<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 過失特大の政府賠償責任が論じられぬ不思議 | main | 在京メディアは東京の年間限度線量超過も無視(追補) >>

日本人の4割はパソコン無縁:欧米と大きく乖離

 パソコンが安くなれば普及率が100%に迫る欧米に比べ、日本では60%を前に頭打ちになる――《元麻布春男の週刊PCホットライン〜低価格化が進まない日本のPC事情》で不思議な傾向が紹介されました。米インテル社の投資家ミーティングで公開されたグラフを、一部トリミングして以下に掲げます。その国のパソコン価格が週給の4〜8倍くらいまで下がるとノートPCの普及が加速する様子が描かれていて、100%に迫っている黄色が北米、オレンジが西欧、離れたブルーが日本です。



 ヨーロッパ諸国の国別普及率を追加したグラフも紹介されていますが、「普及率が60%で頭打ちになる国は、日本以外ほとんどない。現時点で日本より普及率が低いのはチェコ、スペイン、ポルトガル、ギリシャといった国々だが、日本のように60%手前であからさまな頭打ちになっている様子ではない」そうです。中国はようやく普及ゾーンに入りました。

 「日本以外の先進国では、PCが不可欠なものになっているのに対し、日本ではそうなっていない、ということだ。日本では多くの人にとってPCは、あると便利なものではあっても、ないと困るものではない、ということが、普及の妨げになっているのではないか。わが国でPCは、40%の人にとって、買えないものではなく、買わないものなのだ」「もちろん、PCが不要なものであれば、それはそれでいい。しかし、他の先進国との普及率の差が40%近い状況を放置して、本当に大丈夫なのだろうか。教育や産業に与える影響を考えると、不安を感じざるをえないのが正直なところだ」と、元麻布さんは心配しています。

 私は10年近く前に書いた「インターネットで読み解く!」第118回「iモードは日本でしか成功しない?」 を思い出しました。海外にiモード携帯電話を普及させようとして結局はかなわなかった、入り口での考察ですが、パソコンについては逆パターンという気がします。「デジタル・ディバイド層にはパソコンよりずっと向いている。この層から求められているデジタル・データはそんなに複雑なものではない。普及して安価になればどこの国でも、この事情は同じだから、日本と全く同じ爆発的な展開は無理としても」と書きましたが、海外では日本式「ガラパゴス携帯」は広がりませんでした。海外では普通の人はノートパソコンを買い、それがあることを前提にスマートフォンが普及してきました。

 維持費まで考えると相当に高価な高機能携帯電話に、日本人はこだわりすぎていると感じます。その一方で、どの大学でも招かれて講義する際にサービスとしてネット利用法をざっと話すのですが、いずこの学生も知らな過ぎる印象です。パソコンでこんなことまで出来ると知らなければ使う気もしないでしょう。十代からの情報教育が硬直化していて、面白くない中身であろうことは容易に推測できます。


コメント
キーボード文化に適応するには、日本人は西洋人以上の努力を要するのではないでしょうか。
パソコンを普及させようと思ったら、まず学校でタイピング技能−−もちろんブラインドタッチ−−を教えることから始めたらどうでしょう。
  • wataru
  • 2011/05/25 1:02 AM
  •  
ブラインドタッチなんて無くていいよ、
人差し指でポチポチやってもちゃんと動くんだから。
  • 2011/05/25 9:34 AM
  •  
いまどきパソコンなんて使ってるのはどっかの社蓄かオタクだけでしょ?日本はガラケー万歳ですよ。
  • sake
  • 2011/05/25 4:35 PM
  •  
残りの40%のけっこうな数がMac使ってるとかいう
オチだったりすんじゃないかと”PC率”について考えた
  •  
  • 2011/05/25 6:03 PM
  •  
人口構成が日本は特異(老人が多い)ことと、デジタル・ディバイド以前に英語(PC用語)ディバイドも要因ではないでしょうか。

若者においても英語に対する忌避はいまだ強いと感じます。英語教育の低年齢化で回避できるとよいですが。
  • 2011/05/25 7:55 PM
  •  
分かるなあ。アメリカでは、カーペット業者とか園芸業者みたいなブルーカラーの人にも「見積もり書はe-mailで送って」なんてことが気軽に頼めるし。
  • Willy
  • 2011/05/25 10:25 PM
  •  
SEをやっている社会人ですが、PCってそんなに必要ですかね?
個人的な感触としては、今PCで出来てスマートフォンで出来ない事というのは、動画編集や画像編集などの一部の作業位ではないのでしょうか?
僕の場合はネット端末、仕事で使う事がありPCを使った方が楽に作業が進むので所持しているというレベル。

個人的にはPCの所持率は英語やお年寄りの方が理解できない事よりも、ペーパーレス化が進まないため、資料が紙で電子データでない事の方が大きい気がします。

  • hato
  • 2011/05/26 8:46 AM
  •  
アメリカに長年住んでましたが、原因は学校教育や仕事場でのITかです。例えば、学校(小、中、高)で多くの宿題はPCやインターネットを使うものが殆どです。特に、宿題のレポートはワープロで作成し、プリントアウトするのが常識です。だから、PCを買えない子供には学校に無数のPCがあり、自由に使えます。対して日本では、まだ、レポートは手書きなのかな?入学願書や履歴書も手書き、銀行や役所の申し込みも手書き、などなど、アメリカに比べるとITは10年以上遅れていると思います。
  • mm
  • 2011/05/28 3:11 PM
  •  
・欧州の人口構成は日本とほとんど変わりません。欧州は高齢化がほんの数年遅れるだけです。
・キーボード文化と手書き文化の差は大きいでしょうね。アメリカでも欧州でも、基本はキーボードです。手書きはサインくらいでしょう。
・正規雇用が原因でPCの普及が・・・と元麻布氏は書いていますが、日本より正規雇用の状況が厳しい韓国がデータに無さそうですし、説得力はありません。
・あと、中国の週給と日本の週給ではおそらく10倍程度差があるでしょうから、中国の週給の4〜8倍と言ったら、日本の週給の半額程度になりますから、普及帯のつまり15インチのノートが3〜7万円ならそりゃ爆発的に売れるでしょう。
・何にしても、「週給」の額が大きく違う国々を混ぜて比較したり、どうこう言うところに無理があります。このデータは、もともと元麻布氏も書いておられるように、「週給の何倍くらいでノートPCが普及するか」というもの以上のことは言っていないと思います。あとは余計なことの書きすぎだと思います。
  • 2011/05/29 6:13 PM
  •  
日本はWiFiの整備がされていないからじゃないでしょうか?

どのような理由があるのかは分かりませんが、日本ではノートPCを持って外へ出ても事前に契約を結んだり機器を持っていない限りネットにつなぐことが出来ない。
海外ならばパブリックスペースでWifiが無料で使えたり、その場で時間単位の契約を結んだり出来るのだけど、それも出来ない。

事前に費用を払ってノートを持ち出すならば、携帯を使えば良いと考えるのは自然ではないでしょうか?

ノートPCのメリットである自由度を確保するためにPC以外にかかる費用が諸外国と違うから、そのような結果になるのだと思います。
  • G
  • 2011/05/29 10:50 PM
  •  
日本はさらに進んでパソコンを家電化する方向へ進んでいるのではないでしょうか。
  • 2011/06/05 2:23 PM
  •  
ですね。PCはすでに過去のもの。電卓のようにあらゆるものがPC的機能を持つようになります。ようやく本当のダイナブックの時代がくるのかなぁ
  • 2011/06/12 1:25 PM
  •  
普通のPCを話題にしてるんだったら
コメントにもすでに既出だが
キーボードがネックになってると思うな。

普及だけなら。
  •  
  • 2011/06/13 4:32 AM
  •  
PCという限定的な定義で切るからでは?
考察するには、email利用とか、
別の切り口での統計が必要かも。
どっちにしろ、インテルのプロパガンダの
においがするような・・・

個人的には、なんでもケータイでやらせようと
するのは、嫌いだけど。
なんであんな狭い画面と打ちにくいキーボードで
やらなくちゃいけないのかと。
  • 2011/06/13 5:32 PM
  •  
「消費動向調査(全国月次、平成16年4月調査より) 結果」
 http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/shouhi.html
にある、「主要耐久消費財等の普及率(一般世帯)」
 http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/2011/1103fukyuritsu.xls

によれば、2011年3月現在のパソコンの世帯普及率は76.0%とあります。
調査方法が違うので同列には論じることはできませんが、
少なくとも「日本人の4割はパソコン無縁」と断定できるのか、
大いに疑問に感じますが、いかがでしょうか。
小形さんのコメントが逆の意味で、問題の答えを照射しています。日本では世帯普及はしているけれど、(レポートにあるように)個人普及していないんです。

家にあるから、高価なPCを個人で持つことはせず、個人のお金はケータイの月額料金へ流れた。ついこの間まで、零円で手にはいったじゃないですか。

大学の授業、教授法にPCが浸透しているかというと、海外でもそんなに普及はしていない。しかし、欧米では学生が、個人のPC(世帯のPCでなく)を持ち、ノート筆記をPC画面に向かってやっている。日本では教室に学生がPCを持ち込んで、ノート筆記はほとんどされていない。

教育課程のどこかで、「タイピング」を教わる場面があるかどうかの違いと、ケータイとPCの価格の問題が大きい気がします。
「どの大学でも招かれて講義する際にサービスとしてネット利用法をざっと話す」との事ですが、この内容をどこかにまとめられていませんか?学生が詳しくないなと思われるのは、どの辺りの内容でしょうか?
  • HoshinoE
  • 2011/09/12 5:58 PM
  •  
欧米人とキーボード(タイプライター)の付き合いは古く、19世紀半ば頃に普及機が販売され、20世紀初頭には一般家庭にも浸透していた筈です。
一方で日本では一般家庭でキーボード操作を教えることなど稀で、これだけPCが普及してるにもかかわらず完全なブラインドタッチができる割合はPC使用者の1割程度らしいです。無論、ブラインドタッチができなくてもメールやインターネットはできる訳ですが、コミュニケーションツールとして捉えた場合、携帯の簡便さ、即時性などの方が優位なのは、ある種正しい気もします。
  • rame
  • 2011/10/21 8:24 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック