<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 米国の学資ローン返済地獄に近づく日本 | main | 計画白紙1兆円申請の東電は上場廃止、国有化に >>

廃炉撤去は不可能、永遠のお荷物に:福島原発2号機

 東電福島第一原発2号機の内部状態がようやく実測され、8分も中にいれば死ぬ猛烈な線量と、放射線から人間を守るための水が張れない事実から2号機の廃炉作業は実施不能と判明しました。水を張るために格納容器の水漏れ場所を塞ぐ道が模索されるのでしょうが、建屋地下に漏れだしている汚染水の放射能レベルは、そこで人間が作業可能なレベルではありません。廃炉撤去することは不可能で、永遠のお荷物として付き合わねばならない覚悟をすべきです。

 読売新聞の《2号機格納容器内「被曝すれば8分で死に至る」》は「調査は26日に内視鏡を挿入した配管に、線量計を入れて測定した。壁面から50〜100センチの場所で計8か所測り、線量は毎時31〜73シーベルトだった。定期検査中の格納容器内の線量に比べ、10万倍以上高い」と報じました。致死線量10シーベルトを瞬く間に浴びてしまう死の空間でした。

 朝日新聞の《格納容器内の水位、わずか60センチ 福島第一2号機》はこう伝えました。「工業用内視鏡で調査し、水位を確認したと発表した。水位は格納容器の底から60センチの高さで推定より大幅に低かった。水温は48.5〜50度で、推定でしかなかった格納容器内の水の状態が初めて確かめられた」「東電は水位を格納容器の底から3.5〜4メートルにあると推定していた」

 廃炉は高さ30メートル以上ある格納容器を水で満たし、底が抜けている圧力容器、溶け落ちた核燃料へと順番に撤去していく作業手順です。水が張れることが決定的な重要条件です。現状で水が底部のどこから漏れだしているのか全く分かりませんし、炉心溶融で高温高圧を受けた格納容器上部の損傷ぶりも大きいと考えざるを得ません。

 【参照】インターネットで読み解く!「福島原発事故」関連エントリー


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
福島第1原発2号機の格納容器内で過去最大の毎時72・9シーベルト、野田総理の嘘と東京電力の隠蔽
野田総理が昨年末に勇み足で原発事故収束宣言した責任は重い。さらに細野原発事故担当大臣の指導力も厳しく問われよう。 そして何より事故後1年経過してもなお当事者たる東京電力が重大情報小出しという隠蔽体質に変更ないことは万死に値しよう。 [28日 
  • shimarnyのブログ
  • 2012/03/28 6:53 PM
  •