<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな | main | 外国人大量訪日で日本理解は確実に進んでいくはず >>

英EU強硬離脱は議会阻止可能、米新政権は暴れ馬

 年明け早々、トランプ政権に移行の米国とEU強硬離脱表明の英国から大騒がせですが、全く違う先行きと考えるべきです。英国の無茶は議会に阻止させる伏線であり、米国のは無謀無展望の波乱時代幕開けと言うべきです。トランプ大統領が就任する前の発言は諸外国からは本意かどうか不明、あるいは手加減して受け止められていて、米国内外の自動車メーカーのトランプ発言への順応は商い人ゆえの過剰反応です。一方、英国のメイ首相表明は名分が立ってとても格好が良い半面、実行は無理です。首相が離脱には議会の承認を求めるとしただけでポンド急騰を生み出しました。

 昨年の第533回「永遠に言い出せぬEU離脱通告、現状凍結しかない英」で指摘したように、マイルドな離脱になるよう条件面で厄介な交渉をして2年の交渉期限を超えて破談になり、英国が裸でEUから放り出されるのが最も深刻な結果を生みます。日経新聞の《「開かれた英国」守れるか EUから強硬離脱へ》が伝えるように、《正味の交渉期間は1年半ほど。EU側の交渉責任者、欧州委員会のバルニエ首席交渉官は英側との最終合意の目標を「18年10月」としている。EUと英国の双方の議会の承認手続きに半年程度はかかるためだ》としたら、すっきり強硬離脱が良いのです。

 国民投票でEU離脱判断した民意に沿えますし、強硬離脱では例えば貿易協定を世界各国と離脱後に結び直さねばならず、金融機関が英国で許可を取ればEU域内で自由に営業できる制度が利用できなくなるなど経済的な打撃があまりに大きすぎると考える議会が実際には阻止してくれます。

 一方のトランプ氏、新政権の閣僚が米国議会の承認を得るために公聴会で述べている発言とはかけ離れたトーンでツイートしまくっています。20日の就任式以降はアメリカ大統領としての発言になるのに数日間で軟着陸できるのか疑問です。先日の記者会見を契機に大統領選挙からのマスメディアとの戦争が再開されましたし、自分の商売への外国からの利益供与が疑惑にならないか、ガードは著しく甘いと報じられています。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック