<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 読売新聞見出しは「ウィニー悪用 氏名開示」 | main | 2008年3月のエントリー一覧 >>

「ネットの知」入手には足掛かりが必要

 先日、20代の女性ライター達を相手にネット勉強会を開いてきました。テキストといっても簡単なもので、実質的には3月末まで月曜夕刊2面で1年間連載した「ウェブ通リンク集」のお話をしてきました。

 インターネットには膨大な知的資源が眠っていますが、こんなモノが欲しいと思う心が無ければ決して手に入りません。欲しいモノがはっきりすれば問題解決に近いのですと、最初に申し上げておき、ネットで何が出来るのか、手に入るのか考える「足掛かり」として、このリンク集を紹介しました。

 43項目しかないのでざっと一覧してください。例えば前半に「社会の動き 年表でたどる ……広告景気年表」と「気になる『未来』 集めて6000件超 ……未来年表」があります。いずれも広告業界の資料として生まれた存在で、前者は現代史・同時代史年表として貴重ですし、後者はマスメディアに登場した未来予測記事を達成年ごとに再編成し並べています。この対になる二つの年表があることを知るだけで、何かを知りたいイメージが膨らむはずです。

 ユーチューブなどの映像投稿サイト全盛の時代ですが、画像・映像資料にはもっと豊かなバリエーションがあります。実際に見てもらって最も驚かれていたのが、360度パノラマ写真の「panoramas.dk」でしたね。「DEATH VALLEY」でどこを見ても塩が噴き出した足下の大地から中空の月まで見渡し、次にヴェルサイユ宮殿の鏡の間で同じ事をすれば豪華な天井画が眼に飛び込んでくる仕掛けです。

 第155回「テレビ局独占から脱したHDビデオ番組」でも紹介したハイビジョンビデオ映像も初めてだったようです。ユーチューブくらいの荒れた映像しか知らないと、ネットからDVDを上回る高精細ビデオが下りてくるのはショックですよね。

 ところで、このブログのタイトル背景も「ウェブ通リンク集」から作ったものです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック