<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 2008年3月のエントリー一覧 | main | デジカメで出来るハイビジョン撮影の例 >>

値下げ世論完全無視はメディアの自殺行為

 ついに4月1日が来てしまいました。ガソリン税など道路特定財源の暫定税率が失効して値段が一気に下がる事態になったのですが、年明けからの混乱ぶりを眺めていると、与野党の頑迷もさることながら、マスメディアの異常さに呆れ果てます。自ら世論調査で有権者の意向が暫定税率撤廃にあることを何度も確かめながら、どのメディアも税率撤廃はもちろん、一度として税率の低減さえ主張しようとしなかったのです。メディアはだれの味方か。拠って立つのは市民の側なのか、権力の側なのか――非常に深刻な問題が表面化しているのに、各メディアの論説組織は全く気付いていません。これは完全な自殺行為です。

 時期が早い順にネットで参照できる世論調査を列挙しましょう。まず読売世論調査(2月16、17日)では「ガソリン税については、道路整備のために税率を暫定的に上乗せすることを、法律の期限が切れる3月末以降も『続ける方がよい』と答えた人は29%で、『やめる方がよい』が62%に上った」でした。

 毎日新聞世論調査(3月1、2日)では「3月末で期限が切れる揮発油(ガソリン)税の暫定税率を4月以降継続することには、『反対』が66%で、『賛成』の27%を大きく上回った」です。

 JNN世論調査(3月8日、9日)の結果は「国や地方の税収が不足することを重視し税率の上乗せを続けるべき」30%に対して「ガソリンの値段が高くなっていることを重視し税率の上乗せは止めるべき」は67%でした。

 もう失効が決定的になった朝日新聞世論調査(3月29、30日)では「国会で与野党の合意ができなかったことで、ガソリン税が4月から下がることについては、『よいことだ』72%、『よくないことだ』12%」と民意はさらに明らかです。

 世論調査を、新聞などのマスコミは何のために実施するのでしょうか。国民の意思を無視しがちな権力に対して、本当の民意はこうなっていると突きつける効果はもちろんありますが、メディア自身が市民社会と乖離しないよう足下を確かめるために使うのです。そう使わないで、論説委員らの頭の中だけで論じていたのが今回でした。

 一連の騒動が続いている途中、改革派として知られた片山善博・前鳥取県知事(現・慶応大大学院教授)が朝日新聞のインタビューに答えて、落としどころの一つとして「三方一両損」、つまり暫定税率分を減税、道路、一般財源に三分するプランを提起していました。全廃は無理でもこういう知恵こそ必要と感じました。福田首相は全面一般財源化を提唱しましたが、何でも使えるお金にして道路ばかり造られても困るので、道路以外分がはっきりするのは良いことです。

 この時間、福田首相の記者会見を見たブロガーたちが次々に記事を書いています。まれに審議に応じなかった民主党の横暴を非難する人もいますが、ほとんどの方は歓迎のようです。首相は何に対して詫びたのか、かなりお門違いと見られていますよ。

※追補=「田中秀征の一言啓上」特定財源問題〜福田首相の「再議決はしない」の一言を待つが参考になります。


コメント
メディアは世論調査結果に追随するものではない。国、地方自治体及び市民にとって政策はどうあるべきか、高所大局から判断しなければ、単なる愚衆の意見となってしまう。
愚衆政治は民主党のガソリン税値下げ隊に如実に現れている。
  • 竹林
  • 2008/04/04 6:33 PM
  •  
3月末の各紙社説を本当にご覧になっていましたか?混乱回避を名目に民主党にだけ譲歩を迫るのが、「高所大局」ですか。自分の頭で考えることを放棄して右往左往していただけですよ。参考になる記事を追補しますからご覧下さい。
  • dando
  • 2008/04/05 3:34 PM
  •  
・道路は作らなくとも良い=土建しか産業の無い田舎は潰れても良い
・ガソリン価格低下による需要増=京都議定書達成がマスマス困難に

この2点に何の言及もしない田中秀征の記事など、何の参考にもならんでしょう。彼が曲学阿世の輩という事が明確になる以外には何の意味も無い。
  • X
  • 2008/04/10 8:21 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
4月の暫定税率一旦廃止が現実化
 いわゆるねじれ国会における与野党間のチキンレースが、思わぬ現実を引き起こしそうになっています。 道路特定財源のうちの揮発油税などの半分は割増し増税の状態が、うん十年間続いていたわけですが、この3月末に廃止され、4/1から(あるいは在庫分がはけ次第)ガ
  • ん!
  • 2008/04/01 3:59 PM
  •  
暫定税率に思う
写真:車社会の象徴(?)大型店へ向かう車での渋滞@千葉ニュータウン  さて相変わらず納期を守れない首相のおかげで暫定税率が期限切れを起こしました。 4月3日時点の全国ガソリン小売価格は3月末比‐18.6円の134.3円=石油情報センター@ロイター4/4より
  • ぶらざーてぃのblog
  • 2008/04/06 10:41 PM
  •