<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 新安全基準は想定外を隠れ蓑にする欠陥品 | main | インド国勢調査と経済大国予測のギャップ >>

法無視する政治主導の愚:原子力安全委は無関与

 枝野経済産業相が14日午後、福井県庁に西川知事を訪ねて大飯原発の再稼働に向けた協力を要請しました。そのやり取りで露わになったのが、民主党政権が掲げてきた「政治主導」の愚かしさです。福井県側は専門家に諮ると答えたのに、政府は現行法の枠組みを無視し4閣僚が勝手に安全だと判断しただけなのです。

 テレ朝の「大飯原発再稼働へ協力要請 福井県知事は回答保留」はこう伝えています。《福井県・西川一誠知事:「妥当性については今後、福井県としては、県が設置している県原子力安全専門委員会において、厳正にチェックを加えて参りたい」》《橋下大阪市長:「原子力安全委員会のコメントがきちんと出ないまま再稼働していくなんていうのは、本当に危険な統治のやり方。ものすごい強い怒りを覚えている」》

 西川知事が勝手な政治判断をしても、原発の安全性については県民が納得しないでしょう。だから、県原子力安全専門委に諮るのです。現行法で国の原子力安全についての総元締めは原子力安全委です。そこが「安全委を外して原発の新安全基準了承は論外」で指摘したように蚊帳の外に置かれていて、国民が納得できるはずがありません。

 毎日新聞の「大飯再稼働:関西圏の理解が必要…経産相要請に福井知事ら」はさらに《西川知事や時岡町長は現時点での判断を保留した上で、「電力消費地の理解に責任を持って対応してもらう必要がある」と述べ、大阪市など関西圏の理解が必要との認識を示した。大阪市や京都府などは政府の再稼働に向けた性急な動きに反発を強めており、国は重い課題を突きつけられた格好だ》と報じました。

 政治主導は先例主義に傾く官僚の抵抗を押し切って、新たな政策を実現するためにならば理解できます。しかし、原子力安全委を基盤に置いた現行法の枠組みを政治主導なら無視できるというのでは、法治国家ですらありません。

 【参照】「新安全基準は想定外を隠れ蓑にする欠陥品」


コメント
本当にこの一連の動きには憤りを超え、あまりのことについ呆然としてしまいそうになります。
そこでハッと気づいて「いや、このままでは行けない。何とか阻止するためには、どうすれば良いのだろうか」と考えているところです。
毎日毎日集まって、慎重に検討しているかのようなポーズをとりながら、実は14日に福井に行くことはとっくに決めていた4閣僚。
こんな茶番は国民みんながお見通しだと思うが、彼らはそれをわかっているのでしょうか?知っていて平気で茶番を演じているのも許しがたいが、もしこれで国民を騙し通せると思っているならもっと恐ろしい。
はっきりしていることは、国民の大多数は彼らを2度と支持しないだろうということです。
ただ原発は1度動き出したら重大事故が起きない限りもう止まらない。いや、東電が福島第2原発で再可動のための準備をしている以上、どんな事故が起きても止まらないことになってしまう。
何とかして声を上げ、この再可動を阻止したいものです。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック