<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 目が離せぬ5月の太陽:直径を観測、寒冷化 | main | 大飯再稼働の稚拙な仕掛け、橋下流の限界見た >>

暫定基準だった大飯原発再稼働「新安全基準」

 関電・大飯原発の再稼働をめぐって細野原発事故担当大臣から「大飯原発の安全を判断する国の基準は、原子力規制庁が出来るまでの間の暫定的なものだ」と認める発言が飛び出しました。暫定基準で国内の意見が二分している大問題を片付ける神経が理解不能です。

 NHKニュース「大飯原発 知事の対応分かれる」の報道です。関西広域連合の会合での発言に「大阪府の松井知事は『安全基準が暫定的だということは、それに基づく安全対策も万全ではないということなのに、運転を再開させるのか』と述べ、政府の姿勢を批判しました」。極めて真っ当な反応です。

 読売新聞の「大飯に副大臣ら常駐…原発相、広域連合に再説明」は「規制庁発足後に策定する新たな安全基準で、安全性を改めて評価すると明言した。規制庁発足までの対策としては経済産業副大臣やプラントメーカーの技術者らを現地に常駐させ、3、4号機の稼働状況を常時監視する体制を構築する考えを示した」とも伝えています。

 副大臣やプラント技術者が常駐して何の異常事態抑制効果があるのか、不思議な対策を思いつく政権です。「首長側からは京都府の山田啓二知事が『監視態勢は専門家の観点が抜け落ちている』と再稼働を不安視する声も出た」と、こちらも当然の批判です。

 「原発再稼働ストレステスト、安全委は保安院に同調せず」で「間もなく原子力規制庁が出来て組織が消えてしまう保安院が、勝手に原発再稼働に向けて独走していると、原子力安全委員会まで認めた形」と指摘した通りで、今回の「新安全基準」の枠組みには最初から無理がありました。今頃になって、「やはり暫定基準でした」「後日、見直します」と逃げを打ちつつ、電力需給が切迫しているから再稼働では、ますます首尾一貫しなくなります。福島原発事故の反省から最も遠いのは細野原発相のようです。「無謀・大飯原発再稼働へ4つの駄目」を見直していただきたいと思います。

 【参照】インターネットで読み解く!「原発再稼働」関連エントリー


コメント
 原発安全心神話が崩れた今、原発について「絶対安全」はあり得ません。言い直すと、今より科学技術が進歩するまでの「暫定的」な安全基準しかあり得ません。
 そもそも今回の原発再起動の議論は、(1)原発を長期的に使って行くかどうかの議論が無かった点、(2)動いている原発を止めずに止まった原発を再稼働させない点、(3)議論の基礎となるべき必要な情報を原子力や電力の専門家から得ること無しに政治家と市民が再稼働を議論した点など、根本的な誤りが幾つもありました。
 いずれにしろ大切なのは、「原子力発電所を今後も使うかどうか」の時間を掛けた議論です。「時間を掛けて原発を無くす」というドイツのとった道が参考になります。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック