<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 『失われた20年』見直し機運、悪くない日本未来 | main | 電気料金値上げ、関電の否定で東電の根拠崩壊 >>

サンプリングの科学性無しに結論だけ安全の愚

 朝日新聞の「福島の食事、1日4ベクレル 被曝、国基準の40分の1」の非科学性には驚きを通り越して落胆するしかありません。サンプリングした標本が母集団を代表している保証が全くないのです。このような愚かな報道を1面トップで自社調査として打ち出すとは、ジャーナリズムとして末期的症状です。正しいと言えるのか、きちんと第三者に評価してもらうべきです。

 「家庭で1日の食事に含まれる放射性セシウムの量について、福島、関東、西日本の53家族を対象に、朝日新聞社と京都大学・環境衛生研究室が共同で調査した。福島県では3食で4.01ベクレル、関東地方で0.35ベクレル、西日本でほとんど検出されない」と結論づけている根拠が次のような標本です。「調査は昨年12月4日、全国53家族から家族1人が1日に食べた食事や飲んだものをすべて提供してもらい行った。協力家族の居住地は、福島県が26、関東地方(群馬・栃木・茨城・千葉・埼玉・東京・神奈川)が16、中部(長野・愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・京都)、九州(福岡)など西日本が11」

 一見してあまりの標本の少なさに驚かされます。「福島中通り汚染は広く深刻、国は学童疎開を」でも指摘しているように、福島県内でも原発がある浜通り、放射能の雲が広がった福島市や郡山市など、さらに山間の会津地方では汚染状況がまるで違います。それを26標本で代表させるとは異常ですし、集計グラフの3番目に汚染が高い標本が関東地区である点からも、もっと詳細な調査が必要と判断できます。北関東に高汚染ホットスポットは存在しますが、福島現地の高汚染地区と張り合うのは無理です。肝心の福島で取るべき標本を外している可能性が高いのです。これで安全宣言をされても困ります。


コメント
団藤氏こそ土地の汚染とその土地に住む人が食べる食品の汚染を混同しているのではないですか?朝日新聞の調査は、我々日本人が様々な地域(海外も含む)からの食品を口にしていることを如実に示しているものと思います。福島に住む人の食品が全て福島の汚染地域の汚染された食品ではないということを示している。(多くの人が汚染地域の食品を敬遠している可能性もある)
問題は汚染地域の農家の方などで自家消費をしている例などではないでしょうか?こういう場合汚染された食品を継続的にとることになるので注意すべき。こういう場合はWBCの結果などで判明して行くのではないでしょうか。
  • cafe
  • 2012/01/19 12:07 PM
  •  
上の方の批判は的外れのような気がします。団藤氏は「サンプリングした標本が母集団を代表している保証が全くない」ことを問題視しているのです。53という数が一般的な結論を出すにはあまりに少ない数であることは自明です。
  • 2012/01/23 9:59 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック