<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< タイの洪水はまだ序の口、大規模支援が必要 | main | 朝読に全面広告、中国嫁日記の不思議な売れ方 >>

福島原発から海へのセシウム流出が再発生か

 福島原発事故による魚類汚染で《恐れていたことが現実に 魚介類のセシウム汚染 日に日に上昇》(ゲンダイネット)が話題になっています。しかし、水産庁のデータを詳しく見ていくと、魚類汚染は夏にいったんは収まったのに10月以降、再拡大する傾向であり、原発から海への放射性セシウム流出が再び起きていると考えるべきでしょう。

 「10月初旬ころまでに公表されたセシウムの値は、国の規制値(1キロ当たり500ベクレル)に達しない魚介類がほとんどだったが、中旬ごろから、規制値をオーバーする検体が徐々に出始めた。例えば、19日公表の福島沖の『コモンカスベ』は、国の規制値の2倍を超える1280ベクレルを検出。26日公表の福島沖の『シロメバル』は、ナント、2400ベクレルだった」。さらに11月に入り1000ベクレル以上の魚が続出しています。

 福島沖を中心にした水産庁の「水産物の放射性物質調査の結果について」にあるエクセルデータを加工してみました。魚種別に分類し直し、公表日付順に並べました。事故直後からよく採取されている底魚のヒラメとアイナメ、それに表層を泳ぐカツオについてグラフにし以下に掲げます。



 いずれも7月頃のピークが注目です。食物連鎖による生物濃縮に3、4カ月の時間が必要だったとみられます。7月20日、いわき市久之浜沖のアイナメが3000ベクレルと恐ろしい値を記録するものの、規制値を超えていたヒラメも8月、9月と下がっていきます。ところが、アイナメもヒラメも9月に突然、1600ベクレル前後の大きな値を記録、10月に入って反転し、増加傾向に転じます。ゲンダイネットの記事は最後の部分だけを捉えています。原発事故直後の流出セシウムは海洋での拡散、希釈で一度薄まり、また新たな生物濃縮が進行しているのでしょう。原因として考えられるのは原発からの再流出です。「福島原発の地下水、流入があれば汚染水流出も」で指摘したように、原発建屋地下の汚染水と地下水は出入り自由になっているのです。

 海の表層にいるカツオの汚染も気になります。多くは10ベクレル台とレベルは低いものの、回遊魚ですから漁を止めている福島沖にとどまらず、太平洋側各地に広がっていくはずです。表層の状態は希釈が進んで安定しているのか、一定の汚染レベルが持続しそうです。


コメント
シルトフェンス内側の海水の放射能濃度は上がったり下がったりしていますから、ずっと汚染水が少しづつ海に出ているのは間違いないでしょう。

しかし、大規模な汚染水の再流出があったという証拠はありません。そのようなことがあれば、春先と同じようにまずシラスなどの汚染が急上昇するはずですが、シラスの汚染度はずっと減少を続けています。
http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/1031-3231.html

魚介類の調査は、20km圏内は行われていませんし、9/30までは20-30km圏内の調査も行われていませんでした。現在の汚染の拡大は、20km圏内の底泥の汚染が、少しづつ周辺に拡大している、と考える方が自然かと思います。
福島県も7月に大雨被害がありましたし、除染作業に高圧洗浄も使うので、既に放出されていた陸上のセシウムが海に流れ込んだ影響もあると思います。
  • 2011/11/13 12:07 AM
  •  
情報が完全に公開されていないもどかしさの中、
県のモニタリングポストの数値を注視しています。
高さ20mにありますが、降雨時数値が秋から上がるようになってきています。
地球何周めかの薄まった放射能雲ではなく、
F1からの放出が増えているのではないかと?
大気に送れて海中にも降下しますよね?
依然、密閉されていないF1からは放射能が放出されて
いるのは事実でしょうし、何が起こっているかは
また半年以上経たないと公開されないのでしょう。

  • 2011/11/13 1:04 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
【MicroSoftOffice2010入門編セット】 情報 暴露屋 口コミ レビュー
【MicroSoftOffice2010入門編セット】  無料レポート 情報 暴露屋 口コミ レビューをいち早く お伝えします。
  • 【MicroSoftOffice2010入門編セット】 情報 暴露屋 口コミ レビュー
  • 2011/11/14 2:34 PM
  •