<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 放射性物質で食品安全委の変節にメディアも異議 | main | 2011年10月のエントリー一覧 >>

日本の世界人口シェア、江戸中期3.9%が最高

 世界人口が70億人に達します。《「70億人目」認定、31日生まれ全員に 国連人口基金》(朝日新聞)で「70億人目の赤ちゃんたち」認定証がもらえると伝えられるなど、お祝いムードです。人口減少に転じてしまったに日本はこれから影が薄くなっていく一方でしょうが、日本人口の世界人口に占めるシェアはいつが最高だったのかと疑問が湧いて調べてみました。結論は江戸中期3.9%です。

 「図録▽人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)」(社会実情データ図録)で描かれた日本人口の推移グラフを、「70億人目前、人類はいつからどのように増加してきたのか」(GIGAZINE)の世界人口推移グラフで割り算してみようと考えました。全く違う用途で描かれたモノですから、年代もぴたりとは合いません。しかし、1900年以前は人口推計自体が幅がありますから大きく誤ることはないでしょう。「国勢調査」やウィキペディアの「世界人口」からも欠けた所を補いました。



 西暦元年のころ、日本は弥生時代推計59万人、世界は3億人からスタートしたのが、上の一覧とグラフです。西にローマ帝国、東は漢王朝の時代ですから本当に比べものにならないシェア0.2%、ちっぽけな存在でした。それから1200年、律令制国家から鎌倉時代の684万人への成長は、世界人口の伸びを大きく上回って進み、シェア1.5%。そして江戸時代に入った初期は1227万人なのに、八代将軍吉宗のころに3000万人台に達します。シェア3.9%のピークです。その後、幕末まで人口はほぼ横這いで推移するのが江戸期の特徴で、倍増する世界人口に置いて行かれます。明治維新が起きて富国強兵策に転じて以降は、人口も急増しました。しかし、戦後ベビーブーム期の1950年、シェア3.3%でも江戸中期に及びません。現在は人口1億3千万人の手前で頭打ちになっており、シェア1.9%。2050年の推計では1億を割って9515万人、世界人口の1%にまで下がってしまいます。

 70億人時代を迎えて出された「世界人口白書2011」は、色々な資源が人口増に追い付いていかない将来の大変さを考えさせる記述で満ちています。日本の人口減は国内市場規模や活力の低下には響きますが、急増する途上国に席を空けてあげる意味では悪いことではありません。現在でも欧州では8230万人のドイツを除き、6千万人台の英国、フランス、イタリアは世界人口シェア1%を切っています。

 【参照】インターネットで読み解く!「人口・歴史」エントリー一覧


コメント
 国の国力の基礎は国民と国土にあり、国土が狭い日本は、国民の質と数に頼るしかありません。
 しかし日本では、「もうこれ以上若者に頑張って貰う必要はない」と考え、教育水準を1990年頃から最近まで落としました。さらに最近「子供手当はばらまきだ」と言って非難し、減額しました。子供や育児をする女性をを冷遇すると少子化が進み、経済が縮小します。また、上質な労働力の確保が難しくなります。ちなみに、私がドイツに1年弱滞在したときには、外国人にもかかわらず、子供手当をいただきました。
 貧すれば鈍するということわざがあります。
 
500年前、面積が日本の四分の一で人口が日本の6%しかいなかったポルトガルが世界貿易の半分を半世紀にわたって牛耳り、400年前は面積が日本の九州程度で人口は8%ほどのオランダが1世紀近く世界貿易の主役であり続けました。19世紀には人口でも面積でも日本の八割程度のイギリスが1世紀にわたって世界経済を牛耳り続けました。こうした国々は、人口ではそれぞれの時代の世界と比べた率で、ポルトガルが0.2%、オランダが0.3%、イギリスがやっと2%です。(比較に使った数値はA.Maddison氏のを引用)人口が必ずしも国力を左右する要因ではないということです。
  • オオハシ
  • 2011/10/31 11:33 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
人口28万人減 人口増 1位沖縄県 2位東京都 3位愛知県 人口減 1位福島県 2位秋田県 3位青森県
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/04/18(木) 14:16:44.18 ID:5TVGcDUU0 ?PLT(15072) ポイント特典人口28万人減 一番減った県は?総務省が16日発表した、総人口推計(平成24年10月1...
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版
  • 2013/04/19 12:01 PM
  •