<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 原発無しの夏確実、太陽光発電でピークカットを | main | 事故時迷走の焦点は菅批判よりも悲惨な司令塔 >>

庶民の懐具合は東京五輪以前:貯蓄なし世帯急増

 貯蓄なし世帯急増を伝える「金融資産を保有しない世帯が3割、単身世帯は4割−家計金融行動調査」(ブルームバーグ)は、庶民の懐具合が東京五輪(1964年)以前の状態に落ち込んだことを示しています。「2人以上の世帯で金融資産を保有していないという回答が28.6%と、前回10年の調査(22.3%)から大幅に増え、調査を開始した1963年以来最も高い水準となった」。相関するデータを検索すると、決定的なのは賃金水準の急速な低下です。

 まず「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成19年以降)」にある1963年からの長期推移をグラフにしてみました。これには近年、調査方法の手直しでデータ不連続がありトレンドとして見るように注が付いています。貯蓄がある世帯割合が調査開始の1983年を下回ったのは、前年比6.3ポイントも減らした2003年が最初でした。以後は一進一退を繰り返し、2011年に再び6.3ポイントと大きく落ち込みました。「毎月勤労統計調査 平成23年分結果確報」にある時系列表・賃金指数と時期を合わせてグラフを並べました。


 現金給与総額を示す賃金指数は2005年を100としていて、1999年から2011年までで最高の2000年「105.6」から最低の2009年「95.1」まで「10.5」ポイントもの下落です。同じ期間について貯蓄のある世帯割合をみると、1999年「87.9%」が2011年「71.4%」へと「16.5」ポイント下げています。貯蓄のある世帯の中でも「貯蓄しなかった」と答えた割合が1990年代は2割程度だったのに、2007年以降は3割にもなっています。収入減少が貯蓄に大きく響いているのは間違いありません。

 過去を遡ると1964年に東京オリンピック、1968年には国民総生産(GNP)が第2位に上り詰めて、20世紀の間は貯蓄がある世帯が9割前後を維持してきました。しかし、この20年ほどで進んだ大企業も含めた合理化・給与カット、非正規労働者の大幅な増加などで、庶民の生活基盤は根底から揺さぶられているとみてよいでしょう。弱者に向けたセーフティネットを強化しないと、このところ頻発している、周囲が気付かない内の餓死事件がさらに増えそうです。

 【参照:別の観点から】『失われた20年』見直し機運、悪くない日本未来


コメント
東京五輪(1984年)以前??
  • 通りすがり
  • 2012/02/24 4:57 PM
  •  
1984→1964のTypoでしょう。若い人が混乱するかもなので、早めに訂正頂けると良いかなと。
  • sue
  • 2012/02/27 11:33 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック