<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
  • 脱未婚=結婚へ動き、30代から中高年まで活発に
    大山弘一 (11/28)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 混迷続く企業疑惑で「闇株新聞」は貴重情報源 | main | 『この国は病んでいる』〜回復を疑う愚鈍な日本 >>

抗議の民衆に狙撃映像、エジプト軍部は一線越す

 ムバラク独裁政権を退陣に追い込んだエジプトで、軍部の横暴に抗議して再び民衆が立ち上がりました。既に30人を超える死者が伝えられ、CNNは治安部隊が威嚇用に空に向かって発砲するのではなく、明確に水平方向に標的を狙って射撃する映像を流しています。エジプト軍部が守るべき一線をあっさりと越えてしまったので、民政移管の流れを加速せざるを得ないでしょう。

 アルジャジーラのライブ・ブログにあるビデオ「Tahrir:November 19-22」の後半には、死亡した人の遺体を安置した映像がいくつも出ており、頭や胸に撃たれた傷口が見られます。

 しかし、民政移管は単純には進みそうにありません。イサーム・シャラフ内閣が総辞職し、軍最高評議会のタンタウィ議長が大統領選を前倒しや軍の役割を問う国民投票を実施する意向を示しても、ウォールストリートジャーナルの《エジプト軍政、大統領選前倒しを表明―デモ隊は不信感示す》は「首都カイロのタハリール広場に集まっている数万人に上るデモ隊は、この演説に対してすかさず冷笑を浴びせ不信をあらわにした。タンタウィ氏が示した誓約を、ムバラク前大統領が追放前に行ったものと同じだとする人もいた」と報じています。

 やはり問題は、2月の「エジプト人は軍部=性善説。未来は大丈夫か」で心配したように、国民を代表できる民主的な政治勢力が育っていない点です。28日に予定される総選挙で議会最大勢力になりそうなムスリム同胞団は選挙実施を優先して、大衆の抗議行動から引き揚げてしまいました。タハリール広場の映像を見ていると若い人たちが主導する草の根抗議行動で、軍部としても交渉相手を見つけるのに困っているのではないでしょうか。軍部とイスラム勢力のムスリム同胞団で仮に合意しても、タハリール広場に集る大衆には無縁です。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
放射性物質のとれる浄水器
レンタル浄水器のMOMO WATER。放射能の分子より目の細かいフィルターで、水道水からほぼ全ての成分を除去。内部被爆の心配はこれで解消です。
  • MOMO WATER
  • 2011/11/23 8:17 PM
  •