ税は増税されるのか。
  • 2008/08/29 9:42 AM
  •  
喫煙の害について
 煙草を吸う女  ドイツでは  総統も吸わない。  諸君も吸わない。だから勝利し
  • 翻訳blog
  • 2008/10/16 6:35 PM
  •