<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 『もう少しでチェルノブイリ』をグラフで実感(追補) | main | 公衆の被ばく限度、運用で10〜50倍も切り上げ >>

福島市で年間の公衆被曝許容量を超えたのに

 京大原子炉実験所の今中哲二さんがグラフにしている「福島県内各地方環境放射能測定値のプロット」を見て驚愕しました。福島県災害対策本部のデータから16日以降の線量率は平均10マイクロシーベルト/時と見積もられますから、概算すると福島第一原発の北西にある福島市での累積放射線量は2ミリシーベルトにもなるではありませんか。ICRP(国際放射線防護委員会)が定めた年間の公衆被曝許容量1ミリシーベルトの2倍にもなります。


 マスメディアはどうして大騒ぎをしないのでしょうか。もっと凄まじいのが福島市と原発の中間、40キロ地点にある飯館村の線量です。累積値は福島市の2倍以上は確実でしょう。さらに現在も10マイクロシーベルト/時以上の線量率が継続している訳ですから、3、4日で年間の公衆被曝許容量を浴びてしまいます。人口6千人の村民の半数は既に避難したそうですが、なぜ全面避難の対象にならないのか、不思議でなりません。

 例えば47NEWSの《飯館村でヨウ素117万ベクレル 土壌、直ちに退避不要》は「土壌の放射性物質の量には国の基準値がなく、文科省は『直ちに退避が必要なレベルではないが、長期的な影響については専門家の判断が必要だ』としている」と伝えています。土壌の基準が無いのは想定された事態でないからにすぎず、この修羅場での生ぬるさは論外です。この土の上に住む人間が浴びる線量が計算できるように単位面積あたりの放射性物質量を出させるべきです。飯館村の簡易水道からは水1キロ当たり965ベクレル、国基準値の3倍にもなる放射性ヨウ素を検出、飲用禁止になっています。

 人口29万人の福島市で発生している公衆被曝、もっと酷い飯館村について、マスメディアはきちんとした専門家に取材して、市民はどうすべきか情報をまとめるべきです。国や県に頼りきりはどう見ても不適切です。

 【続報3/28】公衆の被ばく限度、運用で10〜50倍も切り上げ


コメント
なぜ大騒ぎしないのか?

福島市や飯館村で観測された放射線は浮遊粉塵に付着した放射性物質であるヨウ素131が発するベータ線でありまして(同物質はガンマ線も放出するがその量はごく微量)、原発付近で自衛隊や消防隊の活動を困難にした中性子や(強い)ガンマ線とは異なります。

また累積放射線量が2ミリシーベルトとされていますが、これは裸で常時屋外にいた場合に受ける可能性のある積算値です。屋内にいる場合は(体に放射性物質が付着していないという前提で)、体と最も近くの場所に存在するヨウ素131は住居建物の外壁ということになると思いますが、数メートル離れてるだけでも構造物の遮蔽率により、また放射線源から距離の2乘に反比例して放射線が減衰するという放射性物質一般の特性により、さらには半減期により受ける放射線量は意外なほど少ないようです。よって屋外での放射性物質吸引による内部被曝や、帰宅時に衣服に付着した同物質の屋内への取り込みに気をつければ十分だと個人的には思います。

ちなみに数日前、飯館村と屋外の放射線量が類似する福島県川内村の子供を対象に甲状腺の被曝調査が行われたそうですが(ソースは朝日新聞だったかな?)、最も線量が高かった子で0.24マイクロシーベルト/時だったそうです。







  • 美香
  • 2011/03/27 2:32 PM
  •  
ごめんなさい、訂正させてください。

○ 川俣町
× 川内村

大変失礼しました。
  • 美香
  • 2011/03/27 2:38 PM
  •  
政治社会的には、福島市を避難地域にするということは、東北自動車道(と復旧したら東北新幹線)を寸断させることになり、宮城以北の復旧活動が困難になる、そういう点も考慮しているのでしょう
  • 2011/03/27 2:58 PM
  •  
避難区域を広げると後の補償が大変だからです。健康より金ですよ金。
>飯館村ヨウ素117万ベクレル土壌直ちに退避不要

ウソをつけ!
  • とおりがかり
  • 2011/03/29 2:50 PM
  •  
初めてお邪魔します。
私は、第一種放射線取扱主任者試験合格者です。(免許取得には、講習会参加費用20万円弱が必要なので、取得していません。(笑))

僭越ですが、ここは原発事故でまともな解説を行っている、数少ない良心的なホームページだと思います。

日本における放射線に関する法律は非常に少なく、
放射線障害防止法と核テロ防止法くらいです。
その中で、一般公衆の年間被曝量は1ミリシーベルトと定められています。この事が書かれているホームページは、非常に少ないのが現状で、残念な事です。数万人に及ぶ第一種合格者は、何をしているのでしょうか?(特に、東電・東芝・日立の免許取得者達は、恥を知るべきだと思います)

以上の法律を犯す者、即ち、東電は直接的な違法行為を行っている事になると思われます。そして、年間被曝限度である1ミリシーベルト以上の被曝を安全だとする研究者達は、違法行為の幇助を行っている事になると思います。それを垂れ流している放送局、インターネットの書き込みも、同罪だと思います。

核テロ防止法の施行以前は、放射線の垂れ流しそのものの刑事責任は、存在しませんでした。しかし、核テロ防止法は違います。放射線及び放射性核種の垂れ流しそのものが違法行為です。従って、刑事告訴が可能です。現時点で刑事告訴が可能なのは、以下と思われます。

・放射性核種の垂れ流しと原子炉の思惟的な放置
 ⇒東電(電源喪失初期のホウ酸注入拒否と
  事実上の放射性核種の大量放出)
・存在しない違法な基準による安全の強調
 ⇒日本政府・研究者・インターネット書き込み
 (政府が暫定基準を上回った農産物を出荷停止に
  追い込んだのは、自らが告訴されない為です)

刑事告訴は、750円の収入印紙を貼って告訴状を提出するだけで、非常に簡単な手続きです。
  • R.H.
  • 2011/04/11 2:04 PM
  •  
私は放射線医学の専門でもなんでもないですが、アメリカの医学研究所で働いています。 こちらの放射線の規制は日本よりも緩やかで、妊娠している女性がお腹に放射線バッジをつけて働いている姿を、たまに見かけます。

デューク大学のWEBSITEによると、妊娠期間中(40週間)に浴びても、まず大丈夫だろうという放射線の総量は1000mremで、1ヶ月間では、最大50mremまでは、まず大丈夫というになっています。(妊娠初期における絶対に安全な放射線量は、分かっていません。)
http://www.safety.duke.edu/radsafety/fdose/fdrisk.asp
(ちなみに調べてみると、うちの研究所規則では、総量=500mrem、一ヶ月間=50mremとなっていました。)

1000mremというと10mSVです。 これは、日本の規制値よりずっと多いです。 (そして、その分、「これ以上は絶対危険だ」という目安になります。)

現在、福島市で、1時間に1μSVの放射線を浴びているとすると、1日で24μSV(1μSVx24時間)浴びます。 
そして、280日間(40週)で6720μSV=6.7mSV(24μSVx280日)浴びます。 
この値は妊婦の妊娠期間中の安全の上限値に収まります。 
でも、この一ヶ月間を加えるとどうなるのでしょう?
 
この1ヶ月間の福島市の累積放射能を、このブログにある2mSVとすると、これは一ヶ月間の上限値(50mrem=0.5mSV)を余裕で超えています!! 

日本の新聞・学者は、この危険をなぜ指摘しないのかとても不思議だったのですが、最近、理由が分かったような気がします。

先日、ある新聞の女性向けの掲示板で、妊娠している女性からの放射線に関する質問に対して、私が上のようなマニュアル的なコメントを書いたら、私のコメントは削除してありました。 

掲示板ですら、この調子なのですから、危険を伝えたくても、政府の方針に沿っていないと、大手メディアに発言できない専門家が日本には大勢いるのでしょう。 
一人でも多くの妊婦の方が疎開していることを望むばかりです。
  • もも
  • 2011/04/13 8:22 AM
  •  
長崎の山下俊一アドバイザーが福島県内のあちこちで講演し、先手をうってしまい、福島県民は自分たちは大丈夫なんだとすっかり信じてしまった

飯舘村や福島市や郡山市の講演で、「100ミリでも大丈夫。妊婦と子供は避難しなくて大丈夫」だと言っているのに、地元の長崎新聞では「子どもや妊婦を中心に避難させるべきだ」と180度、まったく逆のことを言い、福島の人達は私が長崎から来たというだけで信用していたとコメントしている

その後、5月3日の二本松市の講演会では
「皆さんはここに住み続けなければならない。ここで生きていかなければならない。現実です、理論じゃない。長崎や広島がそうでした。」
「これから、みなさんが病気になるのを調べるには福島県民みなさんの協力が必要です」
「10年後の放射線による影響は福島県民全員の協力の上で、疫学調査をしなければなりません。だからここで影響にはついては言えない」
「年間20ミリという国の指針が出たんだから、国の指針に従うのは国民の義務です」
「100ミリでも大丈夫。100ミリ以下では放射能の影響は科学的に証明されておらず結果は何十年後にならなければわからない。
だから自分は福島の人達に安心してもらうように心配ありませんと言い続けてきた」
「平時に定めた1ミリを20ミリに上げた事が容認できない方はそこから避難するしかない。 」
「私は安全を皆さんに言ってない。安心を語っている」意味不明
ついに化けの皮がはがれました。
ヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリのヒバクシャのデータは、ほんとうに安心できる放射能災害対策のためではなく、
原子力産業の延命と継続のために「利用」されてきただけ。フクシマも同じ「利用」対象にされようとしている。


  • 2011/05/07 3:54 AM
  •  
ただ、批判しても具体例をあげても、放射線の影響って一般人には、確率的影響ってわけで、ガンとかの影響が死ぬまでに高まるだけだろ。そんなに騒いでも混乱するだけだろ


そりゃ、一度に大量に放射線を浴びたら死にますけども
  • 2011/07/19 12:57 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック