<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 原発所内の電源回復が大惨事を防ぐには必須 | main | 福島、女川など3原発、津波高さと対策が判明 >>

大失態はご破算にして日本の技術力を見せよう

 米スリーマイル島事故を超える規模の原発事故になってしまった東京電力・福島第一原発事故。東北電力の高圧送電線から電気を引いて、20日にはようやく所内電源が復活する見通しです。マスメディアが伝えるトーンは電気を引いても被害にあった装置が動くか分からないと懐疑的ですが、第248回「原発所内の電源回復が大惨事を防ぐには必須」で示している通り、これしか大きな破局を防ぐ方法はありません。

 大津波のために非常用ディーゼル発電機を含めて全ての電源が失われてしまいました。駆けつけた電源車が接続すべき受電設備も海水中に沈んでいました。原発事故の想定事象を予め整理したイベントツリーには全く存在しない状況がいきなりやって来た結果、当事者の東京電力を含め政府側も原子炉の冷却水や使用済み核燃料プールの温度が上がって冷却が出来なくなる事態に、取り敢えず対処する注水や放水をするだけになりました。核燃料が持つ崩壊熱が運転停止から何ヶ月も問題になることを忘れたかのような素人ぶりで大失態を演じ、世界中の晒し者になりました。各国から露骨な不信の声が聞こえるほどです。

 この間の失敗続きで福島第一原発の1〜4号機は原因や場所が違う水素爆発などで、それぞれに違う痛手を負いました。電源が来ても破壊された装置は違いますから、各号機により動いたり動かなかったりするはずです。しかし、復旧の目標が明確に設定された状況こそ、日本の技術力を示すのに最も適した技術状況です。政府、マスコミを含めて余分な口出しで邪魔をすべきではありません。ひとつひとつ機能を回復していく様を期待を込めて見守りましょう。どうにもならない深刻な大惨事が想定されることを論じるのは、その見通しが出た後です。


コメント
 私は、福島第一原発の事故はこれで収束に向かうと期待をこめて考えています。そこで、私達が考えなければならないのは、これからどうするかと言うことです。
 日本では、電力のかなりな割合を原発に依っていますが、今まで原発の危険性を確率を使って評価することを避けてきませんでした。しかし今回の事故で、原発は深刻な事故を引き起こす可能性があることが改めて確認されました。そうすると、日本の将来を考えるとき、原発はどの程度の危険を持っているかを評価し、それを踏まえて、危険性と便利さとを天秤に掛け、原発をどうするかを考える必要があります。
 選択肢としては、時間を掛けてすべての原発を廃止することが1つの選択肢となりますし、少なくとも原発の安全基準を見直す必要があります。東海東南海地震が同時発生すると、今回に近い津波が生じるかも知れません。一般に、日本では見通しが立たない危険に備える安全係数が小さすぎる可能性が高いと思います。産業や民生面で必要な電気の使用を、当面と将来の双方で、どうするかの議論も避けられません。
 日本人は長期的な視野に立ってしっかり考えることが苦手ですが、その点を修正し、国の将来をしっかり考える習慣を身につける必要があります。
 福島原発の失態をなくすには東京圏に原発を作ることでしょうね。原発の安全性に対しての覚悟を見せる。
 そして電源回復という観点からでなく冷却、閉じ込めるという観点でなんとかするのであれば、やはりある程度地下に作るということになるんじゃないでしょうか?今回、制御棒は100%落ちて反応を停止することができました。うまくいかなかったのは冷やす、封じ込める。とするとやなり重力を味方にしたシステムでより単純にするためにも、地下がいい。下から放水するより上から水をかける方がはるかに楽です。最終的に閉じ込めるという点でも有利。
 そしていざ事故が起きたときの対策として無人自動機械の研究開発。鉱山では建機は無人で動いていますから絵空事ではないです。そしてそのためのGPSの制度をより細かくするために、準天頂衛星みちびきの、のこり2つをとっとと打ち上げて、これと連動できるシステムにする。今回、米軍の無人偵察機が内部の映像を取りましたね。あれどうなったんでしょう。

 などなど。
  • minomi66
  • 2011/03/20 7:20 PM
  •  
こんにちは
>福島原発の失態をなくすには東京圏に原発を作ることでしょうね
私も今の今までそう思ってましたが、仮に今回の発電所がお台場のあたりにあったら、避難指示により首都機能が完全にマヒしていましたよね。
だからといって立地地区を見殺しにすることはできませんが、今回のことで、以下がわかったのだと思います。
(1)原発の事故は想定外の原因により起こり、いくら人知を結集しても絶対安全にはできず、一定のリスクを取る必要がある。
(2)にもかかわらず、日本人は当面原発に依存せざるを得ない。

今ならいろいろ後知恵で対策を思いつきますが、次に来る災害に対処できない可能性も残ります。

そこで提案です。
福島第1原発の事態収拾は短く見積もっても5年かかるそうです。その間は20km圏内に入れません。その後も、心理的不安や風評被害でこの地域は住みやすい地域ではなくなります。
であれば、できるだけ今後はこの域内に原発を建設し、他地域の老朽化した原発を停止して、ゆくゆくはこの地に原発を集中していってはどうでしょう。
もちろん、地震対策、つなみ対策は行い、同一地域の原発が一斉に炉心溶融するようなことは避けねばなりませんが。
 東京からもほどほどに近いので、リスク管理もしやすいと思います。
  • dsp
  • 2011/03/21 10:58 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック