<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 15メートル大津波は、実は想定してあった!!! | main | アジア工業国の非婚化は日本以上に進んでいる >>

野田新代表、何もせぬ民主党政権で終わる瀬戸際

 政権交代2年で3人目の新代表、新首相として野田佳彦財務相が選出されました。野田氏は政権運営とは雪の玉を坂道で押し上げ雪が付着していく重みに耐えるモノなのに、現状は雪の玉が坂道を転げ落ちていると厳しい認識を示しました。1月の「『新政権を育てるのに失敗』年賀状での心配事」で憂慮した何もせぬ民主党政権が、大震災・福島原発事故でもどんどん後手に回り続けて見るべき成果をあげていません。民主党政権が何も出来ずに終わってしまう瀬戸際に立った新代表と言えます。

 財務相としての仕事ぶりは財務官僚の思惑に沿った感じが強かったと思えます。民主党が掲げた『政治主導』のにおいは薄いけれど、政治主導の意味も改めて問わねばなりません。政権交代以来、根拠を示さぬ、思いつきに近い『政治主導』で官僚組織を振り回してきました。一方で長い間、違う価値観に触れる機会を持たなかった官僚組織側の質的劣化も激しく、前例があるルーチンワーク以外の仕事には役に立たなくなっています。原発事故がその好例で国の安全審査が根底から覆っているのに、経済産業省は「原発は適法に運転されている」と言い張るばかりです。そんな主張は裁判になったら通用しません。

 代表選で対抗した海江田万里経済産業相は「修羅場をくぐった自分にしか判らないことがある」と主張しましたが、全くのお笑いぐさです。官僚の「保守」的な言い分を代弁しただけです。原発全電源喪失という大事故の進展を制御するには原子力安全・保安院の官僚では力不足は明らかですから、強力な技術スタッフを即席で整備して、司令塔を造るしか道はなかったのです。

 1月には「年金・医療など社会保障、農業と貿易の問題、内需拡大と成長戦略といった緊急を要する大きな政策課題に成果を上げさせねば、政権交代の意味そのものを失わせ、長く尾を引く後遺症になると心配します」と書きました。さらに震災復興と原発事故の後始末が加わっています。これでもなお小沢元代表をめぐる軋轢から党人事の方に民主党内やマスメディアの関心は向いていますが、冗談ではないと思えます。


コメント
日本は、戦後欧米を手本にして、改善を行うことで発展してきました。また、前例を重視して、協調性を大切にしてきました。そのため、バブル崩壊や今回の原発事故などの様な前例のない状況では、何をすべきかを決断することができずに大失敗をしました。
私達は自民党政権の行き詰まりを感じて民主党を選びながら、消費税の値上げをおそれ、参議院選挙では与党に過半数を与えないという選択をしました。「衆議院で多すぎる議席を与えた間違いを、参議院で少数にすることによりバランスを取った」と言えるかも知れませんが、これが政治の機能不全に繋がっています。
私は、現在の日本の行き詰まり状況は、官僚や政治家の問題だけではなく、日本人の思考と行動パターンに原因があると思っています。例えば、私達は少数意見の尊重を好みますが、国の行方を決める大問題では意見が分かれます。95%の人が賛成するまで待っていては、間に合いません。過半数の人が賛成することを行うことが民主主義の原則ですが、衆参のねじれでそれができません。その他、色々なことを行うには時間が必要ですが、私達はとてもせっかちで、直ぐ文句を言い始めます。
私は、日本人の考え方や習慣、政治や経済を初めとする社会制度、教育など、様々な面で日本は根本的な改革が必要だと思っています。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
民主党代表に野田佳彦氏
あわただしく民主党の代表選挙が行われ、新代表が決まった。 過去最多の5人が立候補し、1回目の投票では過半数を制する候補がなく、決選投票に持ち込まれた。 1回目の投票で ...
  • 虎哲徒然日記
  • 2011/08/29 7:33 PM
  •