<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 高速炉もんじゅ落下装置引き上げに工学的無理 | main | 原発運転再開:安全指針の担保外す政府こそ違法 >>

【高速炉もんじゅ情報 杠能蕕琉き上げ動作に

 高速増殖炉「もんじゅ」で落下した炉内中継装置とスリーブの一体引き上げ工事の難しさに関心を持たれて来訪されている方が増えています。引き上げ工程が核心に入ってきましたから、日本原子力研究開発機構のウェブなどで説明されている進行状況をもとに、手短にお伝えしていきます。

 6月13日夕刻に発表の「お知らせ」は「本日は、炉内中継装置引抜き・復旧工事の概要Δ虜邏箸里Δ繊一体引抜用吊具の 上部の取外し作業※を行っています」と簡潔に書いています。

 工程の全体像を提供しているのが「引き抜き工程」です。14日には「Π抜き前の状態」で「3)ポーラクレーンで一体引抜用案内管内にジャッキを取 付け、固着ナトリウムのせん断操作」が考えられます。要するに、少しだけジャッキで持ち上げてみる、最初の引き上げ動作です。スリーブと原子炉蓋の間に固着しているナトリウム化合物を剥がそうとしています。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック