<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 大リーグから野茂が帰って来る!! | main | 9.11WTCビル崩壊の科学的検証CG >>

連続2巨大災害に見るブログの反応

 ミャンマーと中国四川省周辺、すぐ近くで途轍もない大災害が連続して起こりました。サイクロンによるミャンマーの災害規模は13日に軍事政権側が「死者は3万1938人、行方不明2万9770人」と伝え、国連が最大で10万人と見積もっています。中国の被害はまだ全体を把握する段階ではないと言うべきですが、死者1万4千人、行方不明(生き埋め)2万5千人とおいう数字が流れ始めました。この数字は大幅更新が必至で、24万人の死者を出した唐山大地震を想起させます。

 四川省の大被害のためにミャンマーが霞んでしまったと思われるかも知れませんが、実際は違います。テクノラティのブログ記事頻度グラフで「ミャンマー サイクロン」(上)と「四川省 地震」(下)を作って並べてみます。


 軍事政権の独善的規制で情報公開が遅れるうらみがあってミャンマーへの関心はいまひとつでしたが、中国地震に引っ張られて盛り上がっていることが読みとれます。それにしても、どちらの国も緊急時に人的支援を受け入れない頑なさは相当なものです。中国ではもう、埋もれた被災者の命の火が消えかかる時が来ようとしています。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック