<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 福島原発事故の全電源喪失安全審査に重大過失 | main | 避難民を帰すのに国は本格除染を実施しない気か >>

首都圏の高放射能汚染を市民が自費で実証

 市民グループ「放射能防御プロジェクト」が8日、参議院議員会館で記者会見して首都圏150カ所での土壌汚染調査結果を発表しました。福島原発事故による汚染で、チェルノブイリ事故で義務的移住区域とされた「特別放射線管理区域」レベルが埼玉で1カ所、移住の権利が認められる「高汚染区域」レベルが千葉2カ所、東京で茨城で1カ所の計4カ所もあることが判明しました。以下に地図を引用します。赤が特別放射線管理区域、オレンジ色が高汚染区域ですが、東京に2点あっても江戸川区の1カ所だけ有効で葛飾区のはぎりぎり基準以下です。



 Facebook上の公開グループ「福島第一原発を考えます」が母体になって有志を募り、身近な場所の土壌を一定の方法で採取、15750円の費用を負担して信頼できる機関で高精度の測定をしてもらっています。チェルノブイリ事故で「不必要な被ばくを防止するために設けられた管理区域」は、上のマップでは黄色で表示されていて、千代田区など都心部に広く分布している点も見逃せません。合計2百万円余りの費用でこれだけの結果を出せるのに、行政側がこの5カ月、動こうとしなかった点について、会見に同席した紀藤正樹弁護士が批判、大規模調査に取り組むよう要望しました。

 土壌とは別枠で、豊島区巣鴨の道路脇に溜まっていた土砂から1キロ当たり61713ベクレルの非常に高い汚染が見つかったことも報告されました。これは塵として吸い込まれる危険性があり、知らない間に内部被ばくの被害が広がっている恐れがあります。

 【参照】インターネットで読み解く!「福島原発事故」関連エントリー


コメント
1サンプル、5,000円ではなく、16,000円弱の個人負担のはずです。
  • のり
  • 2011/08/13 1:18 PM
  •  
Facebookで5000円と聞いていたのですが、15750円と出ていますね。本文を訂正しましょう。
  • dando
  • 2011/08/14 1:20 PM
  •  
大阪や 京都など 関西はどうなってるんでしょう? 8月14日も 福島原発の敷地の割れ目から 水蒸気が出ていると フェイスブックの 脱原発への道に YOU-TUBEの {ふくいちさんカメラ} が のっていたので この水蒸気は なになのか 不安ですねえ。

テレビでは あまり何もいわないので わからないですねえ

結局 炉心溶融(メルトダウン)が 初期からしてたことも 発表されずに 来たのでしょう? 

枝野さんが 大丈夫と 当初なんどもいってたが アメリカから 冷却材の提供があったと てれびの テッロップに臨時速報で 出てた。 が 廃炉になるのでことわったとか・・・
もし このとき これで 冷却できてたなら と 思うと とても 悔やまれる。

この時点で 放射能はどんどんでていってるはずでは・・・   難しいことはわからないが なぜ 政府関係者は するべき処置ができないのか?
京大の 原子炉研究所の 小出裕章助教授がいってるとうりなら 溶けた炉心 は  どうなっていくのか?
今でてる 地面の地割れからの 水蒸気は 何なんだろう?  不安がましていく・・
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック