<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
  • 脱未婚=結婚へ動き、30代から中高年まで活発に
    大山弘一 (11/28)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 暴走発言の安倍総裁、色あせる橋下快刀乱麻 | main | 国内で来年にはスマートフォン普及率が過半か >>

野田・安倍・橋下ツイート数に見る世間注目推移

 選挙の動向を占うツールとしてツィッターが使えそうです。米大統領選でも「オバマに投票」がロムニーに差を付けました。試みに衆院解散前後から野田・安倍・橋下3氏のツイート数推移を分析します。「buzztter - Twitter のイマを切り取ったー☆」で観測されたツイート数グラフを使い、比較できるようスケールを調整しました。今回は15日夕刻から19日午後3時までの記録です。


 野田首相と安倍自民党総裁は与野党党首として解散前日、ほぼ同様の注目を集めました。橋下大阪市長は低めです。16日の野田首相「バカ正直解散」のインパクトも強く、ツイートピーク値は「925」でした。野田首相へのツイートはその後、日を追って減っていきます。18日になると安倍・橋下両氏を下回るようになります。

 コンスタントな言及を保っている安倍氏に対して、大きく振れるのが橋下氏です。太陽の党との合流協議で大注目になり、合流発表後のピーク「412」はテレビ出演によるものと思われます。河村名古屋市長の減税日本との合流は「中身の問題だ」と否定したり、石原氏を首相候補に押し上げたり、と話題づくりに事欠かない性分なのでしょう。

 ツイートの中身が好意的か批判的かは、個別に読んでいかなければ分かりません。米大統領選投票日での「voteobama」と「voteromney」のツイート数を比べるのなら簡明です。オバマの方が3割くらい多かったようです。日本国内では公選法で表現が縛られてしまいそうですが、有権者の反応をリアルタイムで知る手段に変わりありません。4年前の大統領選ではテクノラティ社のブログ記事数グラフが使えて、第167回「ブログ記事数グラフで見る米大統領選」でオバマ有利の動向を掲示しています。ブログ数が増えすぎた現在では、このグラフ化は不可能になってしまいました。


コメント
原発に関わらないネタの時は冷静なんですね。久しぶりに拝見し、ちょっといい意味で驚きましたw
  • 2012/11/21 10:13 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック