<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 原発何でもなし崩しに新潟知事だけが歯止め | main | 再稼働へ警鐘:Nスペが過酷事故欠陥を実証 >>

必要なし説がある東電の値上げは「待った」を

 東電の電気料金値上げについて「東電値上げ幅、8.5%強へ=人件費など圧縮、19日に判断−政府」(時事通信)など拙速な動きが伝えられています。しかし、毎日新聞の「東電値上げ:5%台まで圧縮可能 有識者試算」は、やり方によっては値上げ自体が不要になると示しています。政治折衝以前の問題があるのは明白で、査定はきちんとやり直すべきです。

 内閣府消費者委の外部有識者による試算は《人件費は健康保険料の会社負担分の10%引き下げなどで0.17〜0.68%圧縮するほか、修繕費.委託費は競争入札の徹底で1.48〜2.95%、事業報酬費は計算ルールの統一で1.46〜4.66%、圧縮できる――などと指摘。圧縮率の下限だけを足しても、値上げ幅は5%台に抑えられるとした》《試算は「東電の経営に配慮」(水上弁護士)するとして、消費者庁が求めた人件費の30%削減や、原発関連費用の料金原価からの除外は含んでいない。仮に人件費30%削減などの要素を加えると、圧縮幅は9.61%となり、値上げ自体をしないことも可能という》

 平たく言えば、東電がいかに無駄が多い「殿様商売」をしてきたかを示しています。余分の金は子会社など周辺に流れているのです。また、《東電の電気料金「私物化」は過去まで遡り返済を》で指摘した、悪質な過去の清算も済んでいません。朝日新聞による「過去10年間で東電が費用を6000億円も高く見積もっていた」報道もあります。止まっている原発の減価償却問題など議論が尽くされているとは思えません。

 【参照】インターネットで読み解く!「東電 電気料金」関連エントリー


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック