<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 地上デジタル普及遅れ消費者軽視を連発 | main | 2008年4月のエントリー一覧 >>

後期高齢者の保険料はむしろ上がる?!

 衆院山口2区補選は、民主党候補が予想以上の差をつけて与党側を破ってしまいました。与党の敗因分析は「後期高齢者医療制度の不評が大きかった」というものです。彼らなりに世論調査をしていますから、本当なのでしょう。「後期高齢者の保険料は7、8割の人で下がる」との政府説明を知っていると、選挙の投票行動で「負担が下がった」人が批判票を投じるとは、とても不思議です。大きく負担が上がる人には激変緩和措置があり、4月には見えないと説明されました。

 ネット上の投票分析「タケルンバの衆院山口2区補選分析 - 福田政権は長くない」が同選挙区で、岩国市などに合併されずに残った郡部5町の票を過去3回の衆院選で比較しています。当然、自民党が強くなければならない保守地盤です。

    03票数 05票数 08票数 03シェア 05シェア 08シェア
 自民 19,468 20,025 18,814  53.1%  54.7%  49.9%
 民主 17,179 16,567 18,888  46.9%  45.3%  50.1%

がその結果です。風が吹いた郵政民営化解散の05年以前から自民党地盤なのに一気にひっくり返されたようです。ただし前回まで候補者を立てていた共産党が今回は不在です。05年には5町で2000票足らずを得ていて、共産票の行方で説明できる部分もありそうですが、やはり別のファクターも効いている感じです。

 先日のエントリーでも紹介した「後期高齢者医療保険制度」に怒ってください!」シリーズの《番外編「大方の高齢者の保険料は安くなった?」福田首相は嘘つきだ!》が国民健康保険料の計算方法が公開されている各地の自治体で保険料がどう変わったか、シミュレーションしています。国保料は所得のほか資産保有も算定根拠にしているので持ち家の有無、副収入などで20のパターンを作り、それで新しい後期高齢者保険料と比較する労作です。

 試算結果は、持ち家の有無に関わらず、本人年金250万円・配偶者70万円クラスの中堅層が軒並み負担増になってしまうそうです。逆に国保時代の「資産割」がなくなるので富裕層には比較的、恩恵が出ます。このシリーズは6回まで来ていて、4月15日の年金で天引きされなかった場合に来月以降別途、保険料納付書が送られ、その額に驚く人が続出する恐れも指摘しています。「制度そのものは良いが、説明が足りなかった」とする福田首相の態度には、選挙の結果でも、ブログ試算でも疑問ありです。


コメント
 しかし、 負担と給付のバランスをどこに取るのかが最大の問題であって、負担の高低だけで制度の善悪を語っても仕方ないと思いますけど。
 なんなら、いっそのこと、保険制度を無くしてしまえば、保険料負担はゼロになります。代わりに、個々人の医療費負担は増えるでしょうがw。

 今の高齢者が、自分たちが現役世代の時に、政治家、官僚の暴走をチェックしてこなかったツケを自分で払っているだけのことだと思います。それなのに、逆切れして、今の若い世代に負担を押しつけようとしている。
  • 名無し
  • 2008/05/02 2:38 PM
  •  
言われていることはよく判りますよ。それに即して言えば、今回も制度改革について厚生労働省は国民に対して十分なデータ提供をしていません。例えば日本医師会などは、厚生労働省の挙げた見通し数字ほどには医療費増大が進んでいないと指摘していますが、「決めたことに従え」と知らん顔です。世代間の反発があるようですが、感情的になるのではなく、維持可能な制度を多くの賛同を得て作り上げなければ明日はないと思います。
  • dando
  • 2008/05/04 12:26 AM
  •  
当ブログをご紹介いただきありがとうございます。この制度の不条理さで、まだまだ書きたいことは山ほどあります。直近では制度の周知を知ってもらうための「テスト編」を掲示しています。ご参考にどうぞ!
「ぜいむしろう」さん、ようこそ。
良い仕事をされていると思いますよ。ネームバリューよりも中身で取り上げていくのが、私のところの流儀です。来週、立命館大の大講義室で授業する機会がありますから、そこでも紹介させていただくつもりです。
  • dando
  • 2008/05/10 6:21 PM
  •  
与党の敗因となるほど後期高齢者医療制度のインパクトが大きい物なら、逆に真実を素直にぶちまければ若者・都市住民は自民党支持に総鞍替えするでしょうに。
「今の老人は若者に負担を強いて、(本来のあり得べき水準からすれば)分不相応な贅沢をしているが、老人をいくら支えた所で、今の若者が老人になる何十年も後まで、今現在の制度が続く事は絶対ありえないのだからぼったくられ損だ」という真実を。
  • X
  • 2008/05/14 1:31 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
保険 相談
保険 相談
  • 保険 相談
  • 2009/07/13 6:59 AM
  •  
郵便局 保険
郵便局 保険
  • 郵便局 保険
  • 2009/07/22 11:23 AM
  •