<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 今度は本物、高速鉄道事故で中国メディア反乱 | main | 福島原発事故の全電源喪失安全審査に重大過失 >>

福島中通り汚染は広く深刻、国は学童疎開を

 福島市や郡山市など中通り放射能汚染地区の広がりを「文部科学省による放射線量分布マップ」(8/2公表)で確認して、その大きさにショックを受けました。6月から7月に福島第一原発から100キロ以内2000カ所で土壌調査した際に、1メートルの高さで空間線量を測っています。地図を以下に引用します。



 ピンクの線で仕切られた飯舘村など計画的避難区域は黄色の点で占められています。その直ぐ下、1.9〜3.8マイクロシーベルト毎時である黄緑色の点が都市部に広がり、1.0〜1.9マイクロシーベルト毎時の緑色が中通り東側を埋め尽くしています。この地区の自然放射線量はせいぜい0.054マイクロシーベルト毎時程度ですから、法定の年間限度線量1ミリシーベルトの10倍前後にもなる地域がこんなにも広大なのです。

 学校の校庭管理で文部科学省は当初は年間20ミリシーベルトを打ち出して非難を浴び、現在は目標1ミリシーベルトになっていますが、日常の生活空間が年間10ミリシーベルト級の汚染空間なら学校だけ下げても無意味です。しかも汚染は主に福島原発事故で降下した放射性セシウムによるもので、子どもが遊んだり運動したりすれば接触する可能性が高いのです。それによる内部被ばくの恐れも考えねばなりません。仕事がある中高年の親はともかく、子どもたちを育てる環境でないことは明白です。

 1学期の終わりに転校していく学童が多数いると報じられましたが、この汚染状況なら当然のことです。不安に思っても転校させる余裕がない親も多いはずです。国が負担して学童疎開を実施すべきです。法の建前から年間限度線量以上なら対象にすべきだと考えますが、少なくとも数倍になる0.5マイクロシーベルト毎時以上の地域は是非とも学童疎開させるべきです。

 【参照】インターネットで読み解く!「福島原発事故」関連エントリー


コメント
おっしゃられる通りだと思います。

というか、チェルノブイリの時、私は中学2年生の非常に多感な時期でしたが、崩壊寸前の旧ソビエト政府ですら情報の隠蔽は32時間で、その後は数え切れないくらいのバスでキエフや周辺の子供たちを何ヶ月も疎開させていたのを良く覚えています。

それを考えると現在の日本政府というのは一体何なのか。もしかしてこの国は旧ソビエト政府のように崩壊してしまうのか。なんて考えてしまう。

放射線は全部で31種類あるそうですが、日本のマスコミで言われているのはほんの2〜3種類ですよね。

百年後にもし日本という国が存在すれば、現代のことは『暗黒の時代』として認識されることでしょう。
  • sam41
  • 2011/08/04 7:36 AM
  •  
>>おっしゃられる通りだと思います。

何語でしょうか。
日本語でお願いします。

日本語には「おっしゃられる」という表現はありません。
  • suomi
  • 2011/08/05 12:26 PM
  •  
 syyomi みたいな容易に文法エラーを起こす計算機並の頭脳の持ち主wはさておき、オイラも主意には賛成ですね。
 早い段階での
https://sites.google.com/site/kodomoanshin/jidou-hinan-junbi-teigen
...みたいな提言が既にあったのに、善意の欠如か何なのか
http://jein.jp/blog-einstein/686-blog-80.html
...みたいなトンチンカンなことを言う人達も大なり小なり居て、ガッカリしますねw
  • LMN
  • 2011/08/07 12:16 PM
  •  
国民が、外国人支配の反日民主党を選らんでしまったから、予想通りの結果が出たな。

  • まさにブーメラン
  • 2011/08/07 6:18 PM
  •  
疎開すべき、って言えばそれで済む人はいいよね、、、
いや、それはそういう役割なのだから仕方ないんだけど。
  • どりまる
  • 2011/08/09 8:19 PM
  •  
前提が学童疎開は善意の行為であり、全ての親や社会から賛成され、受け入れられるものとしたエントリーなんだろうね。
たしかに子どもの被曝の危険は多くの方が認識し気にしているだろうけど該当地域の大多数が学童疎開や避難に賛成している状況なのか。もしそうなら既に町、市議会などで疎開決議が多数されていたりするのではないだろうか。「負担」も国だけではなく疎開元・疎開先の自治体に多大な負担がかかるが自治体の賛同は得られるのか。
  • 該当地域は受け入れられるか?
  • 2011/08/11 1:01 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック