<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 政治から降りずパスした有権者ゲーム感覚に問題・12/17追補 | main | 津波の猛威と対決を選んだ浜岡原発は大丈夫か >>

リアリスト石破・自民は手強い:早々に公約凍結

 総選挙が終わってまだ首班指名をしていないのに自民党の石破幹事長が選挙公約の実質凍結を言い出しています。「軍事オタク」として有名な方だけに現実に適合するしかない外交の局面を理解しているのでしょう。夢想家タイプの安倍総裁を支えているのか、一発かましているのか真相は知れませんが、これまでの自民政権からみて奥行きが深い印象があります。少なくとも民主党政権のように、中国国家主席が日本国首相に立ち話で牽制した翌日に、尖閣国有化を「断行」するよりは知恵がありそうです。

 毎日新聞の「竹島の日:来年の式典見送りを、石破幹事長が示す」は《自民党の石破茂幹事長は20日、同党が衆院選公約集に2月22日を「竹島の日」とし、政府主催で祝う式典を開くと明記していることについて「政権を担っている間に実現に向けた雰囲気を醸成していくのが先決だ」と述べ、来年の開催を見送るべきだとの認識を示した》と伝えました。

 自民党の掲げた公約は、今度の韓国の大統領選で当選した朴槿恵氏が就任する2月25日を前にしたあまりにも悪いタイミングと知られていました。就任式直前の「竹島」日本政府式典は喧嘩を売っているようなものです。石破幹事長の理屈で自民党選挙公約の凍結がうまく収まるなら、朴氏に外交上の得点を稼がせて韓国内でのフリーハンドを持たせることになり、今後の展開を考えれば遙かに賢いのです。軍事はモノとモノとの世界ですから、この局面が空想では動かない点に理解が早いはずです。


コメント
団藤保晴さん 初めまして。
【石破幹事長が‥現実に適合するしかない外交の局面を理解しているのでしょう】を筆頭にして、団藤さんの此処でのご主張に全く同感ですね。
然し、毎日の「開催を見送るべきだ」と云う解釈も、団藤さんの「選挙公約の実質凍結」と云う理解も、先走り過ぎではないか。各種の情報を確認した限りでは、石破さんは「実現に向けた雰囲気を醸成していくのが先決だ」と云っているのであって、「何もしない」とも「見送りだ」とも「凍結だ」とも云ってはいない。
対処する課題や問題が困難や深刻であればある程に、解決への取り組みは智慧の質の善し悪しと量の多寡が肝心になる。二項対立のYes? or No?ではなく、二項の間に限りなく存在する「隙間」に智慧を埋め込んでこそ問題解決への一歩が記されるのだと思います。
草々
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック