<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 日本人の4割はパソコン無縁:欧米と大きく乖離 | main | 年間1mSvは法定の限度線量:遵法感覚はどうした >>

在京メディアは東京の年間限度線量超過も無視(追補)

 ほとんどの在京メディアが騒がないので共産党の貴重な提言「東京都内各地の空中放射線量測定結果について」を見落とすところでした。放射線障害防止法など国内法で決まっている一般人の年間被ばく限度線量1mSvを、東京23区の東半分では超える恐れがあるとの指摘で、特に資料の放射線量分布マップは必見です。

 ずっと前から東大の「環境放射線情報」で、本郷(3)地点の線量が0.12μSv/hを維持しているのが気になっていました。これが年間被ばく限度線量1mSvに相当するからです。共産党が都内各地で組織的に測定した結果が上のマップになっていて、本郷は境界線付近にあり、特異点ではなかった訳です。これは真剣に詳細な測定をすべきです。1mSvを超える地域ではそれなりの自衛策を考えるべきですし、人口密度が大きい都内に高線量ホットスポットでもあると困ります。

 毎日新聞都内版の《東日本大震災:共産党都議団、放射線量公表 葛飾・水元公園が最高 /東京》を読んで唖然としました。「都は、都健康安全研究センター(新宿区百人町)の地上約18メートル地点にあるモニタリングポストで24時間放射線量を測定し、公表している。24日の平均値は毎時0・0623マイクロシーベルトだった。都の担当者は『高さによって線量に差があるのは把握しているが、それでも現在の数値は健康に影響があるものではない。ただ、安心のために今後地域ごとの測定を進めるかを検討している』とした」

 最後の談話にもありますが、共産党がしている地上1メートルでの測定がスタンダードです。地上18メートルなんて、故意に低く見せるための露骨な操作です。こんな「大本営発表」記事を、遠く福島ばかりでなく、自分の足下、東京についてまで臆面もなく書き続けているとは社会にとってもはや害毒です。「在京メディアの真底堕落と熊取6人組への脚光」の「そもそもこうした体質の在京メディアにジャーナリズムを名乗る資格があるのか疑われます」を改めて投げかけましょう。

 【追補 杪召料換饂罎琉靴い鮹凌佑膨瓦戮討發蕕辰燭蕁朝日新聞も都内版のベタ記事で《「放射線量の計測地点 知事に増設申し入れ」共産党都議団》。「共産党都議団は25日、大気の放射線量の計測地点を都内各地に増やすよう、石原慎太郎都知事に申し入れた。同都議団が独自に今月6日から25日、都内全域約130カ所で放射線量の測定をしたところ、都が公表している新宿区の都健康安全研究センターで測定した値より高い地域が多かったという」「都健康安全課の担当者は『現在観測されている都内の放射線量は健康に影響のない数値だ。ただ、地域による違いはあるだろうと考えているので、対応を検討している』と話している」。
 一方、読売新聞には記事が見あたらないそうです。

 【追補◆枦豕の自然放射線レベルはかなり低いことを前提にして書いておきましたが、仕事から帰ってきたので資料を補足します。共産党の測定マップが以下です。



 これに対して、日本地質学会の「日本の自然放射線量」から都内付近を取り出したのが以下です。



 東京東部の自然放射線量は0.036〜0.054μSv/hの水色ゾーンに入っています。上のマップにある葛飾区0.391、足立区0.257、江東区0.186、江戸川区0.18などは大きく上回っています。超過分が問題であり、葛飾区付近はもう一段低い自然放射線ゾーンかも知れません。


コメント
自然放射線量について考慮しましたか?
  • 2011/05/27 10:22 AM
  •  
東電も政府も大手メディアも信用できないが、
じゃあそれらを糾弾する系の情報を無闇に信じていいのかとか、
もう何かを簡単に信じちゃいけないような
そんな感覚の人がまわりにも多いです。
  • うーん
  • 2011/05/28 5:17 PM
  •  
民主党、マスコミ、日教組、組合、生協など、日ごろ、声高に人権、人権と言っていた連中は、平気で日本人の子供たちを被爆させ続けている。
恐過ぎる。
  • 2011/05/29 5:45 PM
  •  
貴ブログの健闘に敬意を表します。
ただ、0.12μSv/hでは年間1mSvには達しません。これは、24時間屋外にいるという計算ですね。

16時間は屋内という前提に立つと、
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_3.pdf
で、東京で年間1mSvを越えそうなのは、葛飾区です。
ただ、この計算は、3/15とか3/25に跳ね上がった空間線量は算入していません。

また、原点に戻れば、「年間1mSv以下なら安全」なんていう科学的根拠は一切ありません。衆議院の科学技術委員会で、崎山比早子さんが見事に言い切ったように「これ以上厳しくすると原子力産業が立ちゆかないから」という数字が年間1mSvなのだと再確認すべきでしょう。
はじめまして。読ませていただきました。
埼玉県上尾市、ガイガーカウンターを借りて、近所測定したところ、やはり平均的に0.12μSV/h・・・
家のなか、寝室すべてそうでした。

これはやはり高い値と思あったほうがいいのでしょうか?

新聞で地域の放射線量をみて、埼玉は少ないのかなとあんしんしておりましたが、地上から離れたところでの計測にはなんら意味もありませんね。

どうして、政府はもっと国民の安全を考えてくれないのでしょうか?理解ができません。
  • SOMA
  • 2011/08/06 1:56 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
日本人の4割はパソコン無縁
ども、negativeH10sionです ちょっと面白いことを取り上げてるblogありました 日本人の4割はパソコン無縁:欧米と大きく乖離 これlivedoorのBLOGOSにあるんですが世界と比べて日本のPC普及率が鈍化している という観測記事です その分析はblogにある内容もしく
  • WEB APPRECIATOR
  • 2011/05/26 10:42 PM
  •