<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 都議選で再び大量パスした有権者、自公に乗り換えぬ | main | 安倍政権は技術立国の底辺にも目利きにも無知 >>

生涯未婚率は男35%、女27%にも:少子化対策無力

 少子化社会対策白書のあまりの覇気の無さに驚き、国勢調査から生涯未婚率を予測し直して男35%、女27%にもなる結果を得ました。非正規雇用は増えるばかりで、若者の生活を不安定にさせている根源は政府施策です。『安倍政権が嫌いな雇用安定こそ少子化対策の核心』で指摘した通りです。生涯未婚率は人口学で50歳時点の未婚率と定められています。2010年国勢調査で20代前半だった世代が50歳に到達する25年後には、現在に倍する生涯未婚者であふれる事態になります。

 NHKの《少子化白書 晩婚・晩産化進む》は《生涯未婚という人の割合は、平成22年には、▽男性が20.14%、▽女性が10.61%で、いずれも過去最高に達し、「未婚化」とともに一生結婚するつもりはないとする「非婚化」も進んでいると指摘し》《内閣府は「若い世代は雇用が不安定で、所得が低い傾向にあり、こうした経済的理由から結婚に踏み切れない人が増えているのではないか」と分析》と伝えました。

 50歳に到達した世代ではなく、現在の若い世代がなる生涯未婚率を合理的に予測することができます。2010年国勢調査で男性の20代前半世代は未婚率94%でした。次の5年間で未婚率がどれほど減るか、年上の20代後半世代が2005年国勢調査からの5年間で21.7ポイント減らしている実績を採用します。そのあとの5年間は30代前半世代の実績24.1ポイントを、さらに50歳まで年上世代がした脱未婚実績を積み上げると合計58.6ポイントですから、現在の「94」から引き算して残る「35.4」が予測される生涯未婚率になります。男女別、世代別に同じ計算をした結果「生涯未婚率の世代別予測」をグラフにしました。


 2010年の生涯未婚率は増えたと言っても男20.14%、女10.61%に過ぎません。30代後半世代が50歳に届く10年後には男女共に倍増する勢いであると知れます。現在、20歳前後の若い世代が50歳になるころには、男35.4%、女27%前後にもなってしまいます。この予測方法は過去の世代の実績をもとにしています。実際には過去実績ほどに「脱未婚=結婚」が進まない可能性が高いはずです。もっと高い生涯未婚率が実現されると見るべきでしょう。なお、2011年にも同様の予測計算をしましたが、国勢調査速報版によるものでした。確定版の数字がかなり変わったと知り、計算し直しました。

 少子化社会対策白書は緊急に対策をと訴えつつ、具体的に何を進めるのかピンときません。第1部「少子化対策の現状と課題について」「第1章 少子化の現状」の最後に自らはっきり問題点を書いているではありませんか。

 『我が国は、欧州諸国に比べて現金給付、現物給付を通じて家族政策全体の財政的な規模が小さいことが指摘されている。家族関係社会支出の対GDP比をみると、我が国は、0.96%(2009(平成21)年度)となっており、フランスやスウェーデンなどの欧州諸国と比べておよそ3分の1となっている』


 ここに添えられている合計特殊出生率の国際比較グラフも引用しました。人口維持に必要な出生率「2.1」に米英仏とスウェーデンが近づけているのに、2次大戦敗戦国の日独伊はそろって「1.4」前後と失格です。妙な自己責任主義では駄目です。人口を本当に維持したいなら、それなりに社会が面倒をみる、お金を掛けた強力な施策を打ち出すしかありません。女性手帳とか枝葉末節の議論をする暇があれば本筋の政策検討に移ってもらわねばなりません。

 【参照】インターネットで読み解く!「生涯未婚」関連エントリー
     第314回「非正規雇用にある男性の半分は生涯未婚か」 (2012/08/31)

コメント
 違いますよ。

結婚した人は、2人の子どもを産んでいます。40年間変わりません。

結婚数激減→少子化です。

結婚しない(子ども産まない)のは、カネの問題ではなく、「出会うチャンスがない」からです。

要するに、少子化は非婚がもたらしたものであり、それはカネの問題ではないのです。

本日の上記ブログを確認あれ。

  • 菅原
  • 2013/06/26 1:05 PM
  •  
40年変わらないとは言えないみたいですよ。

少子化特集 [1] 「産まない人」が増えてるの? 「産む人数」が減ってるの?|ファミリーネットニュース|小学館ファミリーネット
http://family.shogakukan.co.jp/news/2012/08/shoshika01.html

「2010年調査で「一人っ子」の割合がグンと急増」
「●子だくさん家庭が減っている。●一人っ子家庭が増えている。●産まない夫婦も増えている。そんな複合的な状態が、現在の少子化の姿といえそうです。」

とデータで示されていますし、また、産みたいのに産めない理由のトップが「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」となってますね。
  • 熊楠のひ孫
  • 2013/07/01 7:01 PM
  •  
戦勝国が少子化を克服しているのに対して、敗戦国が少子化を克服していないのは、偶然とは思えないですね、この点は面白いというか奇妙です。

そして、日独伊が民族国家であるのに対して、米英仏は移民を中心とした国家です。つまり、少子化対策には移民政策が不可欠である事が分かります。

日本が少子化対策を行っても効果は望めず、大規模な移民をどのように受け入れるかを議論するべき段階にきているかと思います。
  • 未婚者
  • 2013/07/11 10:38 PM
  •  
出会いが無いというのは嘘だと思います。
理想道理の相手がいなかったから結婚したくなかったって事でしょう。

大抵、金がなかったって言いますし、独身勝ち組(男)だと言います。

その割に、肉体関係だけは迫って来くる邪なのも居たので流石に良い様に利用されたくないので追い払いました。
メールにもしっかり残ってるけど、記憶には無いそうです。

フリーターでも生活できてるけど、彼は400万〜500万の年収が有っても金が足りなくて結婚できるか心配だといいます。


私は結婚の約束をしてても約束を守ってもらえなかったですね。
私は家族同居しててそうでした。

男の言い訳だと思いますよ。
本当に結婚したかったら、婚姻届に記入し印鑑を押して届けるだけですから。


これを繰り返されて、既に高齢出産に入っても未婚です。

若い子好きの日本男性は、ババアどっかいけ的差別発言します。
人生を楽しめるのは、遊び歩けて肩書きで異性がが寄り付き、金のある人間だけですよ。

都会程、何でもありますからね。
今更、好きでもない男の世話をし、子供を育てる為に婚活等したく有りません。

しかも、そこでも値踏みが有るでしょうから。
  • 籍を入れたがらない男が多くて人生台無しにされた人
  • 2014/03/16 9:40 PM
  •  
正直、男の年収を減らせば、生活考えて結婚増えると思います。
金があるから独身でいようとするんです。
女は仕事に於いても男から比べると不利で、
「パワハラ強姦をする上司」も存在すると聞きました。

だから、彼らは不利になると、ニュースも操作して、自分達が遊んで暮らせる人生にしようと情報操作をします。
これ、実際にあるんですよ?

検索してみれば、独身男性 勝ち組 女性は負け組って出るでしょ?
女性の未婚は半分で、本来は余るのはおかしいですよね。

籍を入れる側の男性に正当な理由が無い場合、
交際経験が有り、約束してたり、結婚願望があったなら、それは詐欺で言い訳だと言っても過言では有りません。
  • 追記
  • 2014/03/16 10:08 PM
  •  
いや年収の少なさが多くの男に家族を養う自信を喪失させてんでしょ
婚活でも年収の少ない男は条件で排除
結果、逆説的に女に不自由しないモテる男が生まれ、そういうのが独身貴族として我が世の春を謳歌している
現代は結婚したくてもできない低年収の男と、結婚なんてしなくても女に困らない独身貴族の二重構造なんだよ
そして格差が開いてけば開いていくほどこの二者の比率は増えていく
  • 2014/05/10 4:35 PM
  •  
男が結婚しないのは、貞操観念が低い女が多いから!

これに尽きる!

基本、男は処女と結婚したい(自分の遺伝子残そうとする本能で)

幸せな結婚したい人は旦那様に処女を捧げてください
男は妻が処女なら一生大切にしたいものです!


自分は未婚男子ですが、日本人女と結婚する気にはなれないですね!英語圏の処女狙いです!外国人の方が貞操観念しっかりしてる子多いように思う
  • 2014/06/14 10:43 PM
  •  
自分ひとりの生活さえままならない、30歳で貯金ゼロの非正規雇用者が全労働者の4割という社会で、どうやって子供を増やすのか。

正社員でさえ身分保障がないうえ、過酷な労働条件下で働かざるを得ず、経済的に問題のない人が結婚しない事が一番の問題だと思う。

日本の人口は多すぎる、海外先進国と比較してみれば、今の半分が良い所であり、日本の人口は抑制するべきだ。

少子化が問題なのではなく、社会保障システムが破綻寸前だという点が問題なのだから。
  • 2014/08/24 9:42 PM
  •  
まぁあれだ。
シンデレラも白雪姫もそうだが「白馬の王子様」に出逢えるのは「奇跡的に絶世の美女」か「立場的に本当のお姫様」って事だ。これは自然の摂理として間違い無いだろう。
  • 2014/09/29 2:00 PM
  •  
私は生涯未婚率を押し上げるであろうグループの一人だと思っています。
ここをご覧の方には、こういうヤツもいるのか、と参考にしていただければと思います。

現在35歳、男性、独身、ほぼ契約社員、年収250万ほど、アパート暮らしです。
20代のころは小さな会社で正社員、年収350万ほどでした。
一言でいえば、非モテです。
人相・体型など、自分でも徹底的にキモいなあと思います。
好きになった女性に、何度か本気でアタックしたこともありますが、全く相手にされず避けられていきました。
私が女性でも、絶対に好きにはならないし、SEXも嫌だし、触られるのも話すのも嫌でしょう。
実際そういう対応をとられたこともあります。

だから32歳くらいかな、充実した人生というものを諦めました。
結婚できない→生涯独身→きつい正社員で頑張って稼いで出世もして、を放棄→退職→気ままな生活
こうして今に至っています。

非婚の原因が経済力ではないので、再び仕事頑張ってやっていく気にはなりません。
同年代の友人が家族と一緒にいるところに出くわしたりするのが、一番つらいです。

両親に結婚して孫を見せてあげられない親不孝を感じています。
せめて両親より先に逝かない、それだけが目標です。
  • 2015/02/28 10:28 AM
  •  
理由は経済力でもなんでもないですね

メディアが国益を優先させ、経済活性化をはかった結果の
自由恋愛主義のせいです
自由には責任が伴うこともわからずに。
その結果よってたかって「まともな」価値観を持った男女を草食化だのとたたきます。


男も女も相手には一途であることを望みます。
一途であるということは純潔や貞操を婚姻後まで守るということ。
己の肉欲に溺れ大切なものを見失ってしまった若年層のなんと多いことか。
本当に大切に思っているならば、向こう40.50年先まで共に生きる相手のことを思っているならば、生殖行為をしない人こそ真面目で誠実な男女と言える。
恋愛感情なんてものは一過性のもの。恋愛で人は傷つけど成長なんてしない。他者との関わり合い方なんて日常生活を送っていれば学べる。自己正当化するのもいい加減にして欲しい。
また、純潔という縛りがない結果が昨今の浮気率離婚率につながっている

私たち夫婦は結婚までお互い純潔を貫いた。結婚後30年経つが今でも愛し合う。他の女性は総じてカボチャに見えるほど。



男女ともども貞操で、勤勉で、真面目でいることを美徳とせずに、
上辺だけ取り繕う人間が賞賛されもてはやされる。

昔と比べるわけではないが、しっかりした価値観を持った若者には生きづらい世の中だと感じる。


経済的理由でもなんでもない。非婚少子化はもっと根本的なところにある。
  • 2015/05/06 7:08 PM
  •  
イケメン・高収入な男には、女が近づいて来るが、不細工・低収入な男には、女は遠ざかる。昔は、無償で、結婚の世話をしてくれるお見合いおばさんがいたが、今はほとんどいない。女に縁のない男は、女を獲得するために余程の努力が必要だ。その努力をあきらめてしまった男が今は増えている。辛い現実だ。
  • 2015/06/25 9:51 AM
  •  
>女を獲得するために余程の努力が必要だ。その努力をあきらめてしまった男が今は増えている。

努力して得られるものが劣悪なものなら、努力する気にもならないでしょう。

外見ばかりに力を入れて中身はからっぽ。
仕事も腰掛け程度で一生働くつもりもなく
専業主婦、または、パート程度で寄生するのが前提。
でも、男女平等を乱用し、家庭内でも夫婦は対等!
実際はヒステリーをおこし、夫を尻に引くババアが多い。

貞操観念なく軽い男に遊び捨てられて汚れた女。
20代は遊んですごし、見た目も劣化し、子供産む能力が落ちた30過ぎに結婚しろとわめく。
そんな醜い婆を相手にしたくない男を草食系男性は情けない!と馬鹿にする。

こんな醜い生き物と結婚するために努力したいと思いますか?
  • 2015/10/09 10:26 AM
  •  
少子化特集 [1] 「産まない人」が増えてるの? 「産む人数」が減ってるの?

「2010年調査で「一人っ子」の割合がグンと急増」
「●子だくさん家庭が減っている。●一人っ子家庭が増えている。●産まない夫婦も増えている。そんな複合的な状態が、現在の少子化の姿といえそうです。」

>>

そこまで数字は減ってないですよ
こういうのを言い訳にして産みたくない!
という卑怯なオバサンは増えてますけどね。

そういうババアを増やすためにマスゴミは洗脳を続けているのでしょう。
  • 2015/10/09 10:29 AM
  •  
行き過ぎた自由恋愛の弊害ですよ
特に男側からしたら何やってきたかわからない女を
寿命削って養わなければならないわけですから
  • 2015/11/25 12:36 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック