<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< インフルエンザ感染爆発、心配な変異警告2件 | main | 甲状腺がんで福島事故否定する見苦しい科学者 >>

閣議決定の少子化社会対策大綱は甚だしい見当違い

 20日に閣議決定の少子化社会対策大綱。初めて結婚の問題まで踏み込んだそうですが、若者に一方的に自立、結婚、出産を説教しているだけです。非正規の就職が半分にもなる現状を頬かむりした甚だしい見当違いです。第384回「結婚も離婚後も危うい非正規雇用の給与格差」で紹介した年収の落差《正規職男性520万円、非正規職男性225万円》を直視しないで少子化対策を論じても無意味です。

 内閣府の「少子化社会対策大綱(案)」には『若者の自立が難しくなっている状況を変えていく。』とあって、こうです。《若者が、自己実現や社会への参画を目指しながら、自己の選択として、職業や結婚、出産、子育てを自らの人生において積極的に位置付けていくことは、自立した社会人となる上で非常に大切なことである。しかし、近年それを阻む要因として、若年失業者やいわゆるフリーターの増大など、若者が社会的に自立することが難しい社会経済状況がある》

 だから《早い頃からの職業意識の醸成のための教育や、教育と雇用との間で連携の取れたキャリア形成を支援することなどにより、若年失業の流れを転換してゆくことが求められている》とするのですが、ちゃんと就職しても非正規では結婚するに足る収入が得られない現実を伏せています。まるで若者の自覚の無さが少子化問題の核心であるかのようです。雇用の流動化を進めて、働く者に更に不利な状況を作りつつある安倍政権らしい少子化対策と申し上げます。

 これでは第368回「生涯未婚率は男35%、女27%にも:少子化対策無力」 で国勢調査を使って予測した、現在30代以下の若者世代で生涯未婚率が跳ね上がっていく恐るべき未来に全く無力でしょう。育児休業を取得しやすい環境づくり「イクメン奨励」など育児問題の改善は意味はありますが、結婚できる状況になって初めて効いてくる施策です。大企業で大幅賃上げのニュースが流れて沸いていますが、非正規職にはあまり恩恵はないでしょう。

 報道するマスメディアに政府施策を批判できる視点が無い点は、いつものことながら残念です。


コメント
 日本では、非正規雇用の人の賃金を低く抑え、正規雇用の人の賃金を高くしながら、平均的な労賃を下げています。同じ仕事をしても、正規と非正規では2倍以上の賃金格差が普通です。
 非正規雇用の人の賃金を、一律に(最低賃金に近い)時給で計算する仕方に問題があると思います。
  • 森田
  • 2015/03/30 8:41 AM
  •  
筆者さんの言う通りですね
結局少子化対策っていうのはみんなが2人1組のペアをつくってくれるかどうか
ただ低賃金労働者のように明らかに家庭を養うだけの年収が無い男性とは女性は結婚しにくい
そのミスマッチが少子化の根本原因

でも格差って資本主義ならどうしても生まれるもんじゃないかって話になりますが
「社長と社員の間に格差はあっていい」けれど「ヒラ社員同士の間には格差は無い方がいい」と思います

1%の大金持ちがいくら金もっててもだれにも迷惑はかけません
ただ99%の大衆の間で格差がひろがると男女のミスマッチが激しくなり、その国の繁殖能力は壊滅します
惰性のままこれを放置すれば日本はお先真っ暗でしょう
  • 名無し
  • 2015/03/31 9:04 AM
  •  
少しズレますが、自分の職場はブラックです。
非正規社員と正社員との格差については正社員の方が馬鹿を見ている状況な為、正社員としての新人は来ません。
非正規社員の時給が良いからで正社員になれば基本給は下がり、実質手取りも大幅に削減されている事態なのでなかなか正社員にはなりたがらず、派遣社員とパートとの時給は同じで多分他社より高い上に正社員に課せられる責任もなくサービス残業も早朝出勤もなく正社員は週1休み、非正規社員は週休2日制、まさに非正規社員には美味しい職場と化しています。
正社員として勤めても結婚し所帯持つには経済的には苦しい。
いつ辞めてもいいような美味しいとこ取りの非正規社員の方が結婚は出来そうなほど自分の職場の優遇待遇が他社とは違う点です。
こういう会社もあることも是非とも把握しておいて欲しいのです。
最近の若者は、ゆとり世代は、と何かと批判されやすいですが、長年勤めている50歳以上の方が仕事に関しては横着ですよ。
無理難題を若者に押し付けるだけで顎で使い、しかし自分がその仕事をこなしてやったような態度すら取ります。
もう日本の観念自体もおかしくなっているのではないかとさえ、懸念したくなっています。
少子高齢化はだいぶ前から予測されていたこと。
その対策を怠って来た報いだと思います。
  • 名無し
  • 2015/06/01 7:02 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック