<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 中央情報癒着を無視して朝日新聞の再生は無い | main | 毛沢東提唱の巨大送水事業、完成もママコ扱い >>

「産まない方が問題だ」麻生発言を否定するグラフ

 麻生財務相の社会保障費膨張で「高齢者が悪いようなイメージをつくっている人がいっぱいいるが、子どもを産まない方が問題だ」発言を見て、前から気になった育児をしている女性の有業率統計のグラフを作りました。麻生さんは結局、言葉足らずと釈明しましたが、都道府県別の育児女性有業率を並べれば大家族的なサポート無しに、職を持ちながら育児は出来ない厳しい現実が容易に見えます。首都圏と関西圏のベッドタウンである神奈川と兵庫の両県で有業率が極端に低いのです。保育所の待機児童ゼロ達成ニュースが流れる大都市圏ほど現実を反映していないと見て取れます。


 総務省の《女性・高齢者の就業状況 −「勤労感謝の日」にちなんで−》にある「都道府県別育児をしている女性(25〜44歳)の有業率」をグラフにしました。全国平均が52.4%あるのに、神奈川の41.1%と兵庫の43.2%は断然低く、さらに人口が大きい首都圏と関西圏が底辺を形成しています。

 一方、有業率最高が島根の74.8%、山陰、北陸、東北の各県が高い峰をなします。暮らしやすさが言われる北陸は三世代同居などで家族のサポートが厚い土地柄として知られます。こうでないと現代の社会で子育ては難しいのです。麻生財務相は予算編成が子育て事情に配慮していると釈明しましたが、とんでもないと思います。

 アジアの社会は家族による育児サポートが当たり前とされてきましたが、女性の高学歴化で日本以上の非婚化がアジア工業国で起きています。2011年の第276回「アジア工業国の非婚化は日本以上に進んでいる」で論じました。この現実を見れば、女性が結婚して子どもを産んでくれるのはとても有り難いことだと、政治家は発想を大転換すべきです。


コメント
麻生さんの発言の場所と相手と全文を聞いてらっしゃるんでしょうか?
産まない女性に対して非難をしたのではなく、高齢者に対してあなたたちのせいではないよと言っただけです。
さらにこの記事自体は産まない理由を述べているだけで「子どもを産まない方が問題」ということがむしろ補強される記事だと思います。
釣りタイトルへの指摘など野暮でしょうがなぜ麻生発言を否定になるのかわからず投稿した次第です。
  • shin
  • 2014/12/10 8:16 AM
  •  
シンさんに同意見です。
この記事のタイトルはひどい。
  • 2014/12/10 6:10 PM
  •  
なにが酷いんだか
失政連発の張本人がアホなこと言って、しっぺ返しくらっただけだろ
いい加減目を覚ませよ、バカ二人
  • M
  • 2014/12/11 7:23 PM
  •  
>政治家は発想を大転換すべきです。

文筆家として食ってるんなら、どのように大転換すべきか、コンセプトくらい提示してね。
駄目じゃん、と言うだけなら床屋談義程度のこと。
  • jaway
  • 2014/12/14 8:39 AM
  •  
sin 氏の指摘見て全文読みました。

……これ、切り抜かれた文章よりずっと大問題だしよっぽど酷いですね。

「子ども手当」を削減して、子どもの減少に拍車をかけた反省すらちっともない。
  • 2014/12/14 10:10 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック