<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 水素爆発には建屋にドリルで穴:保安院過酷事故対策 | main | もんじゅ落下装置引き上げと今後への危惧 >>

【高速炉もんじゅ情報】引き上げ終了は24日5時前

 落下した炉内中継装置と原子炉蓋スリーブを一体で引き上げる作業が23日朝からにも実施――とされているのですが、22日夕になっても予定公表はまだです。敦賀本部の「お知らせ・トピック・その他」に出るそうです。

 敦賀市議はるみさんの「保安院のチェックがすみしだい明日の予定を公表する予定・・・」が最新の情報です。公式なアナウンスがあれば順次書き加えて行きます。 

 【23日午前2時追補】「もんじゅ、落下装置引き上げへ 収納のための容器を設置」などマスメディアの報道があります。「日本原子力研究開発機構は22日、引き上げた装置を収納する大型容器を設置した。機器の微調整など最終的な準備が整い次第、23日午後にも装置を引き上げる」というものです。

 【23日午前10時追補】原子力機構から「23日」の日付でお知らせが出ました。「高速増殖原型炉もんじゅ(定格出力28万kW)は、昨年8月26日に落下した炉内中継装置の引抜き・復旧について、燃料出入孔スリーブと一体で引抜くこととして準備を進めてきましたが、6月23日2時30分に準備が整ったことから、本日、引抜き作業を実施する予定ですので、お知らせいたします」

 福井新聞によると、引き上げは「1分間で6センチ」毎秒1ミリのスローペースなので、8、9時間かかるといいます。

 【23日午後1時追補】朝日新聞が「もんじゅ炉内に落下した装置、回収へ 過去2回失敗」で「23日午前7時45分ごろから、作業員約20人が、装置の引き抜きに使う専用容器「簡易キャスク」(直径1.4メートル、最大長16メートル)の最終調整を始めた」。12時40分リリースなので開始はまだのよう。

 【23日午後6時追補】17時08分リリースの東京新聞「もんじゅ、今秋復旧目指す 落下装置の引き上げ開始へ」「日本原子力研究開発機構は23日、装置が引っ掛かった原子炉容器の上ぶたの一部ごと引き上げる大掛かりな作業を始める。機構は24日未明までに引き上げ作業を終える予定」

 やはり6時現在の「もんじゅ最新情報」では「引き揚げる前にプラバック内の気密検査をしたら気密性が保たれていないことが判明し、やり直しているとか」 ということに。また、福井新聞は「原子力機構は23日夕、引き抜きの準備作業を一時中断。再開は早くて午後8時以降になるもようだ」としています。

 【23日午後9時追補】敦賀市議はるみさんのtwitterでは「今、機構から電話連絡あり。20:50より引き抜き開始。8時間かかるとすると、朝5時ころに完了か?」

 【24日午前6時追補】5時36分リリースの朝日新聞「もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了」「日本原子力研究開発機構は24日午前4時55分、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器から、約10カ月間落下したままになっていた重量3.3トンの装置の引き抜き作業を終えた」

 一言だけ。こんな危険極まりない炉を、本格運転するのだけは止めてほしいのですが……

コメント
毎日ニュースは、先月の報道のようです。
  • 2011/06/23 11:49 AM
  •  
工学的無理とは何だったのか
  • 2011/06/24 5:58 AM
  •  
素直に間違いは認めたほうがいいよ。
そうでないと危険性が胡散臭くなるし。
  •  
  • 2011/06/24 6:21 AM
  •  
ニュー速から来ました
  • 2011/06/24 6:34 AM
  •  
誤った考察から「工学的に無理」と断じた事について何も言わないんですね
ジャーナリストてのは気楽な商売ですねえ
  • 2011/06/24 7:18 AM
  •  
足し算引き算間違えたんですか?
  • 2011/06/24 7:42 AM
  •  
光学的無理というご意見はいったい何だったんでしょう?
政府や電力会社の事故に対する隠蔽体質はたしかに批判されて然るべき事ですが、同様にジャーナリストも間違った発言に対しては責任をしっかり持ってもらいたいものです。
  • 2011/06/24 8:05 AM
  •  
抜けましたね。
工学的に無理。と断言されていたのはていされたのでしょうか?
  • 2011/06/24 8:48 AM
  •  
ほんとにジャーナリストだったら原発推進してきた党や原発は安全ですって伝え続けた広告代理店、テレビ局のえらい人にどう責任とるんですか?って取材に行ってください。
  • 2011/06/24 9:30 AM
  •  
>光学的無理というご意見はいったい何だったんでしょう?

机上の想定、ってヤツですね。しかもその論拠となる「工学的」理解が不十分な。

金属の熱膨張を考慮した機械設計や作業を経験していれば、余計なバイアスなしにちょっと考えると何がおかしいのかくらい普通にわかるはずです。実在の物体ならそうなるよね、って話ですから。
金属ナトリウムの機械的物性についてもどうやらご存じないようですしね。

 
>同様にジャーナリストも間違った発言に対しては責任をしっかり持ってもらいたいものです

http://blog.dandoweb.com/?eid=91592

こちらの記事とコメントをどうぞ。

原子力に関しては批判的なことを言えばそれだけで正しいような昨今ですから、この件もろくに批判されることはないでしょうしね。

その分野の基礎知識もないのに「工学的無理」とまで言い切った以上、どこをどう間違ったのかくらい総括したって良さそうな気はしますけどね、常識的には。

もちろん基礎知識がないからこんな話になったわけで、どなたかに指摘されないと何を間違ったのかに辿り着くこともできないでしょうし、それが自力でできるなら最初から「工学的無理」みたいな大風呂敷広げないような気もしますが。

まぁ今回はどのように「考えを改め」るのか、生暖かく見守りたいとは思います。


ともかく、もんじゅ自体の今後の扱いに関しては基本的に異論はないのですが、こういう基本的な間違いをベースにした程度の低い「煽り」をやられると、その方向性まで胡散臭くなるので勘弁していただきたいですね。
  • コンクリートドリル
  • 2011/06/24 10:32 AM
  •  
死人に鞭打つようだけど、自称ジャーナリストが「工学的無理」と言った手前、現実的に引き上げが成功した事について自らの意見を述べる必要があると思います。

と言っても内容としては

1. 全面的に謝る
2. 成功したのは捏造、実は失敗していると捏造論で押し通す
3. 完全無視

どれかでしょうけど・・・
  • 2011/06/24 10:53 AM
  •  
もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了
http://www.asahi.com/national/update/0624/OSK201106240001.html

「工学的に無理」とはなんだったのか。

高速炉もんじゅ落下装置引き上げに工学的無理(6/10)
http://news.livedoor.com/article/detail/5625269/

ブロゴスの方はコメント欄が大炎上してますね。
  • 2011/06/24 11:24 AM
  •  
もんじゅが安全と思っている方へ

回収作業が成功してほっとしているのは私も皆さんと同じです。
この作業が非常に困難を伴うものであったことは否定できません。工学的に不可能であるという可能性も考慮に入れて慎重に計画し遂行された作業であると思います。この作業に携われた技術者、作業員に深い敬意を評します。

しかしながらもんじゅそのものの危険性がこれによって否定できる訳ではありません。

以下の質問にお答えいただける方はおられますか?

1. 燃料交換系が一つしかないもんじゅは設計上の欠陥があると思いませんか?液体ナトリウムを封じ込めるために今回のような回収作業を繰り返すことはできないでしょう。
2. もんじゅの直下には活断層があります。直下型地震が起きたら、普通の軽水炉より構造的に弱いと言われるもんじゅが問題を起こさないという保証がありますか?
3. 若狭湾にはかつて津波が押し寄せたと言う歴史的記述があります。しかしながらもんじゅは津波対策は全く想定していません。福島と同じ事が起きないという保証はありますか?
4. ご存知のように北朝鮮から若狭湾までは海を隔てて目と鼻の先です。北朝鮮が韓国と交戦状態になって追いつめられた北朝鮮が日本を攻撃しないという保証がありますか?北朝鮮にとって日本の息の根を止めるには若狭湾にあるもんじゅを破壊するのが一番手っ取り早いとは思いませんか?燃料を満タンにした航空機が突っ込むとかテスト中のミサイルを使うのはとっても簡単だと思います。もんじゅに突っ込めば核兵器を搭載する必要もありません。ミサイルだって米国に届かなくても目と鼻の先にある標的に当てればいいのですからその気になればいつでもできるでしょう。例えばハイジャックされた民間機がもんじゅに向かっているとしたら日本の政府は間に合うように自衛隊に撃墜命令を出すことができるでしょうか?そのための法整備はあるでしょうか?

5.最後にどうしてプルトニウムと液体ナトリウムを組み合わせて使うような危険な技術を巨額の費用ををかけて開発しなければならないのでしょうか?フランスやドイツがあきらめた事実は重いです。同じ額の金をつぎ込めば安全で単価の安いエネルギーが短期間で開発できると思いませんか?

どんな優れた科学技術も扱うのは人間です。そして人間は必ず間違いを犯します。科学には絶対安全と言うことばはありません。絶対安全を申し立てる人は自分の枠の中でしか想像できないのです。福島の事故と同様のことがもんじゅで起きたらおそらく日本は崩壊してしまうと思います。もんじゅは廃炉にするしかないと思います。
  • mac in LA
  • 2011/06/24 12:36 PM
  •  
>mac in LA 2011/06/24 12:36 PM &#160;

質問が長過ぎるよ、三行で纏めて出直して来い。
  • 2011/06/24 12:50 PM
  •  
団藤保晴…ネット・ジャーナリスト、元全国紙記者の
発言を信用することは工学的無理。
  • 2011/06/24 12:51 PM
  •  
>1. 全面的に謝る
>2. 成功したのは捏造、実は失敗していると捏造論で押し通す
>3. 完全無視

4.もんじゅ自体の危険性に話をすり替える。

 コレも追加で。

 今回の作業が工学的無理があるかどうかと、もんじゅ自体がシステムとしてリスクキーであることは関係ないというか、今回の作業が工学的に無理という主張が覆されただけだよね。

 少なくともこの記事へのコメント欄には、もんじゅ自体が十分安全なんて話は一つもないのにmac in LAみたいなのが沸いて出る不思議。
  • 2011/06/24 1:00 PM
  •  
今年の流行語大賞「工学的に無理」
  • 2011/06/24 1:16 PM
  •  
団藤氏がすべっても日本は滅びはしないけど、もんじゅが事故を起こしたら日本は滅びるだろうね。
あなたたちはもんじゅをどうしたいのかな?
そっちのほうが日本の未来には重要だと思うけれど。。。
  • 2011/06/24 1:42 PM
  •  
今回の落下も立派な事故ですよ
それで、日本滅びましたか?
  • 2011/06/24 2:31 PM
  •  
団藤さん、やってしまいましたね。
工学的無理とはなんだったのか、説明されると良いでしょうね。

読者としては
1 団藤さんの工学的知識には限界があり過去に失敗例あり
2 原子力、もんじゅには「反対」のバイアスが相当かかっており自らの願望をもとに記事を書いている。記事にバイアスが入るという点では原子力以外も同様であろう。

と判断せざるを得ません。従って今後の団藤氏の記事は原子力関係の記事に限らず上記の点をふまえ割引いて読まざるを得ない。
  • 2011/06/24 3:20 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック